店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

目標管理とは?企業に取り入れる方法や目標管理システムについてもご紹介 アイキャッチ画像

目標管理とは?企業に取り入れる方法や目標管理システムについてもご紹介

HR
  • hatena

目標管理とは、従業員たちに目標を設定させるというマネジメント方法のことで、従業員たちに積極的に仕事に取り組んでもらうことを目指しています。

この記事では目標管理の概要や実際に企業で行う方法、また便利な目標管理システムを導入するメリットについてご紹介します。

目標を管理するシステム

目標管理のためのノートとカレンダー

目標管理とは従業員たちに目標を設定させることで、従業員たちに目標達成を目指して積極的に仕事をさせるというマネジメント方法です。各々が設定した目標とその達成度を人事的な評価と関連付けて、人事配置などにも影響を与えています。

目標管理は具体的に以下のような流れで行います。

① 従業員に仕事においての自分の目標を設定させる
② 設定した目標の進捗状況や結果を従業員が自分で見直す

目標管理とは、1954年にアメリカの経営学者「ピーター・ドラッカー」が提唱したマネジメント手法「Management by Objectives」のことをいいます。この「Management by Objectives」とは日本語で「目標による管理」という意味になります。
日本では年功序列を見直して成果主義を積極的に導入し始めたときに、この目標管理というマネジメント方法が広がっていきました。

目標管理は、従業員に目標を定期的に設定させ、各々がその目標に対する達成度を把握しておくことに意味があります。
定期的に現状を振り返り、その時の目標に対する達成度に応じて、さらなる目標を設定します。このシステムは、従業員の意識的な面だけでなく、その目標を共有することで従業員が確実に目標を達成できるように周囲が支援しやすくなるような目的もあるのです。

店舗&ブランド運営企業における目標管理システムの導入方法

店舗やブランドを運営している企業における目標管理の方法をご説明します。

一人一人に目標を設定させる

従業員一人一人に自分の目標を設定させます。
自分で自分の目標を立てさせるので、「自分で立てた目標だから達成しなきゃ」と、目標の達成を目指すためにモチベーションのアップやキープがしやすくなります。
中には現状とほとんど変わらない目標を立ててしまう従業員もいます。
その場合は、店長がアドバイスをしたり店舗の方針を伝えたりして、本人が成長できるような目標を立てられるようサポートしましょう。

目標達成までの計画を立てる

目標を達成するための計画を立てさせて、目標達成までの道筋を明確にさせましょう。
「どうすれば目標を達成できるか」を考えて、目標を達成できそうな現実的な計画を立てることがポイントです。
最終的な目標を立てたら、最終的な目標の達成には何が必要かを考えて、期間で小さな目標をいくつか立てます。
「今週中に○○を達成する」というように1週間など短い期間で小さな目標を立てます。
そうしたらまたその目標を達成するためには何が必要かを考えて、1日に達成するべき目標を立てる、というように細かく計画を立てるよう指導しましょう。

フィードバックを行う

目標の達成に向けて仕事に取り組んだら、フィードバックを行います。
フィードバックを行うことで、現在の目標の達成状況を把握できるので、次にやるべきことが明確になり、目標達成に近づきます。
従業員に自分自身でフィードバックさせることに加えて、経営側が従業員に対して面談なども行い、フィードバックを定期的にしながら反省・改善していきましょう。

目標管理システムを導入するメリット

従業員一人一人の目標を、経営側が紙やExcelなどを使って管理していくと手間がかかります。
そこで、目標管理を効率良く行うことができる「目標管理システム」があります。
目標管理システムとは、目標管理に必要なデータを一元管理することで目標管理を効率化できるシステムです。
クラウドやオンプレミス型など様々なサービスが提供されていて、導入する企業が増えています。

目標管理システムを導入するメリットをご紹介します。

業務効率がアップする

目標管理に必要なデータをすべてシステム上で一元管理することができるので、目標管理の手間がいっきに省けます。
目標管理の作業時間がなくなり空いた時間は他の業務に使えます。
人間が入力するのではなくシステムがやってくれるので、操作のミスもなくして円滑に管理することができます。

目標管理の質が向上される

目標管理システムにあるアンケート機能を利用すれば、従業員の意見を知ることができます。
フィードバックの面談をした際のデータを保存しておき後から確認できるので、適切に次の目標設定を行うことができます。
目標管理システムに多くの作業を任せられるので、その分時間ができた経営側は、目標管理のやり方の改善に時間を使うことができるので、目標管理の質の向上につながります。

目標管理システムを人材マネジメントに活用する

目標管理システムは従業員の目標を管理するものですが、それだけではなく、スキルや経歴といった従業員のデータをまとめて管理することができます。
つまり、いつでも必要な時に従業員の情報を即座に確認できるようになるのです。
例えば、新たな事業を始めようと思ったとき、できるだけ早くその事業に適した人材を集めなければなりません。そのようなときに、目標管理システムを使えばその業務に適したスキルや経験を持った適切な従業員を素早く見つけることができるのです。
従来であれば、大量の資料を漁って無駄に時間を浪費してしまったなんて経験をした方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、目標管理システムを使用すれば、そのような心配もなくなり、スムーズに業務をこなせるだけでなく、人材配置も高い質を持って達成することができるようになります。

このように、目標管理システムは従業員に目標を設定させることで、業務に直接的なことだけでなく、人材配置をも効率的に行うことを可能とします。
適正な人材を配置できれば、業務効率の向上にも繋がっていくでしょう。
また、従業員の仕事に対するやる気にも影響を与え、あらゆる面で企業に利益をもたらすことができるのです。

目標管理システムについてまとめ

目標管理とは従業員たちに目標を設定させることで、従業員たちに積極的に仕事に取り組んでもらうことを目指すマネジメント方法でした。
従業員たちに目標や目標を達成するための計画を決めさせて、その後は経営側が面談などを行い定期的にフィードバックしながら反省・改善していきます。
そうすることで、従業員は常に己の現状を把握することができ、目指すべき方向を明確にしながら業務に取り組むことができるのです。
また、目標管理システムを導入すると、目標管理の効率を大幅に上昇させることができます。

もし、目標管理を実際に企業で導入する際には、失敗を防ぐためにも、ここでご紹介した内容を参考にして適切に業務に取り入れてもらえればと思います。