店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

iPhoneアプリの作り方は?流れや注意点を詳細解説! アイキャッチ画像

iPhoneアプリの作り方は?流れや注意点を詳細解説!

CRM
  • hatena

日本ではiPhoneのユーザー数がAndroidのユーザー数よりも多い国です。これに伴い、iPhoneアプリの需要も高くなっています。プログラマー以外の人でも、iPhoneの作り方を把握しておくとビジネスの場面で役立ちます。今回はそんなiPhoneアプリの作り方について、詳細を解説していきます。

iPhoneアプリの作り方で準備するもの

iPhoneアプリの作り方で準備するもの イメージ画像

iPhoneアプリの作り方を実践する前に、まずはiPhoneアプリ開発で必要なものを準備しなくてはいけません。iPhoneアプリ開発で必要なものは、

  • Mac
  • Apple ID
  • Xcode
  • iPhone

となります。XcodeとはiPhoneアプリの作り方で重要な役割を担う開発ツールです。XcodeはAppleによって提供されており、無料でダウンロードすることが可能になっています。XcodeではiPhoneアプリ以外にも、iPad、Apple Watch、Apple TVのアプリ開発も行える優れものです。

XcodeはMac専用の開発ツールですので、Windowsパソコンでは利用できない点、注意してください。iPhoneは開発したアプリが正常に稼働するかチェックする際に必要となります。作り方が正しいかどうかの確認にも利用するので、1台用意しておくと便利ですよ。

上記の端末、ツールに加えて「Appleディベロッパプログラム」の登録も別途必要になってきます。Appleディベロッパプログラムは、iOSアプリをリリースする際に必要なプログラムです。登録費用は年間で約11,800円になります(ドル円の為替レートによって、金額は異なってきます)。

プログラム登録時にクレジットカードが必要になるので、まだカードを持っていない場合は発行しておきましょう。

iPhoneアプリの作り方

iPhoneアプリの作り方 イメージ画像

iPhoneアプリの作り方の流れは、大まかに下記のようになります。

  1. 開発環境の準備
  2. アプリの企画・設計
  3. アプリの開発
  4. テスト&バグ修正
  5. アプリの申請・公開

①開発環境の準備

まずはiPhoneアプリの開発環境を準備していきます。前述した必要端末や機材、ツールを揃えていきましょう。また、iPhoneアプリの開発ではプログラミング言語を利用します。プログラミング言語は数多くありますが、iPhoneアプリの公式開発言語としては、

・Objective-C
・Swift

の2つの言語があります。ただし、両者ともにプログラミング初心者にとっては習得難易度が高く、加えてiPhoneアプリ開発でしか利用できないというデメリットがあります。最近は、上記の2つの言語を用いなくても、別の言語で記述したものをクロスプラットフォームで変換することが可能になっています。

iPhoneアプリの作り方が劇的にオープンになったといっても過言でないですね。クロスプラットフォームを利用すれば、JavaScriptやPython、Kotlinといったメジャーなプログラミング言語を使ってiPhoneアプリの開発ができます。

②アプリの企画・設計

アプリの機能やデザイン、ターゲット層などを詳細に企画・設計していきます。デザインはアイコンやボタン、ホーム画面などそれぞれアプリの特色を出していく上で非常に重要です。どのプログラミング言語を使って開発するかどうかも、企画・設計段階で決めていきます。

各情報が固まったら設計図に内容をまとめて、開発関係者の誰が見ても情報が分かるように共有しておきましょう。設計図は手書きでも問題はありませんが、CacooやProttといったツールを使用することでより簡単に作成することができます。

③アプリの開発

設計図の内容に沿って、アプリ開発を進めていきます。iPhoneアプリの開発は、Webサイトの作成などと比べると難易度は高いです。プログラミング初心者の方がいきなりiPhoneアプリ開発に取り組むと、途中で挫折してしまう可能性もあります。

まずはプログラミングスクールやオンライン講座などで簡単なアプリを作成してから、本格的にiPhoneアプリの開発に進むことをおすすめします。

④テスト&バグ修正

iPhoneアプリが完成したら、正常に動作するかiPhoneを使ってテストしていきます。アプリ開発ではバグの発生は日常差万事です。開発が完了して一発でリリースになることはまずないとみて良いでしょう。また、iPhoneアプリは審査が厳しく、正常に動かなければ審査を突破することができません。

異常がなくなるまでテストとバグ修正を繰り返し行い、アプリに問題がない状態まで仕上げることが重要です。

⑤アプリの申請・公開

アプリのテスト・修正が無事完了したら、最後にアプリの申請・公開に進んでいきます。iPhoneアプリを公開するには、前章で述べた通りAppleディベロッパプログラムに登録しなければいけません。登録後、アプリの公開を申請します。

申請後、Appleがアプリの審査を行い、問題ないと判断されればAppStoreにて公開となります。申請から審査終了まではおよそ1週間~数週間ほどです。

iPhoneアプリを使った収益の作り方

iPhoneアプリを使った収益の作り方

iPhoneアプリを使った収益の作り方としては、

  • 広告収入
  • 有料ダウンロード
  • アプリ内課金

の3種類があります。

順番に解説していきます。

広告収入

iPhoneアプリ内に広告を表示することによって広告主から収益を得ます。iPhoneアプリで広告収入を得る場合、多くのユーザーに使用してもらうことが重要になります。そのため、無料でアプリのダウンロードをできるようにし、多くのユーザーに使用してもらうようにするという方法が定番となっています。

有料ダウンロード

アプリのダウンロード時に料金を発生させることによって収益を獲得することも可能です。有料でダウンロードしてもらうためには無料のアプリよりも高いクオリティが求められるため、開発のハードルは高くなります。

有料ダウンロードで収益を得る場合はダウンロード数が収益に直結するため、多くのユーザーにダウンロードされることで収益が上がります。丁度良い価格の設定やアプリの作り方の改善によるクオリティ向上、割引など様々な工夫をする必要があるでしょう。

アプリ内課金

アプリ内課金とは、アプリ内で追加機能などを行う際に料金がかかるシステムです。iPhoneアプリの中でもゲームアプリなどにおいてよく見られるシステムとなっており、ゲームアプリ内では課金をすることで新たにアイテムを得られます。

また、ゲームアプリ以外でもLINEの有料スタンプやNewsPicsの定期購読などいったアプリ内課金の形も存在します。

アプリ内課金で収益を得る場合は無料ダウンロードにする場合が多く、あくまでもアプリ上での機能やコンテンツを増やすための課金で収益を得ることがメインとなります。アプリに機能やコンテンツを追加していくことで課金による収益が増える上にアプリ自体も充実してくるため、スムーズな流れで収益を得ることが可能です。

iPhoneアプリの作り方の注意点

iPhoneアプリの作り方の注意点 イメージ画像

iPhoneアプリの作り方の注意点として、下記の点が挙げられます。

  • iOSのアップデート内容を確認する
  • 外注する場合は情報を細かく共有する
  • 法律の順守事項を確認する

iOSのアップデート内容を確認する

iPhoneのiOSはアップデートを行うと、古いバージョンのiOSには戻せません。iOSのアップデートによって、開発したアプリが正常に動作しない可能性があります。iOSのアップデートが近日中に行われる場合は、その変更内容を把握した上で作り方を整えなくてはいけません。

外注する場合は情報を細かく共有する

iPhoneアプリの開発を外注する場合は、実装するアプリの機能やデザインなど情報を細かく共有するようにしましょう。抽象的な情報のみだと、イメージしていたアプリとは異なるものが完成してしまう可能性があります。

外注先にすべての作業を丸投げしてしまうのも良くありません。外注前の段階からコミュニケーションを密にとって、アプリの完成イメージをすり合わせていきましょう。

法律の順守事項を確認する

iPhoneアプリの開発では、各種法律も遵守しなくてはいけません。代表的な遵守事項として、

  • 著作権
  • 特定商取引法
  • 個人情報の取り扱い

が挙げられます。

著作権

アプリのデザインや画像などには、著作権が存在します。すでにリリースされているアプリのデザインや画像をそのまま利用することは著作権侵害にあたります。また、アプリの仕様や機能が似通っている点から、著作権侵害を申告される可能性もあるので、注意するようにしてください。

アプリの名称が似ているだけでも、アプリ審査時にひっかかることがあるので、原則として完全オリジナルのアプリを作ることを心掛けるようにしましょう。

特定商取引法

特定商取引法とは、訪問販売や通信販売など指定された7つの販売形態において義務付けられているルールになります。アプリの販売も特定商取引の対象です。特定商取引法に従って、事業者名の表示、誇大広告の禁止など各種ルールを遵守しなければなりません。

ダウンロードする人に誤解を与えるような説明や広告は、アプリ申請時の審査に引っかかる恐れがあるので、特に注意するようにしてください。

個人情報の取り扱い

近年、個人情報の取り扱いに関するルールが厳しくなってきています。iPhoneアプリで注意しなければいけないのは、「位置情報の取得」です。位置情報は一見すると個人情報に該当しないように見えますが、住所の特定などにつながる恐れがあるため、個人情報という位置づけです。

アプリが個人情報の取得を行う場合は、情報が流出しないよう厳重に管理する必要があるので、こちらも注意するようにしましょう。

iPhoneアプリの作り方を学ぶオススメ方法

iPhoneアプリの作り方を学ぶオススメ方法 イメージ画像

iPhoneアプリの作り方を学ぶのにオススメな方法として、

  • プログラミングスクール
  • オンライン講座

が挙げられます。

プログラミングスクール

プログラミングスクールは、最近動画の広告でもよく見かけるようになりましたが、プログラミング初心者がiPhoneアプリの作り方を学ぶのに最適の方法です。プログラミングスクールでは、疑問点をすぐに講師やメンターに質問することができます。

分からない点をすぐに解決できるので、効率よくプログラミング言語を学ぶことが可能です。プログラミングスクールによって、学習方法や料金が異なってくるので、申込前に各スクールを比較するようにしましょう。

オンライン講座

プログラミングスクールに通う時間がないという方には、オンライン講座がおすすめです。オンライン講座であれば、自宅いながらiPhoneアプリの作り方を学ぶことができます。費用に関しても、プログラミングスクールよりも低価格であることが多いですね。

ただし、疑問点がある際に質問することができない(もしくは、チャットでの質問に限られている)ことが多く、基本的には自分自身で疑問点を解決していかないといけません。書籍を使った学習よりはハードルは低いですが、ある程度独学に慣れている人の方が、オンライン講座に合っているといえますね。

iPhoneアプリの作り方を把握して開発にチャレンジしよう

iPhoneユーザーの多い日本では、iPhoneアプリに対する需要も高い傾向にあります。今後も、iPhoneアプリの開発は活発に行われるでしょう。iPhoneアプリの作り方の流れを踏まえておけば、プログラマーとの意思相通もスムースです。

自身でiPhoneアプリを開発したい場合は、作り方を理解することに加えて、Swiftなどのプログラミング言語を学ぶ必要があります。プログラミング言語を初めて学ぶ場合は、書籍よりもプログラミングスクールを利用した方が効率が良いです。

プログラミングスクールでは、プログラミング言語を学ぶ過程で簡単なiPhoneアプリの作成を行うところもあります。開発の流れを手を動かしながら学べるので、より実践的な知識を蓄えられますね。iPhoneアプリの作り方を把握して、アプリの開発にチャレンジしていきましょう。