店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

プッシュ通知で集客力をアップさせる2つのポイント アイキャッチ画像

プッシュ通知で集客力をアップさせる2つのポイント

CRM
  • hatena

 

近年、ソーシャルメディアの発展とともにメールマガジンに変わる集客コミュニケーションツールとして注目されているのが、「プッシュ通知」です。今回はそんなプッシュ通知の特性と、集客に活用する上で考慮すべき点について書きたいと思います。

プッシュ通知が集客力をもつ背景

従来より集客のための手段として広く活用されてきたメール配信サービス。いわゆるメールマガジンです。

昨今のフィーチャーフォンからスマートフォンへの移行に伴い、メール配信の集客効果は著しく小さくなってしまったと言われています。その一番の理由は、メール開封率の低下です。皆さんも携帯電話のメールを使用する頻度の低下やメールアドレスの交換から離れて久しいことを実感しているのではないでしょうか。

コミュニケーションの形が、従来のメールを中心としたものからLINEやFacebookといったものに変わったことで、ビジネスユーザー以外のメールアプリの利用頻度が若年層を中心に劇的に少なくなりました。これが今回プッシュ通知によって集客することが注目されている理由なのです。ではプッシュ通知とはどのようなものなのでしょうか。

プッシュ通知とは

プッシュ通知とは、お客様がスマートフォン上で、アプリを起動していなくても画面上に通知を表示できる仕組みのことを言います。LINEやfacebookなどで友達からメッセージが届くと、パスワードを入れる前に出てくる人も多いのではないでしょうか。

プッシュ通知

LINEもアプリケーションの一つですから、お店もプッシュ通知に対応したアプリをお客様にインストールしてもらうことで、プッシュ通知を送ることができるようになります。プッシュ通知を活用することで、リアルタイムに情報を届けたり、クーポンを配信したりすることができます。

しかし、お客様にとってメリットの感じられない情報を通知し続ければ、リアルタイム性が強い分、不快に思われてしまい、プッシュ通知の受信を拒否されたり、アプリ自体をアンインストールされたりすることもあります。

そのため、お客様にとって如何に「価値のある情報」を提供できるかということが、プッシュ通知を行う上での鍵となります。

プッシュ通知で集客力アップするために

ここでお客様にとって「価値のある情報」とは何かを考えてみます。

価値

「価値のある情報」というと、割引やサービス情報など、どうしても内容にばかり意識がいってしまいがちです。「大台割れの価格」の通知や常連客向けの情報などです。

もちろんメッセージの内容がお客様にとってメリットがあるということは、最も大切な要素の一つではあります。しかしながら、プッシュ通知では、不快に思われないでアプリをインストールし続けて漏らす櫃業があります。そのため、気持ちのいい通知の『タイミング』や『頻度』もとても大切な要素です。

どんなに欲しい情報もぴったりのタイミングで来るか、寝ているときに来るのか、1日にたくさん来るのか、忘れない程度に来るのか、心象は大きく異なります。

集客ポイント1;頻度

もし、半年に1回程度しか来店しないお客様に対して、毎週プッシュ通知を送ったら、お客様はどのように感じるでしょうか。これは供給過多を意味します。もちろん、お店としては、需要が増すようにするためのプッシュ通知なので、上回ってしまうのは仕方がありません。

しかし過多では、ほとんどのお客様がプッシュ通知の受信を拒否、もしくはアプリ自体をアンイストールするのではないでしょうか。

集客を目的とする情報を送る際は、顧客の来店頻度とプッシュ通知の頻度に差が開きすぎないよう、考慮する必要があります。

此の頻度を1人ひとりに合わせて、人間が考えるのでは無理があります。そこで、使うべき顧客データと自動送信システムになります。この点を解決策はのちのちご紹介します。

集客ポイント2;タイミング

もう一点考慮すべき点として、通知のタイミングがあります。

通知を行う際には、お客様の生活リズムを考慮することが重要になります。
長さの長短は別として、どのようなお客様にも「空き時間」があります。この「空き時間」を明確に意識することで、プッシュ通知に適切なタイミングが見えてきます。

下記に一般的な学生・サラリーマン、主婦の空き時間のデータがあります。

空き時間データ

学生やサラリーマンは7~9時、11時30分~13時、17時~20時が空き時間になります。出退勤・登下校やお昼休みの時間帯であることが想定できます。主婦は、9~11時、14~16時が空き時間になります。食事と食事の間の時間帯であると想定できます。

空き時間のスマートフォン利用率は高く、プッシュ通知を受け取りやすい状態にあるといえます。空き時間に通知しすぐに行動したくなるような「価値ある情報」をプッシュ通知すべきなのです。

まとめ

前述の通り、プッシュ通知は、従来のメール配信とはその特性が異なります。

内容だけでなく、いつ・どのくらいの頻度で送るかまでを考えることで、プッシュ通知ならではの特長を最大限に活かした集客が行えるようになるのではないでしょうか。

SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」では、来店頻度に応じた時間帯・曜日別のプッシュ通知など、ワンランク上の集客を実現します! 是非ご利用ください!