店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

おすすめの販促ツールを徹底比較【3つのメリットあり】 アイキャッチ画像

おすすめの販促ツールを徹底比較【3つのメリットあり】

マーケティング
  • hatena

これから売上向上の為に販促ツールを利用したいと考えている企業は多いでしょう。

アナログによる販促を行なっている企業も多いですが、非効率なのは明白です。

本記事では、売上向上の目的を達成させる為に導入するべき販促ツールを無料版と有料版で比較しながら紹介します。導入するメリットも解説したので、ご覧下さい。

販促ツールが注目されている2つの理由を比較

販促ツールが注目されている2つの理由を比較 イメージ画像

まずは、販促ツールが注目されている理由を2つに厳選して解説していきます。何故多くの企業が販促ツールを利用しているのかを把握することで、導入する価値があるのか判断できるでしょう。

スマホユーザーの増加

スマホユーザーの増加によって、販促ツールを利用すれば多くの顧客に商品・会社の認知を広げることができます。

実際にスマホを使った販促を行う為に、アプリ開発や電子クーポンの発行をしている企業は少なくありません。

これからも普及すると予測されるスマホを使ってマーケティングを行う為に、販促ツールは絶対に導入する価値があると言えるでしょう。

多様な集客方法を目指せる

スマホ1つで、多様な集客方法を実現させることが可能です。

  • MEO・SEO対策による認知向上
  • メルマガやLINE @によるダイレクトマーケティング
  • アプリによるクーポン発行や新情報の提供による顧客の継続化
  • WEB広告(リスティング・ディスプレイ・SNS)による認知向上

もちろんアナログの販促方法である紙媒体のチラシや看板広告なども集客に一定の効果があると思われますが、多くの人が持っているスマホを使った方が費用対効果は良いと言えるでしょう。

これから多様な集客方法で顧客を獲得したいと考えている企業は、販促ツールを導入することをおすすめします。

▶集客に役立つ?自社店舗アプリ開発のメリットとデメリット

販促ツールを導入する3つのメリットを比較

販促ツールを導入する3つのメリットを比較 イメージ画像

先ほどは販促ツールが注目されている理由を紹介しましたが、実際に導入することで得られるメリットを、紙媒体の販促と比較して3つ解説していきます。先ほどの内容と似ている部分も多少はありますが、是非チェックして下さい。

会社・サービスの認知度向上

販促ツールを利用することで、アナログより効率的に会社・サービスの認知を広げることができます。

日本には多くの素晴らしい会社・サービスが存在しますが、ほとんどが成功しないで撤退しているのが現状です。理由は、販促が上手くできずに認知を拡大できていないからでしょう。

会社・サービスの認知が広がらないと悩んでいる人は、販促ツールを利用することで、一定の効果を期待することができます。

継続顧客に繋がる

販促ツールを使って顧客の情報を得ることができれば、来店時以外にもアプローチができる為、継続顧客に繋げやすくなります。

顧客は、新規で獲得するより継続的に来店させる方が簡単です。その為、1度来店した顧客を逃さない為に、継続的にアプローチをした方が良いと言えるでしょう。

継続顧客に繋げられるアプローチを行える販促ツールは、導入する価値は十分にあります。

手軽に大勢へアプローチできる

販促ツールは紙媒体のチラシなどに比べて、手軽に大勢へアプローチできます・

チラシで販促する場合は、チラシ制作から配送まで複数の工程が必要ですが、販促ツールだとメッセージを作ってボタンを押せば指定の顧客へ一斉に送信することが可能です。

おすすめの販促ツールを比較(無料編)

おすすめの販促ツールを比較(無料編) イメージ画像
今までの記事を読んで販促ツールを導入したいと考えている企業は多いでしょう。そこで、おすすめの販促ツールを無料と有料で解説していきます。

まずは無料の販促ツールを2つ比較したので、是非ご覧下さい。

ピーカチフリー

ピーカチフリーは無料と有料のプランがある販促ツールです。

  • クーポン発行
  • ポイントカード
  • アンケート

主に上記3つの機能を使うことが可能です。

主にポイント機能の利用に最適なアプリと言われていて、無料版でもポイントに関する細かい設定を行うことができます。

実店舗の中で紙媒体でのポイントカードを発行している企業も多いですが、財布を持つ人が減っている現代では、大きな機会損失になっている可能性が高いです。誰でも持っているスマホでポイントを管理できるよう、ピーカチフリーを導入べきだと言えるでしょう。

sunny good shops

sunny good shopsは、広告業界で長年キャリアを積んできた人が開発した販促ツールです。

  • クーポン発行
  • スタンプカード
  • GPS機能

顧客を継続的に来店させる為に必要な機能を揃えていて、実店舗の経営者は導入するメリットが大きい販促ツールと言えるでしょう。

有料版の販促ツールと比較しても遜色のないほど高性能で、大きな効果を期待することができます。

特にGPS機能は非常に効果的で、近くに顧客が来ているタイミングでアプローチすることが可能です。近くに来ているタイミングでアプローチをすると、来店してくれる可能性が高くなり、購買に繋がる可能性が高くなります。

無料の販促ツールの導入を考えている企業によって、sunny good shopsは非常に良い選択肢と言えるでしょう。

おすすめ販促ツールを比較(有料編)

おすすめ販促ツールを比較(有料編) イメージ画像

最後に、有料版のおすすめ販促ツールを2つ紹介していきます。先ほどの無料の販促ツールと比較しても機能面が優れているので、本気で販促ツールを導入したい企業は是非チェックして下さい。

GMOおみせアプリ

GMOおみせアプリは2,000店以上の実店舗が導入している販促ツールです。

  • 来店促進(プッシュ通知・クーポン配信など)
  • 1to1のコミュニケーション(ランクシステムなど)
  • 情報発信(店舗情報・キャンペーン情報など)
  • 顧客管理(購入履歴・来店履歴など)
  • キャッシュレス決済

主に上記が利用できる機能です。販促に必要な機能は揃っていると言えるでしょう。

プランによって値段は大きく変わりますが、他の有料販促ツールと比較してもコストパフォーマンスは良いです。

アプスタ

アプスタはオリジナルデザインで独自アプリを開発できる販促ツールです。

  • ポイント機能
  • CRMとの連動
  • アプリ販売
  • フォトギャラリー
  • 低価格でカスタマイズ
  • コメント・お知らせ機能

特にアプリ内で商品を購入できる機能を持ち合わせている販促ツールは、なかなかありません。他の有料販促ツールと比較しても、アブスタは機能面で優れていると言えるでしょう。

低価格でオリジナルデザインでアプリを開発したい場合は、アプスタの導入がおすすめです。

販促ツール比較:まとめ

本記事では、売上を拡大させるのにおすすめできる販促ツールを「無料版」と「有料版」で比較しながら解説しました。

現在は多くの人がスマホを持っている為、集客の方法が多様化されています。アプリやメールなどを上手く駆使してマーケティングを行えば、大きく売上を伸ばすことができるでしょう。

販促ツールを導入すれば顧客が持っているスマホにアプローチができるようになる為、非常におすすめです。

特に新商品の情報発信やクーポン発行などは継続来店の施策として非常に効果的で、販促ツールを利用すれば簡単に実現できます。

紙媒体のチラシ広告なども集客に効果は期待できますが、販促ツールと比較すると、手軽さや費用対効果は悪いと言えるでしょう。

これから集客に力を入れたいなら、販促ツールの利用はおすすめです。

▶CRMとは?活用方法やツールサービス、SFAとの違いなどを解説!