店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

AIカメラを使用したリアルな店舗来店者数など全て分析化 アイキャッチ画像

AIカメラを使用したリアルな店舗来店者数など全て分析化

マーケティング
  • hatena

皆さんは「AIカメラ」というものをご存知でしょうか?

このAIカメラは店舗内でリアルな顧客情報などを分析することができます。来客数や年齢層、性別などをすぐ判明することができます。

こちらの記事では「AIカメラ」で店舗のどんな情報を取り入れられることができるのか解説していきます。

リアルな数字をあらわす店舗分析は必須

店舗でのリアルな分析情報は必ず知る必要があります。
近年スマホでネットショッピングをする人が急増し、実際に店舗に行かなくても気軽に家でショッピングができるようになりました。

ネットショッピングでは何の商品が売れているのか?情報をすぐに把握することができます。行動履歴分析により、お客様が何の商品を買っているのか、誰が買っているのか、どこで購入しているのか、どれくらい購入しているのか、などすべて判明します。この情報を頼りにネットショッピングサイトは、どうすればお客様から商品を購入してもらえるのか、どんな商品を仕入れればいいのかすぐに把握することができます。

そして、お客様のニーズに合った商品を取り寄せて、どうしたら購買意欲が上がるのか改良を重ねて、ネットショッピングのサービス展開は大きく向上することができました。一方実店舗では、足を運べば実際に手に取り商品を見ることができたり、肌で買い物を楽しむことができます。しかし実店舗では、ネットショッピングのようにリアルな情報を収集することが困難です。なので、最適なサービス向上や、お客様が求めている商品を仕入れることが不可能です。

情報不足により最適な商品の品揃えができないことにより、実店舗の利便性を失うことになります。なので、ネットショッピングのようにまずは、客層や商品のニーズなどいろんな情報を集めて分析し、お客様から求めているサービスや商品などを展開していくことが必須です。

AIを駆使して店舗のリアルな情報を分析することが可能に

AIを駆使して店舗のリアルな情報を分析することが可能に イメージ画像

AIを使うと、人間では到底情報を仕入れることができない詳しい情報を集めることができます。

このAIを駆使したカメラを使って、店舗内のリアルな情報を分析することで業務効率が上がり、さらなるサービス向上の兆しを見出すことが可能になります。しかし、店舗内でAIカメラを使用して分析するとは、具体的にどういったことができるのでしょうか?

AIカメラで分析できる情報をまとめました。

AIカメラが分析できる情報まとめ

店舗来店者数
店舗退店者数
店舗前交通状況
店舗内混雑状況
店舗内導線
平均店舗滞在時間
来店者属性(性別、年齢)
商品購買率
新規客数
入店へ転換した顧客数
ディスプレイ閲覧者数
リピーター客数
エリア滞留回数
エリア滞留時間

など、AIカメラ1つでさまざまな情報を収集・分析することが可能です。しかし、AIカメラで得られる情報は他にもまだまだあります。

これらの情報をふまえ、どの客層から何の商品を買ったのかなど情報を統一することができます。このAIカメラは人間の力では到底できない、AI技術を使った正確な来客数や商品のニーズをすぐ判明することができます。なので、店舗のリアルな情報を仕入れて分析することが可能です。

リアルな数字を分析できる店舗情報って?

リアルな数字を分析できる店舗情報って? イメージ画像

客層が判明できる

本来であればPOSにより、何の商品がどのくらい購買されているかという情報しか分析できませんでした。しかし、AIカメラを導入している所は、どの客層から何の商品を買ったのかすぐに判断することができます。あの商品は年齢層が高い人が購入して、この商品は若年層が購入しているなど、AIカメラのリアルな確認によりすぐに判明することが可能です。

来客の時間帯が判明できる

AIカメラは24時間ずっと起動し続けているので、どの時間帯に店舗に人が集まってくるのか判明することができます。また、お客様がどのくらい店舗に滞在しているのか、他にも店舗に来客するリピーター率なども分かります。この来客しにくる時間帯を把握することにより、どの時間帯で店員を導入すればいいのか判明することが可能です。

したがって、この情報を頼りに不必要な人材コストを減らすことができたり、どの時間帯で人を入れればいいのか判断することができます。

客がどの商品を手に取っているか

例えば、商品の棚付近に設置されているAIカメラで把握することが可能です。お客さまがどういった商品を手に取っているのか瞬時に分かります。手には取っても、買うまでにはいかない商品なども判明できるので、今後どういったものを店舗に置けばいいのかリアルに分析することができます。

売れる、売れない商品が一体何なのかAIカメラですぐ分かるので、具体的にどのような商品を並べばいいのかジャッジすることができます。

店舗のリアルな情報を分析することができるマネキンが登場

近年、店舗内の客層や来客数などが正確に把握することができるマネキンが開発されました。

その名も「ピープルカウンター」というAIマネキンです。マネキンの中に内蔵されている「電子デバイス」で人を感知し、リアルタイムでお客様の人数や属性などを瞬時に分析することができます。

客層の行動や属性などがデータ化

カメラから送られているメタデータを基準として来客数をインフォメーションします。さらに、客層の年齢や性別などの属性を即座に判断できます。

店舗に滞在している客層の時間帯を細かく分析し、その情報がさまざまなグラフでデータ化されます。データはCSV形式でダウンロードすることが可能で、各グラフを保存することも可能です。また、各所でピープルカウンターを設置することにより、店舗内の「平面ヒートマップ」を併用することができます。この設置によって、さらに詳細なお客様の年齢層や動向、店舗のどの時間帯に多く人が滞在しているのか的確に把握することが可能になります。

さらに、撮影された画像はすぐにデータとしてカメラの中に残ります。また、映像を残さずに文字だけの情報でクラウドに保存されるため、個人情報が流出という非常事態が起こることはありません。

まとめ:店舗のリアルな情報の分析をしていくために

まとめ:店舗のリアルな情報の分析をしていくために イメージ画像

実は、AIカメラの導入は日本ではまだ浸透していないのが現状です。

日本では未だにAIカメラを駆使して、顧客のリアルな情報を集めようという考えがありません。だからこそ、日本の企業や店舗などにこのカメラの需要性を知ってもらう必要があります。店舗のデータはAIカメラで分析して、さまざまな情報を収集することが可能です。しかし、日本の文化として「新規」のものに対して、積極的に導入しない傾向があります。

そこを突き抜けることができれば、AIカメラを使って店舗内でよりリアルな情報分析を実践することができます。各店舗で多用化することができれば、顧客のニーズに合わせた商品の品揃えやより良いサービス展開が可能となっていくでしょう。