店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

【店舗アプリ比較!】店舗DX実現にむけて最適な店舗アプリの導入を検討してみよう アイキャッチ画像

【店舗アプリ比較!】店舗DX実現にむけて最適な店舗アプリの導入を検討してみよう

マーケティング
  • hatena

DX時代という言葉が飛び交う今、店舗経営のDX対応は最優先で取り組むべき課題です。DX推進の波に乗り遅れた企業は淘汰されるとさえ言われる中、店舗のDX推進の鍵は、最適な店舗アプリの導入にあります。ここでは、店舗アプリ選定に役立つ店舗アプリの比較について説明します。

【店舗アプリ比較】-DXと店舗アプリ

【店舗アプリ比較】-DXと店舗アプリ

最近、DXという言葉がメディアを賑わしています。デジタルに関することだとは何となく分かりますが、DXとは何ものなのでしょうか?なぜ今、DXが注目されているのでしょう。店舗DXとは何なのか、店舗アプリはどうあるべきなのでしょうか?

企業や店舗としては何をしなければいけないのでしょうか?この記事ではそんな疑問にお答えしていきます。またこの記事の後半では、活用できる「店舗アプリ」の比較を行いますので、是非最後までお付き合いください。

DX対応が必要な理由

DX(Digital Transformation)とは簡単に述べると「デジタル技術を活用した企業とビジネスモデルの変革」です。多くの方は「IT化のことか?」と思われるかもしれませんが、IT化だけではありません。企業そのものが抜本的に変わらなければ、DXとは呼べないのです。

日本のDX化は欧米各国と比べて遅れています。DX化の遅れは日本経済そのものに回復不能なほどのダメージを与える恐れがあります。だからこそ、今DXに真剣に取り組まなくてはならないのてす。

店舗アプリの重要性

この記事をお読み頂いている方は、流通系や飲食関係の経営者の方、或いは店長やマネージャーの方が多いかと思います。DXとは企業そのものを抜本的に変える仕組みなのに、なぜ店舗アプリなのかと疑問に思われた方もいらっしゃるでしょう。ここで店舗アプリを採り上げたのには実は大きな理由があります。

店舗を運営する企業にとって、店舗は企業の顔であり、日々お客様との接点を持つ重要な位置づけにあります。店舗の成功は企業の収益に直結します。企業が抜本的に変わるためには、まずは店舗から変わる必要があるからです。

すなわち、店舗DXの推進が重要だということなのです。店舗DXの推進には、いかに自社にマッチするアプリを導入するのかという視点が必要であり、既成のアプリを採用し、いち早く実現すること、そのためにはアプリを比較検討することが求められます。

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリとは

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリとは

店舗アプリとは小売店や飲食店向けの販促や集客のためのツール全般です。 またそれは販促や集客のみならず、顧客との関係強化(CRM)や店舗運営の効率化につながるものでなければなりません。

店舗アプリで何が変わる

何らかの形で店舗アプリを導入されている企業は多いでしょう。何を今更、と思われた方も少しお付き合いください。あなたのお店の店舗アプリはうまく機能していますか?集客力は上がり、売上や利益は伸びていますか?

もしそうでないのなら、店舗アプリの導入には失敗していると言わざるを得ません。
店舗アプリは顧客満足につながっていなければ、機能を果たしているとは言えません。売上や利益は顧客満足の結果なのです。店舗アプリは顧客満足に結びつかなければ、わざわざコストや手間を掛けて導入する意味はありません。

店舗アプリ導入に向けて

お分かりいただけましたか?他社が、他店が入れているから店舗アプリを導入したという企業はことごとく失敗しています。成功した企業や店では、顧客満足、顧客に支持される店づくりを目標に店舗アプリを導入されています。

店舗アプリの導入は目標ではありません。顧客満足向上のための手段です。まずはこの考えを明確にし、企業や店舗として全従業員のコンセンサスのもとに進めてください。このコンセンサスがない限り、店舗アプリは導入すべきではありません。そして、もう一つ大切なことは、しっかり比較検討した上で採用するアプリを決めることです。

▶店舗アプリのメリット・デメリットとその導入事例から学ぶこと

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリを構築する方法

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリを構築する方法

店舗アプリの導入に向けて大切な考え方を述べました。では、店舗アプリはどうやって作れば良いのでしょうか?大きく分けて、方法は2つあります。自社構築の方式と、もう一つは既成のパッケージやサービスを比較検討し、それらをベースに開発する方式です。

自社で開発し導入する

先ず一つは、自社で一から作るという方法です。オリジナリティという面では良い方法ですが、それなりの人材、マンパワー、アイデア、そして期間とコストが掛かります。それらの要件を満たせるのであれば、自社開発もあり得ますが、かなりハードルは高いと考えてください。

但し、プログラム(コード)レスやテンプレート提供型の自作支援の製品やサービスもありますので、こうしたものを活用することで、工数やコストの大幅な低減は可能です。自社作成の方針があったとしても、一度ベンダーに相談されることをおすすめします。

パッケージやサービスを利用する

もう一つの方法は、市販のパッケージを利用することです。実は店舗アプリは既に多くの製品があり、導入実績も上がっています。こうした既成の製品やサービスを上手く活用したり、自社や自店に合う形でカスタマイズしたりすることで、目指す形を低投資と短期間で実現することが可能です。ここでは、パッケージ利用を前提とした進め方をおすすめします。パッケージ利用については、パッケージが持つ機能が、自社に必要な機能と合致するのか否か、比較検討をすることが重要です。

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリを実際に比較してみよう

【店舗アプリ比較!】-店舗アプリを実際に比較してみよう イメージ画像

ここから、店舗アプリの比較をしていきます。市販の店舗アプリは何十種類もあり、全てを比較するのは無理があるため、代表的なものに絞ります。優劣の比較というよりは、特徴や視点、機能による比較を行いますので、ぜひ参考にしてください。

店舗アプリ選定の基本

一般的な店舗アプリには次のような機能があります。

  • 顧客管理機能
  • スタンプカード機能
  • プッシュ通知機能
  • クーポン機能

それらを利用して、顧客満足向上のために何を実現したいのかを明らかにすることが大切です。実現したいことを明確にすれば、自ずと自社や自店が必要とする店舗アプリが見えてくるでしょう。

他、オンプレミス(自社のサーバーで稼働させるタイプ)は避け、身軽に始められるクラウドサービスタイプを選びましょう。また、コンサルティングを含め導入支援や運用サポートをしてくれる会社を選定すると良いでしょう。

また費用面についても、投資対効果の観点からよく検討してください。店舗アプリは費用ではなく、リターンが得られる投資です。店舗アプリは費用で選ぶのではなく、投資対効果で選びましょう。

またベンダーから提案を受ける際には、想定される効果をできるたけ定量的に示してもらうようにしましょう。そのためには、現在店舗で行っている作業内容を定量的に把握するとともに、店舗アプリによって、何がどう改善、削減されるのかが分かるようにしておきましょう。

代表的な店舗アプリ

店舗アプリの導入に当たっては、自ら比較表を作成してください。自社や自店にとって何が必要なのか、必要な機能を明らかにして各製品やサービスを比較してみましょう。以下は一つのサンプルです。比較表作成の際の参考にしてみてください。
ここでは、業界ではメジャーと思われる製品やサービスを以下5つ採り上げてみました。

以下、上記5製品の比較表を作成してみました。

5製品の比較表

いかがでしょうか?このような形で比較表を作成しておくと、店舗アプリの選定がスムースに行えるばかりか、上層部の承認を得やすいでしょう。

【店舗アプリ比較!】-店舗DXの実現にむけて

ここまで、店舗アプリの比較という視点で、店舗DXの実現に向けた進め方を解説してまいりました。

店舗アプリの導入において大切なことは、そのアプリを導入して何を実現するのかという事を明確に描けているかどうかです。店舗アプリの導入はあくまでも手段であり、目標ではありません

自社、自店に対する顧客の支持を高めたい、自店の売上を上げたい、顧客に喜んでもらいたい・・そうした願いが目標であり、その目標達成の一つの手段が「店舗アプリ」の導入です。
冒頭で、DXについて触れましたが、それはDXが今後の企業や店舗の存亡に大きく関わることだからです。DXへの対応に遅れた企業は淘汰されます。店舗もDX対応を図らないと淘汰されます。

「店舗アプリ」導入においては店舗DX推進の視点で、しっかりとアプリの比較検討を行い、ぜひ大きな成果を目指してください。

店舗経営のDXに寄与するツールの機能比較について

▶自店に最も適した店舗アプリを選ぶ方法と、おすすめのアプリを紹介

▶絶対に失敗をしない店舗アプリの開発・導入方法について