店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

スキルを見える化できる「スキル管理」とは?手法やシステムについてご紹介 アイキャッチ画像

スキルを見える化できる「スキル管理」とは?手法やシステムについてご紹介

HR
  • hatena

従業員のスキルを把握することは、適切な人材配置などにおいて大切です。
そこで、従業員のスキルをしっかりと把握する方法に「スキル管理」というものがあります。
この記事では、スキル管理とはどのようなものなのか、やり方や、便利なスキル管理システムについてご紹介します。

スキル管理とは

スキル管理により適切なポジションを割り振られた飲食店従業員
スキル管理とは、従業員の「スキル」をデータとして管理することです。
「スキル」といっても、資格や技術といった目に見えるものだけとは限りません。知識や経験、コミュニケーション能力のように、実際には見えないものでも可視化することでその人への適切な評価へと繋がるのです。

スキル管理によって社員の持っている「スキル」をデータとして社内で共有することで、仕事を最適な従業員に割り振ることに役立ちますし、企業が求める基準に達していない従業員をピックアップして、集中的に研修を受けさせることができるので、効率の良い人材教育にも役立ちます。
社員にとっても、自分に足りないところを明確に捉える事ができるので、業務に対するやる気にも影響を与えられるでしょう。

このように、スキル管理は従業員の能力をできるだけ正確に把握することを目的としています。スキル管理の考え方を用いることで、社員の持っている隠れた能力に気づくこともできるかもしれません。

この記事では、スキル管理によって得られる利益やその手法、そしてスキル管理システムについてご紹介しています。
「スキル管理」に興味のある方や、導入を考えている方は参考にしてみてはいかがでしょうか。

スキル管理で把握できること

スキル管理のためのチェックリストイメージ
スキル管理をすることで、具体的にどのようなことが把握できるのかをご説明していきます。

仕事に必要なスキルがあるか

スキル管理をすることで従業員が日々こなしている仕事に対して必要なスキルを持っているかどうか判断することができます。
仕事に必要なスキルと従業員の持っているスキルを把握することができれば、それぞれの従業員のスキルに合った仕事を割り振ることが可能となるでしょう。
一人ひとりの従業員に適切な仕事を割り振ることができれば、それぞれの仕事が円滑に進むようになり、作業効率の向上を図れます。

従業員のキャリアや資格

スキル管理では、実際に仕事に必要な能力だけではなく、従業員がこれまで積み上げてきた経験やキャリア、取得している資格を把握することができます。
新卒で採用した従業員と中途で採用した従業員では、従業員のキャリアに大きな違いがあると思います。
中途で採用した従業員については、従業員のスキルを最大限に有効活用するためにも、今までに経験してきた仕事などの情報を正確に把握し、しっかり管理する必要があるでしょう。
従業員の持っている資格を管理する際は、資格の取得日・有効期限・更新日まで記録するようにしましょう。

店舗&ブランド運営企業におけるスキル管理の方法

スキル管理のステップ
では実際に、どのようにしてスキル管理を実施すれば良いのか、その方法についてご説明いたします。

スキルマップを作る

まずは「スキルマップ」を作成しましょう。
「スキルマップ」とは、従業員のスキルをまとめた一覧表のことです。
一般的にエクセルなどの表計算ソフトで作成することが多いでしょう。スキルマップを社内で共有すると社員の持っているスキルをより活用しやすくなります。
スキルマップを作成するためには、まず仕事に必要なスキルを明らかにします。
従業員のスキルを正しく管理するために、事前に評価方法を明確に定めておきましょう。

次に、スキルマップを作ったら、企業全体に周知しましょう。
周知することで多くの人から情報を得られるようになるので、より正確な従業員のスキルを把握することにつながります。

スキル管理システムを導入する

従業員数が多い場合は、「スキル管理システム」を導入することをおすすめします。
従業員数が多いほど、エクセルを使ってスキルマップを作成・管理するのは複雑になっていきます。
従業員数が多い企業や、これから従業員数が増える可能性の高い企業は、スキル管理システムを導入することでより効率良くスキルを管理することができます。

スキル管理システムを導入するメリット

メリットの英単語
スキル管理システムを導入するとどのようなメリットがあるのかご紹介します。

人事の仕事が効率化できる

従業員のデータを一元管理できるので、多くの人事業務が効率化できます。
スキル管理システムを活用できる業務には、シーズンごとに行う採用、研修、人事評価や、日々行う必要のある従業員の給与、勤怠などがあります。

従業員のモチベーションがアップする

スキル管理システムを導入することは、従業員のモチベーションアップにつながります。
スキル管理システムによって従業員のスキルを管理すると、従業員のスキルがデータに基づいて客観的に評価されることになります。
従業員は評価が低いと「もっと評価されるようにがんばろう」と考えますし、評価が高ければ「この調子でがんばろう」と考えます。
このように従業員のモチベーションアップにつながるのです。

従業員のパフォーマンスを発揮できる

スキル管理システムは従業員のパフォーマンスを最大限に発揮させることにつながります。
このデータを利用して従業員に最適な仕事を任せることができるので、従業員のパフォーマンスを最大限に発揮してもらえるのです。
新しい事業に最適な人材を配置する際にも役立ちます。

日々のデータを記録できる

スキル管理システムでは従業員一人一人の日々のデータを記録し蓄積することができます。
蓄積されたデータは、従業員のスキルをしっかりと把握することの他、今後従業員のパフォーマンスを向上させたり、事業における課題や問題点を解決することに役立ちます。

優秀な人材を把握できる

スキル管理システムのデータを利用することで、優秀な人材を把握することができます。

スキル管理まとめ

スキル管理とスキルアップの鍵
スキル管理によって従業員のスキルをしっかりと把握することは、優秀な人材の新たな発見や、人材を最適な場所へ配置することにつながります。
例えば、スキル管理のデータから開発に優れた人材を見つけ出して、集中的に教育を受けさせて、新たな幹部候補にすることもできます。
また、従業員が多い場合には、スキル管理システムの導入によって、詳細で客観的なデータに基づいて、従業員の一人一人の能力をしっかり把握することだってできるのです。
このように、スキル管理を行うだけで、会社と社員の両方に多くの利点を与えることが可能となります。

スキル管理に興味のある方や、スキル管理の実施を考えている方は、ぜひこの記事でご紹介した内容を参考にしてみてください。