店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

店舗&ブランド運営企業における社内コミュニケーションの施策とは? アイキャッチ画像

店舗&ブランド運営企業における社内コミュニケーションの施策とは?

HR
  • hatena

企業がビジネスを展開するにあたり、重要となるのが社内コミュニケーション。多くの企業で社内コミュニケーションを活性化させる施策が採用されています。こうした社内コミュニケーション強化のメリットや、具体的な施策について見ていきましょう。

社内コミュニケーションの施策とは

企業がビジネスを進めるにあたり、取引先など社外とのコミュニケーションとともに重視されるのが社内コミュニケーション。企業は人で成り立っているため、その人材間での交流をどのように成立させるかは非常に重要なテーマと言えるでしょう。報告・相談・連絡といった、業務上必要な情報のやり取りのほか、会議で従業員同士が意見を交換しあう、社内イベントによって社員同士のフランクな交流をはかる…など、社内コミュニケーションのバリエーションは多様です。形式はさまざまですが、その目的は、タテにもヨコにも情報が行き来する柔軟な交流体制を整えることです。こうした社内コミュニケーションのメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • 企業への忠誠心が育つ
  • 業務効率や生産性が向上する
  • 革新的なアイデアが生まれる
  • 人材の定着率が向上する
  • 企業価値が向上する

社内コミュニケーションによって従業員同士の交流や情報交換が盛んになることで、従業員にとって仕事のしやすい企業風土が醸成されることが期待されます。その結果、従業員が企業に対して抱く帰属意識が強まり、企業への愛着や忠誠心が育つことが考えられます。

店舗&ブランド運営企業の社内コミュニケーション強化施策の内部的なメリット

では、店舗&ブランド運営企業にとって、社内コミュニケーションを強化するメリットとはなんでしょうか?

ここでは、店舗&ブランド運営企業にとって、社内コミュニケーションを強化したときに会社内部で起こるメリットについて深堀りしていきたいと思います。

スムーズな「報・連・相」の実現による業務効率の向上

多店舗を抱える企業になればなるほど、組織内に擁する従業員の数も増えます。各従業員からの情報を迅速かつ正確に受け取ることは、業務をおこなう上で必須です。情報の伝達がうまくいかなければ、そのぶんだけ業務が停滞し、混乱や生産性の低下を招いてしまいます。社内コミュニケーションの強化によってスムーズな「報・連・相」体制を構築しておけば、業務効率を良好な状態に保つことが可能です。

従業員の定着率アップ

優秀な人材の確保は、店舗&ブランド運営企業にとって重要な課題です。活発な意見交換が可能な企業風土や、上長に対しても自分の意見を通しやすい職場の雰囲気がある場合、従業員が企業に対して抱く愛着や忠誠心が高まります。また、人間関係に起因する従業員の退職も多いのが現実ですが、社内コミュニケーションによって人間関係の悩みや不満が軽減することも。その結果、優秀な人材が社外に流出することを防ぐ効果があります。

店舗&ブランド運営企業の社内コミュニケーション強化施策の外部的なメリット

次に、店舗&ブランド運営企業にとって、社内コミュニケーションを強化したときに会社外部で起こるメリットについて深堀りしていきます。

顧客満足度向上

店舗&ブランド運営企業にとって業務の要となるのが顧客への対応です。近年、ファストファッションの台頭やネットショッピングの増加などにより、アパレル業界は低コスト化の波にさらされています。こうした状況の中でも顧客に良質なサービスを提供するためには、従業員の創意工夫が欠かせません。社内コミュニケーションを強化することで、スムーズな情報共有や従業員同士の積極的な意見交換を促すことができ、結果的に顧客へのサービスのクオリティが向上することが期待できます。

企業イメージ・企業価値の向上

社内コミュニケーションの活発な職場では、従業員が自分の意見を大切にしつつ、いきいきと働くことができます。それが業務を通じて企業イメージをアップさせ、ひいては企業価値の向上につながることもあります。

このように、社内コミュニケーションを強化することで、「仕事のしやすい企業風土」を築き、業務改善のための活発な意見交換がしやすい雰囲気や独創的なアイデアを出せる機会が生まれます。業務効率や生産性の向上、イノベーションの創出などにより、事業の成長につながる可能性も高まり、長期的視野で見ると企業価値の向上にも寄与することが見込まれるのです。

社内コミュニケーション強化施策の例

社内コミュニケーションにより円滑に業務をするスタッフたち
次に、社内コミュニケーション強化施策にはどのようなものがあるのかを見ていきましょう。

会議、ミーティング

1対1、または複数での会議やミーティングをおこなうことで、情報共有を密におこない、業務改善や業務効率向上につなげることができます。また、意見交換を重ねることにより従業員同士の信頼関係が深まります。業務上の悩みを上司に相談しやすい職場の雰囲気を作るのにも役立ちます。

社員研修、勉強会、ワークショップ

スキルや業務知識のブラッシュアップをはかるなど、主にキャリアアップの機会としてとらえられがちですが、そこで生まれる従業員同士の関係性が業務に良い影響を与えることも多いものです。切磋琢磨する仲間がいるという意識は、業務の質を高めることにつながります。

社内イベント、社内報、社内部活動など

従業員同士の交流を深めるきっかけづくりとなることが多く、それが良好な人間関係をもたらします。また、社内報には社内の情報を効率的に共有できるメリットもあります。

社内SNS

電話や電子メールといった、これまで主流だった社内コミュニケーションツールに加え、社内SNSを活用する企業も増えています。伝えたい情報を端的に書き込んだり、それに対するレスポンスを簡単におこなったりするで、効率的に業務連絡を取ることができます。電子メールに比べてカジュアルな印象の社内SNSは、気軽な意見交換の場としても適しています。

社内コミュニケーションの施策まとめ

本記事では、社内コミュニケーションを強化することで得られるメリットや実施するときのポイントをご紹介してきました。

ここまでご紹介してきたように、円滑な業務進行や企業経営には社内コミュニケーションが欠かせません。しかし、社員同士の交流を定着させ、コミュニケーションを活発化させるのは一朝一夕でできるものではありません。その時代に合わせた施策を行い続けていかなければなりません。

活発化店舗&ブランド運営企業にとっても、緊密な情報共有体制構築や従業員同士の関係性向上は重要な課題です。社員の性格や社内の状態を鑑みて自社に最適な社内コミュニケーションの方法を探り、企業価値の向上につながる施策を採用してみましょう。