店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

DXを学ぶには書籍がおすすめ!今読んでおきたいおすすめのDX書籍をご紹介! アイキャッチ画像

DXを学ぶには書籍がおすすめ!今読んでおきたいおすすめのDX書籍をご紹介!

マーケティング
  • hatena

日常生活や経済の急速なIT化が進んでいる中、今注目を集めているのがDX(デジタルトランスフォーメーション)です。DXを活用するために情報を集める必要がありますが、最もおすすめの方法は書籍を読むことです。本記事ではDXの基本事項を確認しつつ、DXを学ぶのにおすすめの書籍を紹介していきます。

DXをおすすめする理由

DX(デジタルトランスフォーメーション)とは、IT技術を活用してビジネスの生産性・効率性をより高めていく施策です。インターネット・スマホの普及に伴い、日常生活のIT化が急速に進んでいます。

このような状況の中、企業の中にはまだアナログな手法でビジネスを行っているところも存在します。日本は特に企業のIT化が先進国の中でも遅れている傾向にあり、DXの導入は国全体の課題でもあります。

DXをおすすめする理由は多くありますが、中でも顕著なおすすめ理由として「業務の生産性が向上すること」です。たとえば、市場調査のためにマーケティングを行う際、マーケティングツールを利用すれば自動的にレポートの作成やデータ抽出を行うことが可能です。

自動化できる部分は自動化して、人員をかけるべき部分にリソースを集中させることができます。DXを活用して業務効率を飛躍的に高めることが、企業の業績アップに直結するといっても過言ではありません。

DXに取り組む企業は年々増えてきており、これにともないDX関連の市場規模も拡大しています。DXに関連したビジネスを始める企業も増えているので、今後も企業の間でDXが加速していく可能性が高いです。

DXを学ぶには書籍を読むのがおすすめ

DXを学ぶ方法はいくつかりますが、中でもおすすめなのは「書籍を読む」ことです。DXの普及に伴い、DX関連の書籍数も増えてきています。DXの書籍には、DX入門書、DXの実践書など各フェーズに合わせた書籍が販売されているので、自社のDXの進捗に合わせて書籍を選ぶことができます。

DXの学習で書籍をおすすめする最も大きな理由は「費用が安い」点です。書籍一冊あたり2,000円~3,000円ほどで、DXの情報を幅広くおさえることができます。セミナーや勉強会などを利用してDXを学ぶ方法もありますが、費用対効果を考えるとやや費用が高い傾向にあります。

DXの最新情報を知るにはセミナー・勉強会を利用するのも悪くはないのですが、DXの基本や活用方法を学ぶには書籍が最もコスパが良いです。書籍を活用すれば、時間や場所を選ばずにDXについて学ぶことができます。社員1人に1冊持たせたとしても、セミナーや勉強会に参加するよりは費用を抑えることができるでしょう。

DX関連の書籍は書店に並んでいないこともあるので、Amazonなどの通販サイトを利用して購入することをおすすめします。購入すべき書籍が決まっている場合は、出版社に直接問い合わせるのも良いでしょう。

DXを学べるおすすめ書籍(DX入門編)

ここからはDXを学べるおすすめの書籍を紹介していきます。まずは「DX入門」におすすめの書籍を見ていきましょう。

イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)

DXの入門書で最もおすすめなのが、「イラスト&図解でわかるDX(デジタルトランスフォーメーション)」です。こちらの書籍では、DXのトップコンサルタントがDXについて詳細を解説しています。DXとは何か、国がDX導入の遅れについて危機感を抱くのはなぜか等、DXの基本情報を把握することが可能です。

イラストを多く使用している点も特徴で、活字を読むのが苦手な方でも無理なく読むことができます。DXについて基本を網羅したい際におすすめの1冊です。

デジタルトランスフォーメーションで何が起きるのか「スマホネイティブ」以後のテック戦略

こちらの書籍では、DXの事例を挙げながらDXの本質を解説している良書です。JAL、Adobe、三井住友カードなど大手機企業のDX事例を取り上げているので、DXに関する知識が不足している方でも無理なく読み進めることができます。

DXを実践することで企業がどのように変化していくのか、イメージを掴みやすくしてくれる1冊です。

DXを学べるおすすめ書籍(DX実践編)

次にDXを実践する上で読んでおきたい書籍を紹介していきます。

企画立案からシステム開発まで 本当に使えるDXプロジェクトの教科書

こちらの書籍では、数多くのDXプロジェクトを手掛けてきた著者が、DXを進める上で重要となるマインドやノウハウについて詳細を解説しています。DXを進めるプロセスやこれまでのシステムと異なる点など、技術者目線での解説も加わっており、システム会社・導入会社双方の助けとなる内容となっています。

DX担当の責任者、マネージャー、エンジニアなどDXの最前線に立つ方たちに読んで頂きたい1冊です。

勝ち残る中堅・中小企業になる DXの教科書

こちらの書籍は、日本の中堅・中小企業がDX導入を行う上で何をするべきか、詳細をまとめている実践書になります。著者は中堅・中小企業におけるDX導入・定着を専門にするコンサルティング会社のメンバーです。

DX導入の現場で起きていることに触れながら、中堅・中小企業がDXを成功させる上で重要となるポイントをまとめています。DX導入経験者が執筆していることもあり、内容にも説得力があります。

中堅・中小企業が陥りがちな失敗についても取り上げており、スムーズにDXを進めるプロセスを把握することが可能です。中堅・中小企業経営者の方、もしくはDX担当者の方にぜひ読んでもらいたい1冊です。

DXのおすすめ書籍を読んでDXを進めていこう

DXはこれからの企業競争を勝ち抜く上で必要不可欠の施策です。DXの導入が行われていない企業は、これから導入を進めないと競合他社にIT面で遅れを取ることになります。DXを実践する上で、まずはDX関連の書籍を読んで知識を蓄えることが肝要です。

DXの知識があれば現場の統括やプロジェクトの実行などをスムーズに進められます。まずは本記事で紹介した書籍から読んで頂き、その後に他のDX関連の書籍に手を広げてみてください。

また、すでにDXを導入している企業の方も、他社のDX事例を書籍から学ぶことができます。特に、DXの現場に携わった人が著者である書籍は非常に参考になります。今後、更にDXを進めていく上でも参考になるので、ぜひ書籍を活用してみてください。