店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

顧客管理ができるアプリを徹底比較【目的別のおすすめも紹介】 アイキャッチ画像

顧客管理ができるアプリを徹底比較【目的別のおすすめも紹介】

マーケティング
  • hatena

これから顧客管理ができるアプリを導入したいと考えている人は多いでしょう。

しかしながら、顧客管理アプリの種類は非常に多く、どれを選んだら良いか分からない人が大半です。

そこで本記事では、顧客管理ができるアプリを「営業編」「マーケティング編」「その他」の3つに分けて解説しました。是非、最後までご覧下さい。

顧客管理アプリ比較(営業編)

顧客管理アプリ比較(営業編) イメージ画像
まずは営業で使える顧客管理アプリを紹介します。

営業で利用できる顧客管理アプリは種類が非常に多いですが、その中でも人気のある2つのアプリに厳選したので、導入を考えている企業は是非チェックして下さい。

Senses

従業員が営業を中心に業務を行なっている場合は、「Senses」の導入をおすすめします。

Sensesは様々なアプリと連携できる為、頻繁に利用するメールなどの入力負荷を大きく軽減させることが可能です。

また、従業員が個人で営業している企業は、それぞれのスケジュールを上手く管理できていない場合があるでしょう。Sensesを導入することで従業員のスケジュールを1つのアプリで管理できます。

他にも営業の分析・改善を行う為のデータを作ることもできるので、非常におすすめの顧客管理アプリです。

Kintone

kintoneは案件管理や日報など、営業に必要な作業をサポートしてくれるアプリを多数揃えています。

またオリジナルでアプリをカスタマイズできるので、自分が求めている顧客管理アプリを制作することが可能です。

例えば、エクセルのデータを一括管理する為のアプリが入っていて、ドラッグ&ドロップの簡単な作業でデータを保存できます。他にも様々なアプリを導入できるので、汎用性を求めている企業には非常におすすめです。

顧客管理アプリ比較(マーケティング編)

顧客管理アプリ比較(マーケティング編) イメージ画像

次はマーケティングで利用できる顧客管理アプリを紹介していきます。

マーケティングの顧客アプリも非常に多いですが、その中でもおすすめできる2つを厳選しました。

これからマーケティングに力を入れていきたいと考えている企業は、是非チェックして下さい。

Marketo

Marketoはマーケティングに特化した顧客管理アプリで、主に下記の9つのアプリを使い分けることが可能です。

  • マーケティングオートメーション
  • メールマーケティング
  • モバイルマーケティング
  • ソーシャルメディアマーケティング
  • デジタル広告マーケティング
  • WEB解析
  • アカウントベースドマーケティング
  • マーケティングアナリティクス
  • プレディクティブコンテンツ

上記のように、マーケティングに必要な全ての機能を揃えているのがMarketoの大きな特徴です。

またマーケティングに不安がある場合はコンサルティングなどの対応も行なっています。マーケティングの顧客管理アプリを導入したいと考えている企業は、Marketoを選べば間違いないと言えるでしょう。

HubSpot CRM

HubSpot CRMの特徴は、インバウンドマーケティングに必要な機能を全て備えている点です。

メールの作成や測定、最適化の流れを完全に自動化でできる為、人件費を削減しながら売上向上を期待できます。

他にもWEBサイトの検索順位を上げる為のSEO対策の機能も備わっているので、導入する価値は十分にあると言えるでしょう。

顧客管理アプリ比較(その他)

顧客管理アプリ比較(その他) イメージ画像
続いて、営業やマーケティング以外で導入する価値がある顧客管理アプリを2つ紹介していきます。

顧客管理アプリは種類が非常に多く、それぞれに特徴的な機能が付いていますが、どの企業でも利用できるアプリを2つに厳選しました。

Keap

Keapは、プログラミングの技術を持っていない人でも簡単にランディングページを構築できる機能を備えた顧客管理アプリです。

ランディングページを自社内で制作することができれば、費用を抑えてリスティング広告などを回すことができます。

それだけなく、自社サイトやEメールとKeapを連携させれば、様々な視点から優良顧客を見つけ出し、ターゲットに適切なコンテンツを自動で提供することが可能です。

ランディングページを使ったマーケティングを行なっている企業は、導入する価値がある顧客管理アプリと言えるでしょう。

楽楽販売

楽楽販売は顧客情報だけでなく、社員の詳細情報や勤怠なども管理できるアプリです。

顧客情報と社員情報を違うアプリで管理すると、費用面と作業面の両方で効率が悪くなります。

1つのアプリで多くの情報を管理した方が作業効率は圧倒的に良いので、多くのデータを管理できる楽楽販売は導入する価値があると言えるでしょう。

顧客管理アプリを比較する際のポイント3選


最後に顧客管理アプリを比較する際のポイントを3つ解説していきます。

これから紹介する3つのポイントを比較して、アプリを選択しましょう。

導入する目的を決める

顧客管理アプリは多くの種類がありますが、それぞれで利用できる機能が異なります。

まずはアプリを導入する目的を明確にして、そこからどのアプリを導入するのか検討しましょう。

よくある失敗ですが、アプリを適当に選んで契約してから、欲しい機能が入っていないという理由で直ぐに解約する事例があります。

導入する目的を明確にしてアプリを選定することで、契約後に後悔することは無くなります。

使いやすさを考慮する

アプリを導入する企業の大きな課題の1つが、上手く使いこなせるかです。

特にITリテラシーの低い企業はアプリに対して知識が少なく、操作が難しいと上手く利用することができません。

これから新しくアプリを導入する企業は、無料体験などで使いやすさを確認することをおすすめします。

費用対効果が合うのか

顧客管理アプリは多くの種類がありますが、それぞれ料金はピンキリで、費用対効果が大きく異なります。

値段が高くても必要以上の機能を持っているアプリと契約する必要がありません。また、料金が安くても機能性が低ければ、アプリを導入する価値がないでしょう。

まずは複数のアプリを比較して、どれが最も費用対効果が合うのか検討することが大切です。

顧客管理アプリの比較:まとめ

本記事では顧客管理アプリを目的別に比較して徹底解説しました。

アナログで顧客管理をするのは非常に作業効率が悪く、仮に書類などを紛失した場合は大きな問題になりかねません。

顧客管理アプリであれば紛失する恐れがなく、書類に比べて簡単にデータを管理することが可能です。

これから顧客管理をするのであれば、アプリの導入は必須と言えるでしょう。

顧客管理アプリを導入する前は、複数のアプリを比較して選定することをおすすめします。とりあえず適当にアプリを導入して、直ぐに使わなくなるケースを避けるためです。

解約する際は手数料や解約金を取られる場合が多いので無駄な出費になります。また、アプリの導入に使った時間も無駄と言えるでしょう。

しっかりとアプリを比較して選定することで、導入後にスムーズに使うことが可能です。

▶【店舗アプリ比較!】店舗DX実現にむけて最適な店舗アプリの導入を検討してみよう