店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリ開発は事業の多角化にオススメ!開発言語や学習方法についてもご紹介! アイキャッチ画像

アプリ開発は事業の多角化にオススメ!開発言語や学習方法についてもご紹介!

マーケティング
  • hatena

以前と比べて、アプリを利用する企業や個人が増えてきました。これに伴い、アプリ開発を行う企業も増えてきています。アプリ開発は安定した収益獲得を狙えるオススメの事業です。本記事ではアプリ開発にオススメの開発言語、勉強法など各種情報をまとめていきます。

アプリ開発は売上アップにオススメ

スマートフォンの普及により、アプリ開発の需要は以前よりも高まってきています。売上を伸ばしていく手段として、アプリ開発はオススメの事業です。

アプリ開発の市場は、スマホユーザーのニーズが存在する限り安定して拡大していくことが予想されます。アプリ開発の市場は誰にでも開かれている分、競争が激しい業界でもあります。現存するアプリと同じようなものを作っても、その他のアプリに埋もれてしまう可能性が高いです。

既存のアプリにはないようなオリジナリティあふれるアプリを開発することが、アプリ開発の業界で成果を出す前提条件となります。

アプリ開発を自社で行うために、まずはプログラミングスキルを持った人材を集める必要があります。人材を集めるオススメの方法として、クラウドソーシングサービスが挙げられます。クラウドソーシングを利用すれば、新しい人材を自社で雇う必要がなく、必要なときに開発リソースを集めることが可能です。

人材を雇って自社に置きたい場合は、プログラマー人材を専門に扱っている求人サイトで人材を集めることをオススメします。最近はプログラミング需要の高まりから、プログラマー専門の転職サイトが増えてきました。

通常の転職サイトで求人を出すよりも、効率的に人材を募ることが可能です。

アプリ開発会社に外注するのもオススメ

アプリ開発の事業を自社で始めずに、開発を外部の会社に外注するのもアプリ開発のオススメ方法の1つです。アプリ開発を専門に扱う開発会社も増えてきています。アプリ開発会社に依頼をすれば、自社で開発リソースを集める手間が省けます。

どのようなアプリを開発するか等、打ち合わせを行う必要はありますが、詳細を共有した後は開発会社がアプリ制作を進めてくれます。

ただ、アプリ開発会社によって対応できる開発レベルが異なってくるので注意してください。特に費用を抑えることにこだわりすぎて、中小規模のアプリ開発会社に依頼すると、自社の要求する技術レベルを持ち合わせていないこともあります。

アプリ開発会社の中にはフリーランスのプログラマーが法人化して間もないところもあるので、開発実績などを確認して技術レベルを把握しておく必要があります。

トラブルなくアプリ開発を行いたい場合は、多少費用が高くても実績が充実している開発会社に依頼することをオススメします。

開発会社の多くはホームページ上で実績を公開しているところが多いですが、中には実績を公開していない会社もあります。実績が確認できない場合は、問い合わせの際に必ず確認しておくようにしましょう。

アプリ開発にオススメの開発言語

アプリ開発を行う際にオススメの開発言語として下記の言語が挙げられます。

  • Swift
  • Java
  • Kotlin

それぞれどのような特徴を持った開発言語なのか、詳細を確認していきましょう。

Swift

Swiftは2014年にApple社によって発表されたプログラミング言語です。SwiftはiOSアプリの開発で使用される言語になります。Swiftが登場する以前は、Objective-Cと呼ばれるプログラミング言語でiOSアプリが開発されていました。

ただ、Objective-Cは他のプログラミング言語との関連性が少なかったため、習得するのに時間がかかるプログラミング言語でした。この問題点を解決するべく、iOSアプリをより簡単に開発できる言語としてSwiftが開発されました。

SwiftはObjective-Cよりもコードがシンプルで、アプリ開発初心者の方にもオススメの開発言語となっています。

Java

Javaは1995年に誕生したプログラミング言語です。誕生から25年経過した現在でも、世界中で広く使用されているプログラミング言語になります。

Javaの特徴は「どんな環境下でも利用できる言語」である点です。Androidアプリ開発やシステム開発、Web開発などあらゆる場面で使用することが可能です。大企業での大規模なシステム開発でもJavaが使用されることが多いです。

Kotlin

Kotlinは2011年7月に発表されたプログラミング言語です。KotlinはAndroidアプリの開発で利用することが可能です。Kotlinの特徴は「JVM(Java Virtual Machine)上で動作する静的型付けのオブジェクト指向言語」という点です。Javaよりも簡潔なコードであり、かつJavaとの互換性も高いため、Javaに代わるAndroidアプリ開発言語として注目されています。

アプリ開発にオススメの勉強法

アプリ開発を自身で行うためには、プログラミング言語を習得する必要があります。アプリ開発の勉強法としてオススメの方法は「プログラミングスクール」に通うことです。

プログラミングスクールでは、自身が学びたい内容に合わせて学習を進めることができます。プログラミングスクールはオンライン型と通学型の2つに大別されます。仕事などで通学することが難しい場合は、オンライン型のプログラミングスクールがオススメです。

オンライン型プログラミングスクールの方が、授業料が安いというメリットもあります。オンライン環境でも講師に質問することが可能なので、疑問点をクリアしながら学習を進められます。

本やテキストでプログラミングを独学する学習方法もありますが、プログラミング初学者の方にはあまりオススメできません。独学の場合だと疑問点をすべて自力で解決しなければいけません。疑問を解決できれば良いのですが、最終的に疑問が解消されずに、プログラミング学習に挫折してしまう可能性もあります。

また、プログラミング関連の書籍は「初心者向け」「入門向け」のテキストでも、専門用語の説明が十分でないものが多く見られます。「今はとりあえず覚えて」といった具合に、説明を省いているケースが多いです。

着実にプログラミングスキルを身に着けたい場合は、プログラミングスクールを利用して、効率的に学習を進めていきましょう。

今後も伸びるアプリ開発は事業多角化にオススメ

アプリ開発の需要は今後も高まっていくことが予想されます。自社の事業を多角化する上で、アプリ開発は有効な選択肢になると言えるでしょう。アプリ開発を行うためには、プログラミング言語に精通した人材が必要です。クラウドソーシングを利用するか、開発会社に外注するか、それとも自社人材にプログラミング言語を習得させるか、様々な選択肢があります。

自社人材にプログラミング言語を習得させる場合は、オンライン型プログラミングスクールを利用することがおすすめです。時間や場所を選ばずにプログラミングを学ぶことができるので、仕事と両立しながらプログラミング言語の学習を進められます。自社に合った方法を用いて、アプリ開発に取り組んでいきましょう。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る