店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

【アプリ集客を目指す人へ】開発ツールを目的別に徹底比較 アイキャッチ画像

【アプリ集客を目指す人へ】開発ツールを目的別に徹底比較

マーケティング
  • hatena

新型コロナウイルスやネットの発展によって、集客の方法が多様化されるようになりました。その中で多くの企業が導入するようになったのが、アプリを利用しての集客です。

そこで本記事では、アプリ集客のメリットや、集客アプリを開発できるツールを解説しました。

集客に悩んでいる企業は、是非ご覧下さい。

アプリ集客を比較・検討するメリット2選

まずはアプリ集客を比較・検討するメリットを2つ解説していきます。

これから紹介するメリットを比較・検討して良いと感じるのであれば、アプリ集客を始める価値はあると言えるでしょう。

紙媒体より効果が良い

アプリ集客はターゲットに対して細かいアプローチができる為、紙媒体より効果が出やすいです。

来店を促すクーポンや情報提供、顧客の来店頻度や購入履歴を使ったアプローチなど、アプリ1つで多くのマーケティングを行うことができます。

紙媒体の広告と比較すると、マーケティングの施策の幅は広いと言えるでしょう。

また紙媒体の広告は、チラシの作成から配送まで少し手間が必要になりますが、アプリであれば文章や広告を作れば一括で配信することができます。

様々な機能を確認できる

多くの集客アプリを比較することで、それぞれにどのような機能があるのか確認することが可能です。

売りたいと考える商材や業態によって、マーケティングの手法は異なります。言い換えると、自社の売りたい商品に対して適切なマーケティングが行えるアプリを利用しなければ、ユーザーを集客することができません。

これからアプリを使ってマーケティングを始めたいと考えている企業は、多くの集客アプリを比較して、それぞれにどのような機能があるのか確認しておきましょう。

アプリ集客比較:おすすめ2選(マーケティング編)

アプリ集客比較:おすすめ2選(マーケティング編) イメージ画像

それでは、集客を目的としたアプリを2つ紹介していきます。

これから紹介するアプリ開発ツールはマーケティングに特化している為、非常に集客に強いです。

他の集客アプリと比較しても解説しているので、これからアプリの導入を検討している企業は是非ご確認下さい。

UPLINK

UPLINKは利用している実店舗が4,000を超えている実績のある集客アプリで、様々な機能を持っているのが特徴です。

  • デジタルチケット
  • スタンプカード
  • プッシュ通知
  • その他マーケティング機能

上記のように多く機能を持ち合わせている為、他の集客アプリと比較しても機能は充実していると言えるでしょう。

契約の内容によっては運用代行も承っているので、アプリを初めて導入する企業でも安心です。

実際に「銀だこ」や「和パスタ&カフェこななな」など大企業も利用しているので、検討する価値は十分にある集客アプリと言えます。

Betrend

Betrendは顧客の情報を一括で管理して、それぞれに適切なアプローチを行うことができる集客アプリです。

  • 顧客情報
  • 予約機能や来店管理
  • クーポン管理
  • 分析機能
  • 情報配信機能

上記のような機能が備わっている為、Betrendだけで顧客の情報管理から集客施策まで繋げることが可能です。

他の集客アプリと比較して料金は少し高額になっていますが、機能面の充実性を考慮すると、導入する価値はあると言えるでしょう。

アプリ集客比較:おすすめ2選(WEB制作編)


最近はアプリの集客だけでなく、WEBを使ってプロモーションを行う企業も増えてきました。

しかしながらホームページやランディングページの制作を企業に依頼すると非常に値段が高くなる為、自社でWEB制作がきるアプリを2つ紹介します。

WEB集客は紙チラシと比較しても効果が大きいので、是非検討しましょう。

Wix

Wixはプログラミングの知識を持っていない人でもWEBサイトを制作できるアプリ・サービスになります。

他のWEB制作のアプリと比較して値段も非常に安く制作できる為、集客に予算が使えない企業でも安心です。

テンプレートでWEBサイトを制作するのでオリジナリティは弱くなりますが、コストパフォーマンスは非常に良いと言えるでしょう。

まずは簡単にWEBサイトを作りたいと考えている企業は、Wixがおすすめです。

BASE

BASEはプログラミングの技術を持っていない人でもWEB制作ができるアプリ・サービスです。

先ほど紹介したWixと比較すると、WEBサイトだけでなくEC機能を構築できる点も大きなポイントです。

新型コロナウイルスなどの影響によって飲食店は業績が悪化しています。そこで、ネット販売を始めた飲食店は非常に多いです。

実店舗だけでなくネットにも販路を拡大する為に、BASEでECサイトを構築するのは非常に良い選択肢と言えるでしょう。

集客アプリを比較する際の3つのポイント


最後に集客アプリを比較する際のポイントを3つ解説していきます。

これから紹介する3つのポイントを意識して比較・検討することで、アプリによる集客効果を最大化させることが可能です。

費用

集客アプリを開発する際は、どの方法が費用対効果が良いのか確認しましょう。

自社開発であれば初期費用を大きく抑えることが大きなメリットですが、カスタマイズ性が低く、開発までに多くの人員が必要になります。

開発を専門会社に依頼すると初期費用は大きくなりますが、アプリをオリジナルでカスタマイズできて、納品後もサポートを受けることが可能です。

費用対効果が最も良い方法で、集客アプリを開発しましょう。

集客の方法

集客の方法を考慮して、適切な集客アプリを開発しましょう。

例えば実店舗であれば、ポイントカードや来店した際に利用できるクーポンの発行などは相性が非常に良いです。

自社のサービスや商材に対して、どのような集客方法を行えば効果が出て、必要な機能を持ち合わせている集客アプリは何なのかを比較・検討することが重要になります。

アプリを利用する目的

アプリを利用する際は、最初に目的を明確にしておきましょう。

情報発信によるマーケティングが目的であれば、簡単に情報発信ができる集客アプリを利用するべきです。紙媒体で利用していたポイントカードやクーポン券を電子化することが目的であれば、それらを用意できるアプリを開発する必要があります。

どのようなアプリが必要なのか明確にする為に、目的は明確にしておきましょう。

▶絶対に失敗をしない店舗アプリの開発・導入方法について

▶店舗アプリの導入効果を最大限にするために運用面で留意すべきこと

アプリ集客比較:まとめ

本記事では、集客が期待できるアプリを「マーケティング編」と「WEB制作編」で紹介しました。

現在の集客方法は多様化していますが、その中でもアプリの利用は非常におすすめです。アプリを使うだけで集客の幅が広がり、見込み客を捕まえることができます。

特に現在は検索エンジンでお店を調べてから来店する人が非常に多いので、ホームページの制作は必須と言えるでしょう。本記事で紹介した「Wix」や「BASE」というアプリは、プログラミングの知識を持っていない人でも簡単にホームページを作れます。

またBASEであれば、他のWEB制作アプリと比較してEC機能の追加などカスタマイズできることが多いです。

他にも、来店されたお客様を継続顧客にする為のアプリを開発できるツールも紹介しました。これから集客の幅を広げたい人は、是非アプリ開発を検討しましょう。