店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

顧客管理はヘアサロンにおいて重要|内容・メリット・ツールを紹介 アイキャッチ画像

顧客管理はヘアサロンにおいて重要|内容・メリット・ツールを紹介

マーケティング
  • hatena

現在、様々な業界で顧客管理の重要度の高さが露呈し始めています。そしてそれは、ヘアサロンにおいても当てはまるでしょう。
その証拠に、顧客管理に力を入れるヘアサロンやヘアサロンに特化した顧客管理ツールなどが増えてきました。

今回は、ヘアサロンで顧客管理をするメリットや内容、ツールについて解説していきます。

ヘアサロンの顧客管理の内容

ヘアサロンにおける顧客管理の代表的なものとして、「カルテ」があります。

カルテとは、顧客1人1人に必ずある、顧客情報が記載されたもののことを指します。
具体的には、

  • 顧客の名前
  • 顧客の住所
  • 顧客の髪質
  • 顧客の施術内容
  • 顧客のプライベートな情報

などの情報が記載されています。

カルテは特定のスタッフが確認するのではなく、多くの場合、担当者以外のスタッフにも共有されます。多くのスタッフの間でカルテが共有されることで、担当者が変更になった際などに顧客に同じ質問を繰り返すことがなくなります。
また、前回の来店から長い期間が空いたとしても、カルテで情報が共有されていることによって顧客に対してスムーズな接客をすることが可能になります。

カルテによって顧客管理が徹底され、スムーズな接客が可能になれば顧客の不満を解消し満足度を高めることにつながるでしょう。また、髪質や髪型の好み、プライベートな情報を把握し、会話に織り交ぜることにより、自分が特別扱いされているという感覚を顧客側に引き起こすことができるため、ロイヤルティが向上しリピートにつながるでしょう。

住所に関しては、定期的にヘアサロンのクーポンや新情報が載ったチラシを送ったり、顧客の記念日にお祝いのはがきを送ったりする際に役立てることができます。これらの場合も顧客ロイヤルティの向上が期待できます。

ヘアサロンで顧客管理をするメリット

ヘアサロンで顧客管理を徹底することは利益の増大に大きく影響します。

顧客の情報を正確に、詳細に把握しておくことで、顧客のニーズを把握することができるため、カット、パーマ、カラー、その他のサービスなど新たな提案をすることにつながり、顧客が提案を受け入れた場合、客単価が上がるため、売上の向上に直結します。

また、顧客のニーズにしっかりと答えていくことで顧客の満足度は向上し、リピート率を上げることができます。リピート率を上げることができれば、顧客は長期間にわたって通ってくれるようになるため、長期的に安定した売り上げを作ることができるでしょう。

さらに、先述にもある通り、顧客の住所やメールアドレス、SNSのアカウントなどを把握しておくことで、新情報の告知、記念日のお祝いなど、様々な経路からアプローチをすることが可能になり、より顧客満足度を向上させたり、離れかけていた顧客を呼び戻したりすることが可能になるでしょう。

ヘアサロンで顧客管理を徹底することは、集客・販売を大きく促進し、顧客満足度の向上に大きく貢献します。ヘアサロンで顧客管理をすることであらゆる側面から利益の増大、事業の発展につながるということは間違いありません。

ヘアサロン向け顧客管理ツール①:LIME

「LIME」は、LIME株式会社が提供するヘアサロン向け顧客管理アプリです。

シェア率は業界内でNO.1を誇り、多くのヘアサロンで使用されています。

主な機能は以下の通りです。

  • 予約時の席数超過アラート機能
  • ホットペッパー連携
  • セキュリティ・・・ワンタイムパスワード生成/顧客情報ロック/顧客情報権限機能
  • 顧客管理・・・プロフィール/お気に入り登録/顧客自身によるカルテ登録/顧客の来店データ
  • カルテ管理・・・写真保存/メモ/スケッチ/アシスタントメモリ
  • カルテ共有・・・施術写真/ヘアケアメモ
  • 予約管理・・・プライベート予定作成
  • ネット予約・・・URL予約/アプリ予約/ライン予約/クーポン・メニュー作成
  • 相談予約
  • 来店周知通知
  • LINEとの連携
  • プロフィール作成・・・インスタ連携/YouTube埋め込み/衛生管理表示
  • 顧客のレビュー投稿・・・返信機能/インスタ画像作成
  • 美容師の紹介文投稿
  • 売上レポート・・・サロン全体/スタイリスト/来店履歴/CSVダウンロード
  • LTVレポート
  • メッセージ
  • 一斉送信
  • カード決済
  • 新規集客機能
  • 自動オススメメニュー提案
  • 予約日程の自動提案

ご覧の通り多くの機能が含まれており、カルテとしては十分すぎる内容となっています。

LIMEはAppStore、Googleplayにて配信されており、スマホで利用できます。

ヘアサロン向け顧客管理ツール②:coming-soon

「coming-soon」は株式会社カミングスーンが提供するヘアサロン向け顧客管理サービスです。

株式会社レスイズモア、美容室TICK-TOCK、株式会社ノンストレスなど、多くのヘアサロンで導入された実績があり、いずれの場合も客単価やリピート率の向上に大きく貢献しています。

coming-soonは、ネット予約に特化しており、すべての年齢層、あらゆるデバイスに対して対応しています。
具体的には、

  • 予約アプリ
  • Web予約
  • 空メール予約

の3つの予約システムがあります。

予約アプリはAppStore、Googleplayで配信されており、ID・パスワード、事前の会員登録が不要で簡単に予約をすることが可能です。美容師の写真と説明が分かりやすく載っており、安心して選択することができます。また、候補日を並べながら検討することができるカレンダーによってスムーズな予約が可能です。さらに、サロンに関するあらゆる情報を見たり、プッシュ通知をすることができ、集客や販促に大きく役立つでしょう。また、サロンとの連携もできるため、顧客のデータをつなげることができます。

Web予約は、サロンのホームページで発行されるURLから予約を受け付けるという予約システムです。予約アプリ同様、事前の会員登録が不要な予約や高機能なカレンダーがあり、機能性は高いと言えます。Facebookとの連携ができるため、Facebookから予約を受け付けることも可能です。

空メール予約は、予約用のメールアドレスに空メールを送ることによってワンタイムのURLが発行され、そのURLからの予約ができるという予約システムです。メールを使いがちな高齢者であっても簡単にネット予約が可能になります。

顧客管理の質がヘアサロンの売り上げを左右する

ヘアサロンにおける顧客管理について詳しく解説してきました。

ヘアサロンは他の業界と比べ、顧客との距離が近く、より徹底した顧客管理が必要となります。容姿に関するニーズは顧客1人1人によって大きく異なるため、顧客管理を怠っているとニーズにしっかりと答えることができなくなり、離脱率を上げる原因となってしまうでしょう。

顧客管理を徹底すれば、顧客満足度は大きく向上するため、リピート率、顧客ロイヤルティの向上に貢献し、最終的には利益の増大、事業の発展につながることは間違いありません。

今回紹介したヘアサロン向け顧客管理ツールを使用すれば簡単に質の高い顧客管理をすることが可能になります。ヘアサロンの顧客管理で課題を抱えている方の参考になれば幸いです。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る