店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

CRMがアパレル業界を救う|メリット・事例・おすすめツールを紹介 アイキャッチ画像

CRMがアパレル業界を救う|メリット・事例・おすすめツールを紹介

マーケティング
  • hatena

今までのアパレル業界には、オンラインで衣類を販売すれば売れるという流れがありました。しかし最近は、その勢いも衰えてきています。

この不況の中で、しっかりと売り上げを上げるためには顧客管理を強めていく必要があるでしょう。

そこで今回は、アパレルにCRMを導入することについて解説していきます。

CRMをアパレルに導入するメリット

CRMをアパレルに導入することの一番のメリットは、顧客に対する理解を深め、良好な関係を構築できることです。
顧客1人1人に寄り添った営業を行うことはアパレルにおいてかなり重要度が高いと言えます。

では、良好な関係を構築することは、具体的にどのような影響を与えるのでしょうか?

リピーターを獲得する

顧客の情報を管理し、1人1人に合ったアプローチをすることで再度利用してもらえる可能性が高まります。

顧客1人1人に寄り添ったアプローチの例としては、

  • 顧客のニーズにマッチした商品を宣伝する
  • 顧客の個人的な記念日にキャンペーンを行う
  • 以前購入した商品と組み合わせられる衣類を宣伝する

などが挙げられます。

リピーターはファンになりやすく、何度も購入を繰り返しているうちにロイヤルカスタマーへと育成することができるため、中・長期的な安定した利益をもたらしてくれます。

顧客満足度を分析できる

いいかげんな顧客管理をしていると、顧客が商品・サービスにどれくらい満足しているかが分かりづらくなります。

しかし、CRMで顧客の分析を行っていれば顧客満足度が可視化できるため、顧客のニーズや不満が分かり、顧客満足度の向上につなげることができます。

新規顧客の獲得にかかるコストを削減できる

CRMを導入し、顧客管理を行えば、既存の顧客のロイヤルティを上げることができます。先述にもありますが、ロイヤルカスタマーはお店に中・長期に渡って安定した利益をもたらしてくれます。

既存の顧客のロイヤルティを上げられるようになれば新規顧客に対する依存度が下がるため、新規顧客の獲得にかかるコストを削減することができます。

CRMをアパレルに導入するならツールを利用しよう

アパレル業界では、ノートに顧客の情報を記入して管理するという店員が多くいます。しかし、手書きのノートによる顧客情報の管理は多くのデメリットを抱えています。

顧客ノートのデメリットは以下の通りです。

  • 労力がかかる
  • 分析がしづらい
  • 容量に限界がある
  • 引き継ぎが難しい
  • 紛失のリスクがある

これらのデメリットをすべて解決してくれるのがCRMツールです。CRMツールは、他サービスとの連携やデジタルの入力によって顧客の情報を収集するため、少ない労力しかかかりません。さらに、CRMツールには高度に分析するための多くの機能がついていたり、ツールの運営元によるサポートなどが充実していたりするため管理した顧客の情報を良好な関係構築に上手く活用することができます。

CRMのツールを利用するには料金を払わなければなりませんが、導入したことで得られる利益を考えればリスクはないでしょう。

CRMツールの選定には注意が必要です。現在は様々なCRMツールが登場しているため、

どれが自分の店舗に適しているのかを見極めることが難しくなっていています。間違った判断をしてしまうと、無駄にコストをかけるだけになってしまいます。

そこで、ここからはアパレルにおすすめなCRMツールを2つ紹介します。ぜひ、参考にしてみて下さい。

アパレルにおすすめなCRMツール①eセールスマネージャー

1つ目のアパレルにおすすめなCRMツールは「eセールスマネージャー」です。
ソフトブレーン株式会社が運営するeセールマネージャーは、顧客の情報を可視化することでこまめなマーケティングを実現し、営業のパフォーマンスを最大化することに役立ちます。

eセールスマネージャーの機能は以下の通りです。

  • レポーティング
  • 予実管理
  • アクション管理
  • アラート機能
  • タイムライン
  • マルチデバイス対応

これらの機能は、業務負担の削減・時短、情報の把握・共有、戦略検討に大きく役立ちます。

数多くのアパレルの店舗に導入されたという実績もあり、導入した店舗からは、「営業利益が5倍になった」「情報の見える化でマーケティングがスムーズになった」などの成果が報告されています。

eセールスマネージャーには3つのプランが用意されていて価格やサービス内容が異なります。
3つのプランは以下の通りです。

  • スケジュールシェア・・・月額1000円~
    →案件情報や商談情報の登録・参照以外の機能を活用できるライセンス
  • ナレッジシェア・・・月額2000円~
    →履歴などの参照を行うライセンス
  • スタンダート・・・月額6000円
    →顧客管理・営業管理に必要な基本機能をすべて利用できる

以上が1つ目のアパレルにおすすめなCRMツール「eセールスマネージャー」についてでした。

アパレルにおすすめなCRMツール②SHOP FORCE

2つ目にアパレルにおすすめのCRMツールは「SHOP FORCE」です。
SHOP FORCEが運営するSHOP FORCEは、顧客管理・分析によって店舗経営のDXの実現に大きく役立ちます。

SHOP FORCEでは、

  • アプリをインストールしてもらえない
  • 顧客1人1人に合ったアプローチができない
  • リピート率や顧客からのフィードバックを拾う手段がない

といった店舗の悩みを解決するような機能をそろえています。

具体的な機能は以下の通りです。

  • 利用状況分析
  • ダッシュボード
  • 顧客台帳
  • 購買状況分析
  • 顧客ランキング作成
  • スタンプ&ポイントカード
  • ランクアップ制度
  • EC連携
  • 自動プッシュ通知
  • ミニゲーム
  • アンケート
  • SNSキャンペーン

SHOP FORCEは、顧客体験を最適化するために、ニーズに合った3つの導入形態を用意しています。
1つ目は200万ダウンロードされた店舗向けのプラットフォームアプリ「Stamps」を導入するという形態の「プラットフォーム型」で2つ目は店舗独自のアプリを開発する「オリジナルアプリ開発」、3つ目は既に運営しているアプリに必要な機能を追加していく「アドオン型」です。

SHOP FORCEは多くのアパレル・飲食店・小売・ドラッグストアに導入されています。ツール使用の継続率は98.4%を誇っており、顧客満足度の高さが伺えます。

以上が、2つ目にアパレルにおすすめのCRMツール「SHOP FORCE」についてでした。

CRMはアパレルに役立つ

今回は、CRMをアパレルに導入することについて解説しました。

CRMをアパレルに導入すると、顧客の管理や顧客との関係構築の質が向上するというメリットを得ることができます。

これからの時代のアパレル業界は、様々な競合が現れることが予想できます。例えば、最近では格闘家の間でブランドを立ち上げることが流行っていて、多くの格闘家が自分でプロデュースしたアパレル商品を販売しています。

このように、ライバルが増えていく状況下では、既存の顧客を如何に自分のお店のファンにし、リピートしてもらうかが生き残っていく鍵となります。

アパレルの店舗で顧客管理がおろそかになっている場合はCRMを導入することを強くおすすめします。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る