店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

CRMツールはどれを使えばいい?おすすめのCRMツールを紹介 アイキャッチ画像

CRMツールはどれを使えばいい?おすすめのCRMツールを紹介

CRM
  • hatena

現在は、顧客満足度の向上を目指してCRMツールを導入する企業が増えてきました。
しかし、数多くのCRMツールが世に出回っているため、一体どれを利用すればいいのか分からなくなることは珍しくありません。

そこで今回は、おすすめのCRMツールをいくつか紹介していきます。

CRMツールおすすめ①:SHOP FORCE

おすすめのCRMツール1つ目は、「SHOP FORCE」です。SHOP FORCEが運営するCRMソリューションで、顧客のロイヤルティの向上に大きく役立ちます。

飲食店、アパレル、サロン、美容室など、様々な業種の店舗で導入されており、「SHOP FORCEを利用したことで顧客満足度が向上した」という声も数多く上がっています。

主な機能は以下の通りです。

  • ダッシュボード
  • 顧客台帳
  • 利用状況分析
  • 勾配状況分析
  • アンケート
  • スタンプ&ポイントカード
  • 自動プッシュ通知
  • EC連携
  • 顧客ランキング作成
  • ランクアップ制度
  • SNSキャンペーン
  • ミニゲーム

これらの機能は、店舗側の問題点や顧客の不満な点を解消してくれます。
SHOP FORCEを利用し顧客の分析やメリットの提供を徹底的に行えば、質の高い顧客体験を実現することができ、高い確率でリピーターやロイヤルカスタマーの育成につなげることができます。

SHOP FORCEのサービスは、200万ダウンロードされているプラットフォームアプリのStampsを利用する「プラットフォーム型」と、独自のアプリを制作する「オリジナルアプリ開発」、運用中のアプリに機能を追加する「アドオン型」の3つの中から適切な導入形態を選択することができます。

以上が1つ目のおすすめCRMツール「SHOP FORCE」についてでした。

CRMツールおすすめ②:eセールスマネージャー

 

おすすめのCRMツール2つ目は「eセールスマネージャー」です。eセールスマネージャーは、「営業」の分野で専門的な知識・スキルを持った株式会社ソフトブレーンが提供する純国産のCRM/SFAツールです。

eセールマネージャーは、様々な業種、規模の5000以上の企業に導入されたという実績を誇っており、定着率は95%を超えています。一般的なCRMツールの定着率が20%であることから、定着率95%のeセールスマネージャーはツールの導入から運用までのサポートが充実していることが分かります。

eセールスマネージャーのCRMに役立つ機能は以下の通りです。

  • 顧客管理
  • ターゲティング
  • リードナーチャリング
  • スマホアプリ
  • 基盤システム・データ連携

細かい分析を行い、マーケティングに活用することが可能です。

さらに、

  • 名刺・人脈管理
  • 情報共有
  • 商談管理
  • 案件管理
  • スケジュール管理
  • 予実管理

など、これらはほんの一部ですが、eセールスマネージャーには営業支援機能が数多くついているため、SFAツールとしても質の高いサービス内容となっています。

また、eセールスマネージャーのユーザー向けのセミナーが多く開催されていて、ただ単にツールを導入するだけでなく、ツールをうまく利用する方法や集めた顧客の情報の使い方などの部分においてもしっかりとサポートしてくれます。

以上が2つ目のおすすめCRMツール「eセールスマネージャー」についてでした。

CRMツールおすすめ③:Senses

おすすめCRMツール3つ目は「Senses]です。Sensesは、株式会社マツリカによって運営されています。

Sensesの主要機能は以下の通りです。

  • 外部情報(取引先企業概要・プレスリリース・有価証券報告書・財務情報)の取得。
  • 行動履歴の管理・登録
  • コメント機能
  • レポート機能
  • マルチデバイス対応
  • サポート機能

Senses公式サイトでは、ユーザーの業種、会社の規模、営業タイプなど細かい場面に対応した機能の使い方が紹介されています。数多くの場面に対応しているため、大多数のユーザーはSenses公式サイトで紹介されている使い方を参照すれば問題を解決できるでしょう。

Sensesには、無料トライアル期間を申し込むことができるため、本格的に利用する前に自分の業種・業態に合っているのかや運用する上でのサポートは充実しているのかを見極めることができます。

また、株式会社マツリカはSensesのユーザーに向けてセミナーを開催しています。CRMを導入し活用することについてやビジネス全般のことについてなど、幅広い分野のことを解説しています。中には無料のオンラインセミナーなどもあるため、気軽に参加することができるでしょう。

以上が3つ目のおすすめCRMツール「Senses」についてでした。

CRMツールおすすめ④:Zoho CRM

おすすめCRMツール4つ目は「Zoho CRM」です。Zoho CRMは、ゾーホージャパン株式会社が運営するクラウドCRM/SFAツールです。

Zoho CRMは、全世界の15万社に導入された実績を持つCRMツールです。Apple StoreやGoogle Playのアプリの評価はかなり高く、5段階で評価されるレビュー欄で4~4.5の評価を獲得しています。

Zoho CRMには、

  • 情報が一元的に管理できていない
  • 営業にかける時間が足りない
  • 顧客対応のミスが発生している
  • レポート作成に手間がかかる
  • 営業してもなかなか商談につながらない

といったトラブルを解決するための機能が豊富に含まれています。

具体的な機能は以下の通りです。

  • 顧客管理
  • セールスオートメーション
  • マルチチャネルコミュニケーション
  • 分析機能
  • カスタマイズ機能
  • マーケティングオートメイション機能
  • チームコラボレーション機能
  • 人工知能
  • セキュリティ
  • モバイルアプリ
  • 他のツールとの連携

豊富な機能に加え、モバイルアプリや名刺読み込みアプリ、コンサルティング、開発支援などとの連携がとれるため、万全の状態でCRMツールを導入することが可能です。

Zoho CRMは15日間のお試し登録ができ、お試し登録が終わった段階からカタログのダウンロードや見積もりの問い合わせ、プランの検討ができるため、安心して使い始めることができます。

以上が4つ目におすすめのCRMツール「Zoho CRM」でした。

CRMツールは会社に合ったものがおすすめ

CRMツールを導入する企業のうち80%は継続的な利用をしないことが分かっています。この事実から分かることは、多くの企業は会社に適していないCRMツールを選んでしまっていたり、上手く活用できずにいたりするということです。

会社に適していないCRMツールを導入したり、CRMを上手く活用できなかったりすると、それだけで費用、労力、時間などのコストを無駄に費やしてしまうことになります。さらに、CRMツールが活用できず、十分なCRMができないとなればマーケティングへ大きなダメージを与えることになる可能性もあります。

CRMを導入する際は、会社に適した機能が揃っているのか、導入後のサポートは充実しているのかという点をしっかりと考慮した上で選ぶことをおすすめします。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る