店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

デジタルトランスフォーメーションとは?導入するメリットや活用方法を解説! アイキャッチ画像

デジタルトランスフォーメーションとは?導入するメリットや活用方法を解説!

マーケティング
  • hatena

ネット環境の拡大やスマホの普及によって、現代社会のデジタル化が急激に進んでいます。企業はこの状態に対応しないと、競合他社との競争に負けてしまう可能性があります。そこで行うべき施策が「デジタルトランスフォーメーション」です。今回はこのデジタルトランスフォーメーションについて詳細を解説していきます。

デジタルトランスフォーメーションとは?

デジタルトランスフォーメーションとは? イメージ画像

デジタルトランスフォーメーション(DX)とは、IT技術を利用してビジネス全般を効率化して、事業の優位性を高めていく施策のことです。特定の部分のみをデジタル化するのではなく、企業、ひいては社会全体をデジタル化して発展させていく意味合いを含んでいます。デジタルトランスフォーメーションの概念は、実は2000年代前半に提唱されています。初期のデジタルトランスフォーメーションでは、実物でとらえていたものをデジタル化していきました。音楽の演奏をCD化したのはデジタル化の顕著な例ですね。現代ではさらにデジタル化が進み、CDで聞いていた音楽をネット上でダウンロードできたり、動画サイトで視聴するといった新たなフェーズに突入しています。スマホの普及によって、個人が簡単に映像作成を行えるようになった等、社会全体がデジタル技術によって大きく変わってきています。

一般社会が急速にデジタル化していく中、各業界の企業もデジタル化に対応していかなくてはいけません。たとえば、現代の企業でガラケーのみを利用している企業では、スマホを利用してやり取りをしている企業よりも格段に業務スピードが落ちますね。競合他社との競争に勝ち残っていく上で、企業全体のデジタル化は避けては通れないものになってきているのです。

デジタルトランスフォーメーションを導入するメリット

デジタルトランスフォーメーションを導入するメリット イメージ画像

企業がデジタルトランスフォーメーションを導入するメリットとして、下記の点が挙げられます。

  • 各部門の生産性を高められる
  • 情報を効率的に活用できる
  • 消費者の行動・ニーズ変化に柔軟に対応できる

各部門の生産性を高められる

デジタルトランスフォーメーションを導入することで、各部門の生産性を高めることが可能になります。従来、アナログで行っていた部分をデジタル化すれば、業務にかける時間を短縮できるので、生産性を高められる訳です。この事象は、実は歴史的に見ると人間がたどってきた軌跡でもあります。現代はデジタル化によって生産性を高められますが、約100年前には石油、更に遡れば石炭によって、工業の自動化が達成され、生産性が高まりました。新たな技術を導入することで、生産性が上がるのは人類の歴史とも言えるのです。

情報を効率的に活用できる

企業内のデジタル化を進めれば、情報を効率的に管理することが可能になります。たとえば、営業部門が保管していた顧客リストをデジタル化すれば、各部門で簡単に情報共有をすることができます。また、マーケティング部門の調査情報を共有すれば効率的に営業活動が行えますね。全社的に情報を共有するには、情報管理システムの導入が不可欠です。デジタル技術に不慣れな人でも扱えるよう、なるべく操作を直感的に行えるシステムを導入することが肝要になります。

消費者の行動・ニーズ変化に柔軟に対応できる

消費者の行動・ニーズは社会のデジタル化によって非常に流動的になっています。企業がアナログ体制のままだと、行動・ニーズの変化についていけず、競合他社に遅れをとってしまう可能性が高いです。デジタルトランスフォーメーションを進めておけば、消費者の行動・ニーズの変化が起こっても、対応が容易になりますね。

デジタルトランスフォーメーションの事例

デジタルトランスフォーメーションの事例 イメージ画像

デジタルトランスフォーメーションを成功させた事例として、下記の企業が挙げられます。

  • Amazon
  • Microsoft

Amazon

Amazonは書籍や家電、食料品など様々な商品を扱うECサイトとして確固たる地位を築いています。今でこそ扱う商品のジャンルは多いですが、もともと書籍のオンライン販売からスタートした企業でもあります。Amazonの書籍販売サービスが広がる前は、本を購入する手段はもっぱら書店で購入することでした。店頭に置いていない場合は、本屋を通じて注文販売していた時代です。この状態を打破したのがAmazonのサービスになります。家にいながら自分が買いたい本をすぐに注文でき、しかも注文した本が自宅に直接届くという画期的なサービスを打ち出したのです。これは書籍販売をデジタルトランスフォーメーション化した好例といえます。Amazonの成功の後、他の企業は後を追うように書籍のオンライン販売を始めていきました。

Microsoft

Microsoftは、WordやExcelといったOfficeソフトを主力商品として販売してきました。2000年代初頭までは、Officeソフトのライセンスを店頭で販売するスタイルで、ユーザーはライセンスを購入して使用するPCにインストールする必要がありました。ただ、近年はライセンスをインストールするのではなく、クラウドサービスとしてOfficeを提供しています。Officeソフトをクラウドサービス化することで、パソコンにソフトをインストールする必要がなくなり、手間をかけずにOfficeを利用することができるようになりました。またクラウドサービスではデータの共有もクラウド上で行えるので、PC間どうしでデータをやり取りする必要もありません。MicrosoftはOfficeソフトをクラウド化することで、スマホやタブレットユーザーにもOfficeを販売することに成功します。この結果、売上を更に伸ばすことに成功しました。

デジタルトランスフォーメーションで利用するツール

デジタルトランスフォーメーションで利用するツール イメージ画像

デジタルトランスフォーメーションを促進するために利用するツールとして、下記のものが挙げられます。

  • CRM
  • MA

CRM

CRMとは「Customer Relationship Management」の略称で、日本語で「顧客関係管理」という意味です。顧客の基本情報や購買データなど、顧客情報を管理するツールになります。これまでバラバラだった顧客データをCRMによってデータベース化することで、マーケティングや営業活動で効率よく顧客情報を活用できるようになります。

MA

MAとは「Marketing Automation」の略称で、マーケティング業務を自動化するツールになります。マーケティング活動では、顧客開拓のために見込顧客を絞っていく作業がありますが、これをMAを利用することで自動的に絞っていくことが可能になります。デジタルトランスフォーメーションが広がる前は、営業担当が見込顧客を絞っていくことが多かったですが、この場合だと営業担当の腕と経験に依存してしまい、組織全体としての営業力にムラが出てしまうこともありました。MAを利用して分析的に見込顧客を絞ることで、営業担当が商談に集中できる環境を作ることが可能になり、結果的に組織全体の営業力の向上につながっていきます。

デジタルトランスフォーメーションを導入して、競合他社に差を付けよう

デジタルトランスフォーメーションは、これまでアナログだった部分をデジタル化することで、生産性を向上させる施策になります。MicrosoftやAmazonといった大企業も、デジタルトランスフォーメーションを導入することで更なる事業拡大に成功してきました。日本の企業も今後、デジタルトランスフォーメーションを導入するところが増えてくることが予想されます。逆にいうと、デジタル化を後回しにしてしまう企業は、競合他社との競争に敗れてしまう可能性もあります。個人のニーズが多様化していることもあり、柔軟に対応していくにはデジタルトランスフォーメーションによる部門改革が必要となってきます。まずはCRMやMAといったツールの導入からデジタルトランスフォーメーションを進めて、競合他社に差を付けていきましょう。