店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

iOSアプリを開発するには|アプリ開発の流れを解説 アイキャッチ画像

iOSアプリを開発するには|アプリ開発の流れを解説

マーケティング
  • hatena

iOSアプリ開発をしたいけどよくわからないなんて方は多いのでは無いでしょうか。

実はiOSアプリ開発は準備するものが少ないので、手軽に始めることができます。

とはいえ注意すべき点はいくつかあるので大切なポイントをご紹介します。

【開発前の基礎知識】iOSアプリとは

iOSアプリとは イメージ画像
iOSアプリとはスマートフォンやタブレットに使用することができるアプリケーションの一つです。

スマートフォやタブレットにインストールすることができるアプリケーションにはiOSアプリとAndroidアプリの二種類があります。

iOSアプリはiPhoneやIPadなどのApple製品専用で使われるアプリケーションであり、Androidアプリはそれ以外のOSがAndroidのスマートフォンやタブレットにインストールし、使用することができることができるアプリケーションです。

iOSアプリとAndroidアプリの違い

iOSアプリとAndroidアプリはどちらも同じアプリですが、全く別物だと言えます。

OSや開発に必要なプログラミング言語などが違う違うのはもちろんですが、開発からリリースまでの流れに異なる点が多く存在します。

一番大きな違いはiOSアプリには開発したあとのリリースの段階で事前審査があることです。

iOSアプリはAppleが販売管理しているため、開発したとしても事前審査に通らなければリリースすることが出来ません。

Androidアプリではそのような審査は無いので、開発しリリースするのはiOSアプリに比べると比較的自由に行うことができるのが特徴です。

iOSアプリ開発に必要なもの

iOSアプリ開発に必要なもの イメージ画像

iOSアプリ開発をするために準備すべきものが二つあります。

この二つさえ用意してしまえばすぐにでもアプリケーションの開発をスタートすることができるので、準備はこれだけといっても過言ではないでしょう。

ここでは、準備すべき「Mac」と「Xcode」を詳しく解説します。

Mac

iOSアプリ開発するのにまず一番最初に用意すべき物はPCです。

PCにはWindows、Macのどちらを使うべきか悩むと思いますが、iOSアプリ開発においてはMacを用意しなければなりません。

後述しますが、iOSアプリ開発で主流なのがXcodeというツールです。

このツールはMacでしか動作しないので、iOSアプリ開発するうえでMacは必須ともいえるでしょう。

そのため、普段Macを使用しない方は、基本操作から覚えなければなりません。

Xcode

Xcode(エックスコード)とはAppleが提供している統合開発ツール(IDE)です。

AppleIDさえあれば、Appleの公式から無料でダウンロードすることができるので、Macさえ用意してしまえばアプリ開発をすぐにでもスタートすることができます。

このXcodeはMacでしか動作することができないのでMacは必須となります。

合開発環境として、アプリの土台となる部分の構築や動作を命令するソースコードの記述、そしてデバッグまで、一連の作業をすべてXcode上で行うことができます。

また、XcodeはiPhone以外にも、iPadやApplewatchなどのApple製品のアプリ開発をすることができるツールです。

iOSアプリ開発で使うプログラミング言語

iOSアプリ開発で使うプログラミング言語 イメージ画像

iOSアプリ開発に使われるプログラミング言語はいくつか種類があります。

どの言語でも開発することができるのですが、作りたいアプリケーションの企画などによって使用する言語は変わってきます。

自分が作りたいアプリケーションを企画した後に使用するプログラミング言語を選ぶと開発する段階でとてもスムーズに行うことができるでしょう。

Swift

Swiftは2014年からAppleが提供しているプログラミング言語で、iOSアプリ開発では最も使用されている言語です。

Swiftには頻繁にバージョンが更新されるのでどんどん使いやすくなるといったメリットがあります。

JavaScript

プログラミング言語の中でもHTML、CSSと共に基本とされるJavaScriptですが、アプリケーション開発のシーンでもよく使われる言語です。

有名なアプリだとinstagramやSkyeなどもJava Scriptが使用をし開発されています。

C#

C#はマイクロソフトが開発したプログラミング言語で、iOSだけでなく様々なOSに対応しているので、iOSアプリ、Androidアプリの両方のアプリ開発に使われる言語です。

Objective-C

Objective-CはSwiftが提供されるまではiOSアプリ開発で主流だったプログラミング言語です。

最近ではあまり使われるシーンは少なくなってきましたが、2014年まで最も使われていたこともありそのまま使用されることもあるようです。

ただし、コードが複雑で難しいプログラミング言語なので、Objective-Cを使用する機会は少ないです。

iOSアプリ開発の流れ

iOSアプリ開発の流れ イメージ画像

iOSアプリ開発にはルールや流れがあります。

この流れを理解してアプリ開発に取り組むとスムーズに開発からリリースまですることができます。

企画

まずはどんなアプリケーションを開発したいか、どうしたいかを企画するのが大切です。

個人でアプリ開発をする場合にはそこまで細かい企画設計は必要ないことがほとんどですが、ビジネスとしてアプリ開発をする場合には細かい企画設計が必要となるでしょう。

企画設計が甘いとシステム開発の段階でどのようなプログラムを組むべきかぶれてしまうようなケースが多いです。

開発

企画が完了したら次はいよいよプログラミング言語を使用しアプリケーションを開発していきます。

iOSアプリ開発では基本的にはSwiftが使用されている事が多いですが、作りたいアプリケーションによってJavascriptやC#など使用するプログラミング言語を変えていくことが必要となってきます。

動作チェック

自分が作りたいアプリケーションの開発が完了した後は動作チェックです。

アプリケーション開発では、一見見ても動作不良やバグなどが無いように見えて動作チェックを何度かしてみるとバグが発見されると言ったケースは比較的多いです。

そのため、AppStoreにアプリケーションをリリースする前に必ず何度か動作チェックをする必要があります。

iOSアプリ開発には審査が必要

iOSアプリ開発には審査が必要 イメージ画像

アプリケーションの開発までの流れを解説していきましたが、アプリケーションを開発した後には市場にリリースするという段階もまっています。

iOSアプリ開発ではiTunesConnectというiTunesStoreに存在するコンテンツの管理、売り上げの確認を行うことができる場にアプリケーションをアップロードするという作業をする必要があります。

軽く前述しましたが、iOSアプリをiTunesConnectにアップロードしAppStoreにリリースする前にAppleの事前審査が必須となります。

この審査は厳しく、リジェクトされてしまう可能性も低くはありません。

仮にこのAppleの審査でリジェクトされてしまった場合はアプリケーションをAppStoreにリリースすることができません。

審査には、スクリーンショットの選択やアプリのの詳しい説明、年齢制限の指定、検索ワードの設定などの基本的な情報が必要です。

アプリの説明は、アプリの内容に対して年齢制限の指定が不適切であったり、関連性の薄い検索ワードを指定してしまうと、審査でリジェクトされる可能性があるので気を付けましょう。

また、この審査には年間US$99で配布されているApple Developer ProgramというAppStoreでアプリケーションをリリースするための開発ライセンスが必要となります。

この開発ライセンスはAppleIDとクレジットカードさえあればAppStoreからすぐにダウンロードすることができます。

iOSアプリ開発のまとめ

開発からリリースするまでの流れさえ理解してしまえば、とても簡単にiOSアプリの開発をスタートすることができます。

最後にiOSアプリ開発に重要な3つのポイントをおさらいします。

・iOSアプリ開発はMacさえあれば後は無料で始めることができる。

・iOSアプリ開発で最も大切なのはアプリ開発の前に企画

・アプリケーションを開発した後のリリースするためにはApple Developer Programにライセンス申請する必要がある。

以上の三つのポイントを抑えておけば初めてiOSアプリの開発をする方もスムーズにアプリケーション開発をスタートすることができることでしょう。

iOSアプリ開発はMacさえ揃えてしまえばスムーズに開発することができるので、チャレンジしてみましょう。