店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

実際はどんな作り方?androidアプリの作り方について解説! アイキャッチ画像

実際はどんな作り方?androidアプリの作り方について解説!

CRM
  • hatena

「Androidアプリを作りたいけれど、具体的な作り方が分からない」

このような悩みをお持ちの方、いらっしゃると思います。androidアプリのニースは年々高まってきており、作り方を知っておくだけでも何かと便利です。本記事では、Androidアプリの作り方について、情報をまとめていきます。

Androidアプリの作り方は複雑なのか

Androidアプリの作り方は複雑なのか イメージ画像

Androidアプリの作り方は、複雑といえば複雑です。というのも、アプリ開発でプログラミング言語を利用するからです。作り方を詳細に理解するためには。プログラミング言語の理解が必須となります。Androidアプリ開発で使うものは、具体的に下記の3つです。

・パソコン
・Android Studio(もしくはEclipse)
・Jave(もしくはKotlin)

まずAdroidアプリを開発するにはパソコンが必須です。パソコンのOSはMac、Windows、Linuxのいずれか使いやすいものを選択してください。また、Androidアプリを作るには「開発環境」を整えないといけません。Androidアプリを開発する際は「Android Studio」もしくは「Eclipse」と呼ばれるプラットフォームを利用しますが、全体的にはAndroid Studioを利用するエンジニアが多いです。Android Studioは、公式ホームページより無料でダウンロードすることができます。

Androidアプリの開発では、「Java」と呼ばれるプログラミング言語を使うのが主流です。Javaは20年以上前から存在するプログラミング言語で、アプリのみならずWeb構築や携帯機器を作る際にも利用される凡庸性の高いプログラミング言語です。

近年は「Kotlin」と呼ばれるプログラミング言語も利用されるようになってきました。Kotlinは2011年に開発された比較的新しいプログラミング言語です。2017年にGoogleがAndroidアプリの公式開発言語として選定して話題となりました。Javaよりもコードがシンプルで分かりやすい点が特徴です。Androidアプリの開発では、まだJavaの地位は揺らぎませんが、今後Kotlinの広がりで勢力図が変わってくるかもしれません。これからAndroidアプリ開発のためにプログラミングの勉強を始める方は、Kotlinの学習も進めることをおすすめします。

Androidアプリの作り方

Androidアプリの作り方 イメージ画像

Androidアプリを作り方は、おおまかに下記の流れとなっています。

①環境構築

前述した通り、まずばパソコンのアプリ開発環境を構築していきます。使用しているパソコンにAndroid Studioをインストールして、Androidアプリの開発環境を整備します。

②企画

次に、どんなAndroidアプリを作りたいか企画を立てますたてま。Androidアプリの作り方の中で、もっとも肝になる部分といっても過言でないです。アプリの機能や使用目的、使用する人、収益化の方法など具体的に詰めていきます。

③開発

企画が完了したら、実際にプログラミングコードを入力して開発を進めていきます。アプリ開発の際に使用するコードは専門的な内容になるため、ここでの解説は省略しますが、Javaが比較的難度の高いプログラミング言語であるため、相応の学習・経験は必須です。まだプログラミングの知識や経験が浅い場合は、プログラミングスクールや通信教材を利用して、知識の拡充を行いましょう。

④検証

開発が完了したら、作成したアプリが正常に機能するかどうか検証を行います。コードが正しく入力できていそうに見えても、実際にアプリを起動すると正常に動かない、バグが発生する等、問題点が出てくる可能性があります。開発したアプリをAndroid端末にインストールして、動作を確認するのが確実ですが、エミュレーターと呼ばれるPC上の仮想Android端末を利用することも可能です。

⑤リリース

検証の結果、Androidアプリに問題がないと判断したら、いよいよアプリのリリースです。AndroidアプリはGoogle Playでリリースするのが一般的となります。Google Playでアプリを公開するには、

①Googleデベロッパーのアカウントを作成
②パッケージファイルを準備(デジタル署名されたもの)
③Google Playにアプリを登録

という手順を踏みます。Googleデベロッパーに登録するには「$25」の登録料が必要ですが、一度支払えばその後料金を払う必要はありません。

Androidアプリの作り方次第で収益可能

Androidアプリの作り方次第で収益可能 イメージ画像

Androidアプリを開発したら、次に「収益化」を考えていかないといけません。収益化はAdroidアプリの作り方次第で変わってきます。具体的に言うと「どのような収益化方法を作り方に反映させるか」という点で、異なってきます。

Androidアプリを収益化する方法として、下記のものが挙げられます。

・ダウンロードの有料化
・アプリ内の広告設置
・アプリ内での課金
・定額課金

ダウンロードの有料化は、もっともシンプルな収益化方法ですが、リリースしたアプリの知名度が低い段階で有料化を行うと、ダウンロードそのものをしてもらえない可能性があるので、要注意です。有料化を行うのであれば、ある程度アプリのダウンロード実績が詰まれ、一定評価を得た後の方が無難です。

アプリ内の広告設置は、無料アプリを収益化する方法として採用されています。ユーザー側も料金を支払う必要がなく、互いに金銭のやり取りをせずに収益化することができます。ただ、広告の量が多すぎると、アプリが使いづらくなるので、設置場所や広告量は調整しないといけません。

アプリ内での課金、定額課金は、ゲームアプリの収益化でよく使われる手法です。ユーザーがより快適に、充実してアプリを使える機能を課金制にすれば、自然とユーザーからお金を集めることができます。ただ、こちらもあまりに課金制の部分が多くなると、無料で行える範囲が狭くなり、ユーザーから低評価を受けることがあるので注意してください。

未経験からAndroidアプリの作り方を理解できるか?

未経験からAndroidアプリの作り方を理解できるか? イメージ画像

プログラミングの完全初心者の方が、Androidアプリの作り方、特に「プログラミング」の部分を理解するのは、相応の時間と努力が必要です。Androidアプリの開発で使用するJavaは、他のプログラミング言語と比べて難易度が高いため、完全初心者の方が独学でマスターするのは少々敷居が高いです。特に、アプリ開発でエラーが発生した際に、独学で勉強していると「どのコードが間違っているか分からない」という事態に陥りがちです。

Javaを使ったAndroidアプリに作り方を学ぶなら、最初は「プログラミングスクール」を利用するのをおすすめします。中でも、一人ひとりに個別で教えてくれるタイプのプログラミングスクールがベストです。自身が書いたコードを添削してもらって、どの部分でエラーが出ているのか、すぐに確認することができます。間違っているコードを修正していく中で、次第に正しいコード入力のポイントを掴むことが可能です。最近は、家にいながらリモートでプログラミングの指導が受けられるところも増えてきました。在宅でプログラミングを学べれば、仕事で忙しいサラリーマンの方でも無理なくAndroidアプリの作り方を学ぶことができますね。

まとめ:Androidアプリの作り方を学んでいこう

Androidアプリの作り方で肝になるのは、Javaをはじめとしたプログラミング言語です。プログラミング言語を理解した上で、アプリの企画を行えれば、より具体的な提案ができるようになります。未経験の方でも、勉強を積めば十分習得可能です。今回紹介した作り方の手順を踏まえた上で、プログラミング言語の知識を拡充していきましょう。

Androidアプリの作り方をプログラミング面でも把握できていれば、エンジニアとも具体的なやり取りができます。プロのエンジニアとまではいかなくても、マーケティング担当など他の部署の人間がプログラミングの知識を持っていると、会社全体としての意思疎通もスムーズになります。これを機に、プログラミングの勉強を始めてみることを強くおすすめします。