店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

店舗アプリと機能を解説!お店の運営に活かす方法とは。 アイキャッチ画像

店舗アプリと機能を解説!お店の運営に活かす方法とは。

OMO
  • hatena

飲食店などでは店舗アプリを導入すると、集客に効果的です。現在、さまざまな店舗アプリがあり、導入に迷っている経営者もいるかもしれません。

そこで、この記事では店舗アプリと機能について解説します。ぜひ、お店のマーケティングに活かしてください。

店舗アプリと機能・選び方について

店舗アプリとは、顧客からスマートフォンにアプリをダウンロードしてもらい、お店の集客や販促を効率的に行うツールです。すでに多種多様な店舗アプリが提供されており、そのアプリと機能を駆使すると、これまでより簡単な集客が可能となります。

また、一般的な店舗アプリの機能には、「スタンプ機能」「クーポン機能」「プッシュ通知機能」「顧客管理機能」などが備わっており、リピーターの育成に効果があります。

店舗アプリの選び方

店舗アプリを導入するにあたり、検討して欲しいことは「本当に必要な機能」は何かです。いくらアプリと機能が優れていても、店舗運営に不要なものや導入効果の薄い機能があると費用対効果が見合わないでしょう。

たとえば、顧客とメッセージがやり取りできる機能を備えていても、こまめな返信ができなければ集客に逆効果です。

また、店舗アプリの導入には初期費用や月額利用料などがかかります。複数の店舗を経営している場合は店舗数で料金が変わることもあり、予算の捻出もポイントです。

さらに、導入するアプリに実績があるかなども、店舗アプリ選びのコツとなるでしょう。機能やサービス内容により、強みを活かせる業種が異なるため同業者から選ばれている店舗アプリを検討してください。

有名な店舗アプリと機能を紹介

ここからは、有名な店舗アプリと機能を紹介します。

GMOおみせアプリ(GMOデジタルラボ株式会社)

「GMOおみせアプリ」は、ロイヤルカスタマーを育てることに強みがある店舗アプリです。プッシュ通知によるタイムリーな情報発信や、ユーザーの来店状況に応じてランクアップ・優待の仕組み作りなどでロイヤルカスタマーを育成していきます。ロイヤルカスタマーの育成に重点をおくことで新規顧客の獲得よりも低コストで効率的な販促を実現します。

さらに、データ活用によりセグメントごとのクーポンの発行やニュースの配信が可能です。このようなアプリと機能が好評であり6,000店舗以上が導入しています。

UPLINK(株式会社USEN)

「UPLINK(アプリンク)」は、デジタルチケット、デジタルスタンプカード、プッシュ通知、マーケティング機能など、多彩な機能を提供している店舗アプリです。プランにより活用できる機能は異なるものの、プレミアムプランで契約することで全ての機能が使えるようになります。

また、サポート体制も充実しており、専任の担当者からのサポートやアプリの継続的な運用代行などを活用することが可能です。

Piece(ジョーカーピース株式会社)

「Piece」も機能性に優れる店舗アプリです。幅広い機能から必要な機能を選べることで、コストを抑えた店舗アプリの導入につながります。また、アプリと機能には拡張性があり、カスタマイズして使うこともできます。今必要なアプリとして導入するだけではなく、未来を見据えたアプリの活用ができるでしょう。

なお、ほかの店舗アプリより導入費用が安くなっており、その点も魅力のひとつです。

店舗アプリと機能の有効的な活用方法

店舗アプリと機能は幅広く提供されていますが、有効的に活用するには以下を使ってみましょう。

GPS機能の採用

GPS機能を活用すると、ユーザーが所在する場所の最寄り店舗からの配達が可能となります。通常、デリバリーサービスを利用するユーザーは自宅やオフィスなどに限られます。

しかし、GPS機能によりユーザーの位置情報を取得することで、最寄り店舗からの配達が可能となるわけです。ユーザーとしては最寄り店舗に連絡する必要がないため、利便性が高まります。複数の店舗の運営と、デリバリーサービスを提供している場合には有効な機能でしょう。

入店予約機能

入店予約機能は、その名の通りユーザーが入店する時刻を予約する機能です。ユーザーは待ち時間が長いとストレスを感じることが多く、待ち時間の大幅なカットしたい場合は有効な機能です。

テイクアウトの予約もできるアプリであるならば、より幅広いユーザーの取り込みも可能となるでしょう。店舗の混み具合が顕著な時間帯があるならば、このようなアプリと機能のあるものを使うといいでしょう。

クーポンの配布

店舗アプリの機能として、クーポンの配布は活用したいところです。バースデークーポン、利用料金の割引クーポン、期間限定のクーポンなどさまざまな施策ができることで、リピーターや新規顧客の獲得つながります。当日限定など使用期限の短いクーポンを発行すれば、売上げにも即効性がでるでしょう。会員カード(ポイントカード)が組み込めるアプリであれば、さらに顧客の囲い込みに効果が期待できます。

店舗アプリと機能のメリット

店舗アプリと機能の主なメリットは以下のとおりです。アプリと機能のメリットを把握したうえで導入を検討しましょう。

開封率が高く集客に効果的

店舗アプリと機能を活用することでさまざまな情報を顧客に配信することが可能ですが、開封されなければ意味がありません。

スマートフォンのネイティブアプリであれば、ユーザーに通知が届くためDMやメールマガジンよりも圧倒的に開封率が高いです。プッシュ通知はとても短いメッセージの表示ですが、アプリ機能にリンクするとユーザーをアプリ内に導き、新しい情報を常にみてもらうことが可能です。

SNSと連携したマーケティングができる

今やTwitterやInstagramなどのSNSは、情報インフラとして欠かせないツールになってきました。そのため、店舗アプリと機能をSNSと連携させることも重要です。特に小売店や飲食店はユーザーと直接的に向き合うため、SNSの活用も大事なマーケティング活動となります。

SNSとアプリを連携させて、常に最新情報やクーポンなどユーザーにとって有益な内容を配信していくとユーザーの獲得や育成に効果が出てきます。アプリ内から特定のページにアクセスできるリンクを埋め込んで、アプリユーザー限定のクーポンを発行するなども集客に効果的です。

ユーザーの分析がしやすい

導入する店舗アプリにもよりますが、店舗アプリではユーザーがアプリ内でどのような行動をとったか記録が残ります。アプリ内のコンテンツの閲覧、アプリからECサイトでの購入履歴、プッシュ通知の開封率、クーポンやポイントの利用状況など、さまざまなデータを分析すると、顧客ロイヤリティの向上に活かせるでしょう。

ユーザーの行動を適切に分析することは、ユーザーにマッチングするマーケティング施策の実行に役立てることができて、顧客育成にも効果的です。

▶アプリを活用したマーケティング手法のメリット・デメリットとは?についてはこちら

店舗アプリと機能のデメリット

店舗アプリと機能には次のようなデメリットがあります。アプリと機能に関しての注意点を比較してから導入するアプリを検討してください。

導入と維持にコストがかかる

店舗アプリの導入と維持にはコストがかかります。特に既存顧客向けのアプリならばLINE公式アカウントと比較して、機能性が変わらないにもかかわらず月額料金が2倍以上となるケーズもあります。

コストをおさえるためには、機能をしっかりと比較して必要なものだけを活用することがポイントです。その際の基準はLINE公式アカウントでしょう。LINE公式アカウントと比較して導入したメリットがあるかどうか、費用は削減できるかを考えてみてください。

顧客にアプリをダウンロードしてもらう必要がある

当然のことながら、顧客にアプリをダウンロードしてもらわないと機能しません。

しかしながら、ユーザーがアプリをダウンロードするには通信料が発生するため、それでもダウンロードするメリットがないと動いてくれないでしょう。

ポイントやクーポン、有益コンテンツの配信などを積極的にPRして、ユーザーに魅力を伝えることが大事になります。また、レジに人が並んでいるときなどに、スタッフが声がけして店舗アプリと機能を説明するのもいいでしょう。

顧客がアプリを継続的に使ってもらう必要がある

顧客がアプリをダウンロードしても、継続的に使ってもらえないと意味がありません。アプリのユーザーは、使用頻度や重要度の低いアプリは削除することが多く、店舗側はその重要度を向上させることが大事です。

たとえば、週に1回はアプリを開いてもらえるような工夫が必要となります。コンテンツの配信などはこまめに行うようにしましょう。

まとめ:店舗アプリと機能をマーケティングに活かそう

店舗アプリと機能はさまざまであり、活用することでユーザーの獲得や育成が可能です。その結果、売上げの向上に効果が期待できます。店舗アプリを選ぶときは、「本当に必要な機能」をしっかりと検討して、導入コストや月々の維持費をおさえることが大事です。また、店舗アプリと機能の効果を最大限発揮するには、GPS機能や入店予約機能、クーポンの配布を積極的に取り入れてください。

さらに、SNSとの連携やユーザーのアプリ内での行動を分析してマーケティングに活かすこともポイントです。そのために、ユーザーがアプリをダウンロードして使い続けるような仕組みも必要となるでしょう。以上を参考にして店舗アプリをマーケティングに活かしてください。

▶アプリを活用したマーケティング手法のメリット・デメリットとは?についてはこちら