店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

スマホにカードを集約!スマホ向けカードについて詳細解説! アイキャッチ画像

スマホにカードを集約!スマホ向けカードについて詳細解説!

OMO
  • hatena

近年、キャッシュレスアプリの発達で、スマホで利用できるカードが増えてきました。財布を持ち歩かなくても、スマホさえ持っていれば簡単に買い物ができる世の中になっています。本記事では、スマホで使えるカードについて、種類や特徴をまとめていきます。

自身のスマホにカードを登録する「スマホ決済」

自身のスマホにカードを登録する「スマホ決済」 イメージ画像

キャッシュレス決済の代表格が、クレジットカードを使ったスマホ決済です。自身のスマホ決済アプリに、クレジットカード情報を登録することで、スマホをクレジットカードの代わりとして利用することができます。スマホ決済でクレジットカードを登録できるものとして、下記のサービスが挙げられます。

PayPay

PayPayは、ソフトバンクグループが提供しているスマホ決済サービスです。スマホ決済の中でも、利用できるお店が多く、使い勝手が良いです。ヤフーカードをクレジットカードとして同期させると、ポイントの二重取りが可能になります。

LINE Pay

LINE Payは、チャットアプリとして有名なLineを母体とするスマホ決済です。使用できるクレジットカードは「Visa LINE Payクレジットカード」のみになるので、LINE Payを利用したい際は、こちらのクレカの発行も同時に行うことをおすすめします。

楽天Pay

楽天ペイは、利用ごとに楽天スーパーポイントが貯まるスマホ決済サービスです。ポイント還元率も1~1.5%と高く、楽天カードを使ってチャージを行えばポイントの二重取りもできます。また、貯まった楽天ポイントを楽天ペイのアプリで表示させて、買い物で利用することも可能です。

ポイントカードをスマホに入れることも可能

ポイントカードをスマホに入れることも可能 イメージ画像

ポイントカードをスマホに入れて、ポイントカードの代わりに利用することも可能です。数枚のポイントカードであれば、財布に入れて持ち運んでもそこまでスペースはとりませんが、カードの枚数が増えるとどうしても財布がかさばってしまいます。スマホにポイントカードのアプリを入れれば、財布の中にポイントカードを入れる必要なく、スマホ1台でポイントカードの提示・利用ができるようになります。スマホでポイントカードを利用する際は、アプリ上に表示されるバーコードをレジにて提示します。アプリはネット環境がないと利用できないので注意してください。コンビニであれば店で無料のWi-Fiを利用できるところが多いので、携帯キャリアの回線が不安定でも安心です。

ポイントカードをスマホに入れるためには、各企業がリリースしている専用アプリをインストールする必要があります。アプリの多くは、Android版とiOS版の両方がリリースされているので、機種の種類を問わずにアプリの利用が可能です。アプリをダウンロードすると、改めて「アプリ会員」の登録を行うことになります。この際に、保有しているポイントカードの情報(会員番号など)を入力するアプリもあるので、手元にポイントカードがない場合は再発行をあらかじめ行っておきましょう。

スマホで利用できるおすすめポイントカード①:Ponta

スマホで利用できるおすすめポイントカード①:Ponta イメージ画像

スマホで利用できるおすすめのポイントカードとして、Pontaが挙げられます。Pontaは三菱商事の関連会社である株式会社ロイヤリティマーケティングによって運営されているポイントサービスです。最初はコンビニのローソンで利用できるポイントサービスとしてスタートしました。現在はローソン以外の店でも広く利用できるポイントカードとなっています。スマホのPontaアプリを利用すれば、アプリの提示のみでPontaを使うこともできます。ポイントカードを持ち運ぶ必要がないので、財布がかさばらずに済みますね。

通常、Pontaのポイント還元率は0.5%となっていますが、ローソンで利用する際はポイント還元率が1.0%となっています。ローソンをよく利用される方の場合、ポイントが貯まりやすいので、発行しておいて損はありません。

Pontaが利用できるお店として、下記のものが挙げられます。

・ローソン
・ローソンストア100
・ケンタッキーフライドチキン
・すき家
・はま寿司
・ピザハット
・AOKI
・セカンドストリート
・ホットペッパービューティー
・HMV
・ゲオ
・コジマ
・アパマンショップ
・サカイ引越センター   など

飲食からファッション、家電量販店など様々な分野のお店で利用することが可能です。

スマホで利用できるおすすめポイントカード②:楽天ポイント

スマホで利用できるおすすめポイントカード②:楽天ポイント イメージ画像

楽天ポイントは、楽天が運営・提供するポイントサービスです。貯めた楽天ポイントは楽天での買い物に使えるのは勿論のこと、楽天ポイントを導入している実店舗でも利用することができます。楽天ポイントの還元率は1%で、楽天市場を利用した際はポイントが3倍付与されます。一般のポイントカードよりも還元率が高いので、楽天市場を頻繁に利用する場合は、非常に速いペースでポイントが貯まっていきます。また、楽天のクレジットカードと併用することで、ポイントの二重取りも可能です。

楽天ポイントもPontaと同様、スマホアプリがリリースされています。スマホのアプリに表示されたバーコードを提示するだけで、楽天ポイントを貯める・使用することができるので、非常に便利です。

楽天ポイントが利用できるお店として、下記のお店が挙げられます。

・マクドナルド
・ファミリーマート
・ミスタードーナツ
・すき家
・カレーハウスCoCo壱番屋
・サンマルクカフェ
・ジョリーパスタ
・くら寿司
・吉野家
・大戸屋
・東急ストア    など

楽天ポイントは飲食店で利用できる場所が多いです。出かけた際に外食を頻繁に利用する方は楽天ポイントを登録しておくと、効率よくポイントを貯めていけますね。

まとめ:スマホにカードを入れて、財布の持ち運びをなくそう

スマホにクレジットカードやポイントカード機能を入れることで、財布を持ち運ぶ必要が無くなります。スマホ1台で決済・ポイントカード提示を完了することが可能です。決済サービスやポイントカードアプリによって、対応・非対応の店がありますので、よく利用するお店でサービスが利用可能か、あらかじめチェックしておきましょう。

決済サービス・ポイントカードアプリのダウンロードは「無料」で行えます。アプリをインストールした際に、改めて会員登録を行う必要があるので、クレジットカードやポイントカードを手元に準備しておきましょう。ポイントカード等を無くしてしまい、手元にない場合は、あらかじめ再発行の手続きをしておきます。また、本人確認書類として運転免許証やマイナンバーカードの画像提出が求められることもあるので、こちらも準備しておくと安心です。スマホにカードを入れて、快適な支払いを行っていきましょう。