店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

集客アプリとは?集客アプリのメリットから運用するときの注意点を紹介 アイキャッチ画像

集客アプリとは?集客アプリのメリットから運用するときの注意点を紹介

販売促進
  • hatena

店舗を運営している上で常に悩みになるのが、どのように集客するかかと思います。そこで有効なのが、集客アプリです。本稿では、集客アプリではどのようなことができるのか、実際に利用するときの注意点などをご紹介します。是非参考にしてください。

集客アプリとは?

集客アプリとは、集客を行うための店舗アプリのことです。スマートフォンを通して、お客様とつながることで顧客との関係性を築いたり、顧客に優良な情報を届けることで、顧客の来店を促進させます。メールなどとは異なり、アクセスのしやすさや閲覧率の高さから集客への貢献率が高いと言われています。また、店舗側も顧客情報を管理できるためロイヤルカスタマーの育成や、従来チラシやポスティングなどで情報を告知していたのと比べると低予算で情報を配信できるというメリットもあります。つづいて、具体的にある集客アプリの機能についてご紹介します。

集客アプリの機能

集客アプリの種類によって機能も異なりますが、代表的な機能としては、下記のようなものがあります。例えば、買い物をした回数や店舗への来訪回数などに応じてスタンプが貯まり、割引券やプレゼントなどがもらえるスタンプカード機能です。その他にも、期間限定の割引クーポンなどを配信するクーポン機能やセールス情報や新商品情報などの店舗からのお知らせを通知するプッシュ通知機能などがあります。その他、予約管理など顧客の来店状況等の把握や、店頭に来訪してくれた顧客の基本情報などを管理する顧客管理機能もあります。

集客アプリのメリット

集客アプリを活用することにどのようなメリットがあるのかご紹介します。集客アプリの大きな2点のメリットをご紹介します。

リピーターの促進

1点目は、リピーターの促進ができるという事です。アプリは、既存顧客にダウンロードしてもらうことが多いです。そのため、セールや注目商品などの情報を配信することで、既存顧客に再度来店を促すことが可能です。また、集客アプリの場合、新しい情報の配信はスマホのプッシュ通知で知らされます。プッシュ通知は、メルマガよりも開封率が高いです。そのため、既存の手法に比べて、低予算で行える上で既存顧客のリピート促進に優れています。

業務効率化

2点目は、業務効率化につながるということです。従来、クーポンやセール情報などを配信するためには、チラシやDMを作成したり、ポスティングやチラシ配布など大きな手間がかかります。しかし、アプリの場合は、テンプレートを利用することで作成の手間が減ったり、配布する手間もなくなります。また、顧客情報の管理もアプリ内で完結するため、手作業での管理などをしていたのに比較すると大きく手間がなくなります。このように集客アプリを利用することで集客だけでなく、店舗スタッフの業務効率化に繋がります。

集客アプリを利用する際の注意点

集客や業務効率など大きなメリットがある集客アプリですが、その一方で集客アプリを利用する上での注意点もあります。

運営体制がどうなっているのか

1点目は、運営体制がどうなっているのかです。アプリを導入すると、クーポンや新商品情報など定期的な情報を発信するために情報をまとめたり、アプリ内の内容を読みやすくしたり、ダウンロードしてもらうための施策を検討などやることが大きく増えます。しかし、これに加え通常の店舗作業などもあります。アプリはダウンロードしてもらうだけでなく、定期的に情報発信をしなければアプリが増えているスマートフォンから削除されてしまいます。そのため、しっかりアプリを運用できる体制を整えるようにしましょう。

店舗からアプリダウンロード促進の協力を得られるのか

2点目は、店舗からの協力をしてもらえるかです。アプリをダウンロードしてもらう機会の多くは、実際に店舗に来店してもらったときです。そのため、店舗スタッフに協力してもらうことがアプリのダウンロードに大きく影響します。例えば、会計のときにアプリをおすすめしたり、店内の掲示により消費者はアプリをインストールする大きな結果になります。そのため、アプリをトップダウンで導入するだけでなく、店舗スタッフにどれくらい協力体制を見込めるかが大きく影響します。

アプリの取得情報をどのように活用するのか

3点目は、アプリの情報をどのように活用できるかです。集客アプリを顧客に利用してもらうことで、顧客の情報や来店履歴、購入履歴など様々なデータが取得できます。このように取得されたデータを活用することにより、顧客のニーズにあった商品やサービスの開発することができます。アプリを導入する理由の一つがこのようなデータを集めることです。データをどのように使うのかをしっかり検討しましょう。

闇雲に手を出さない

4点目は、様々なサービスに手を出さないということです。アプリを利用する上で、重要なのは情報を定期的に発信することで顧客のアクティブ率を高めることです。一方、集客を求めると様々なサービスに手を出したくなるかと思います。しかし、様々なサービスに手を出した結果、一つ一つのサービスに対して手がかけられなくなりどのサービスでも効率的がわるくなってしまうかもしれません。まず、このようなことを避けるためにも一つのサービスに集中し、運用することがおすすめです。

顧客に利用してもらえる集客アプリ


ご紹介したようにアプリの課題の一つは顧客に利用してもらえるのか、削除されずにホームにあることです。そこで最後に集客アプリでよく利用してもらえるアプリの特徴をご紹介します。

ゲーム感覚

1つ目は、ゲーム感覚で楽しめることです。情報を取得するだけのアプリでは、顧客が飽きてしまう可能性があったり、開封率が下がる可能性があります。しかし、くじ引きやルーレットなどゲーム感覚で楽しめる機能があることにより、クーポンを当てるためにやってみようという気持ちを促進する事でアプリを起動するきっかけづくりが大事です。このようにただクーポンを配信するだけでなく、ゲームなどのプラスαの要素をつけることで顧客により利用してもらい安くなります。

使いたい!と思わせるクーポンがある

集客アプリをダウンロードする大きな理由の一つが、クーポンの利用です。そのためどのようなクーポンを配信しているのかがアプリの利用率、来店率に大きく影響します。有効なクーポンを検討するためには、顧客情報を分析することで、どのような商品が有効なのか、どのようなクーポンが一番使われているのか、どのようなターゲットが一番使っているのかなどを理解しクーポンを検討するのがおすすめです。

集客アプリとは?についてまとめ

いかがでしたでしょうか。店舗への集客のために有効な手法の一つが、集客アプリです。集客アプリを活用することで、新規顧客はもちろん、既存顧客のリピート促進やロイヤルカスタマーか、そして店舗の業務効率化にも繋がります。しかし、そのためにはアプリの導入だけでなく、運営体制や取得したデータをどのように活用するのかなど検討しなければいけない要素もあります。また、アプリを運営する上でも一番重要なのは、顧客が使いたいと思うようなアプリになっているかということです。そのためにも、顧客を理解し、顧客のニーズに答えたサービス、クーポンを提供することが必要となってくるでしょう。

アプリを導入する前にまずは顧客の購買状況や来店状況を把握することから初めてはいかがでしょうか。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る