店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

飲食店の集客方法とは?基本知識やツールをわかりやすく解説。 アイキャッチ画像

飲食店の集客方法とは?基本知識やツールをわかりやすく解説。

販売促進
  • hatena

昨今の日本では飲食店の競争が激しくなっており、マーケティング手法も変化しています。

特に集客力アップや集客方法に悩む店舗は多いです。そこでこの記事では飲食店の集客方法について、基本知識やツールをご説明します。

最後まで読むことで、飲食店における効果的な集客方法がわかります。

飲食店の集客方法を見直そう

新たな集客方法を考える前に、今の集客方法を見直す必要があります。

その理由は、訪日外国人の増加やデリバリーサービスの増加など、飲食店を取り巻く環境が変化しているからです。日本政府観光局が公開している統計データを参考にすると、中国や韓国、台湾からの訪日外国人数のハンス以上を占めており、それらの国からのインバウンド需要が大きくなっています。よって、中国、韓国、台湾からの来訪者を集客すると、飲食店の売上につながると考えられます。

また、「Uber Eats」に代表されるデリバリーサービスの台頭も、飲食店の集客に変化をもたらしています。Uber Eatsはスマートフォンで簡単に商品を注文することができるため、利用ハードルが低く今後もユーザーが増える可能性があります。ちなみに、「出前館」「dデリバリー」「ラインデリマ」「楽天デリバリー」などのデリバリーサービスも利用者が増えています。デリバリーサービスの市場は今後も規模の拡大が予測されており、配達手段のない飲食店も配達代行サービスを活用して集客や売上げにつなげることが必要になるでしょう。

このように飲食店が集客するを目指すときは、周辺事情の動向に注意しながら現状の集客方法を見直すことがポイントとなります。

※参考:月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)|日本政府環境庁

※参考:<外食・中食 調査レポート>成長する出前市場、2018年は4,084億円で5.9%増|npd

※参考:インターネットでのフードデリバリーサービス利用経験は46.4%、2019年より16.5%増、利用しているフードデリバリーサービスの上位は「直営店」「Uber Eats」「出前館」|MMD研究所

飲食店の集客で大切なこと

飲食店の集客では、ユーザーのニーズを的確に捉えた集客が大切です。

しかしながら、店舗の管理者とユーザーにズレが生じることは多いものです。たとえば、店舗オーナーが「ウチの店は敏腕料理長がいるから、その料理を目当てに人が集まるはずだ」と考えていても、来店者は「このお店は料理の量が多くて気に入っている」というようなズレがあるとどうでしょうか。集客という目的が達成できていても、来訪者からの評価を正しく把握できていないために店舗運営の方向性もずれていくでしょう。そして、徐々に売り上げが下がっていくことも予想されます。そのため、飲食店の集客を考えるときは「お店に来てくれる人は何に魅力を感じているのか」をしっかりと把握することも大切です。

ユーザーのニーズを把握するには、利用者の意見を聞くことが最も効果的です。「当店でどのサービスに満足していますか」「不要なサービスはありますか」など、いくつかの項目を用意してアンケートの設置をしてみるといいでしょう。集まった意見を集計すると、店舗の魅力が「料理の量」「価格の安さ」「素材の良さ」「接客態度」など具体的にみえてきます。店舗管理者の意見や判断も重要ですが、ユーザーの声を聞くことを忘れないようにしてください。

飲食店の集客の基本


市場状況の変化の調査、ユーザーの声を収集したら集客の方針を決めていきます。

飲食店の集客方法では以下を定めることが基本です。

コンセプト決定、再確認

店舗のコンセプトを決定することで、ブランド化します。しかし、コンセプトは難しいものではなく高校生くらいのユーザーでもわかりやすいものが望ましいです。「提供するものは何か」「ターゲットとなる客層は何か」「利用した後ユーザーにどう思って欲しいか」を組み込むとコンセプトが明確になります。コンセプトはほかの飲食店との差別化であり、一定数の顧客を獲得するためのものです。

認知度の向上

飲食店の集客力アップには、インターネットを活用した認知度の向上が効果的です。

グルメ情報サイトへの掲載、店舗ホームページの構築などを行うことでユーザーにアピールすることができます。ただし、ホームページの構築はそれだけでは意味がありませんので、コンテンツ配信などで積極的な集客活動も必要です。

来店動機をもってもらう

ユーザーが店舗に向かうには、「今日は美味しいものが食べたい」などの動機(理由)が必要です。

または期間限定のメニューのリリース、割引なども店舗側が促す来店動機になるでしょう。来店動機としては、店舗側が促すほうがコントロールしやすいです。ですから、新メニューを定期的に提供したり、割引クーポンを配布したりすると集客につながります。新メニューの情報提供や割引クーポンの配布は、SNSを活用すると効果的です。SNSは情報の拡散性が高いため、話題作りや新規顧客の獲得が可能になります。

飲食店の集客に必要なツール


飲食店の集客はインターネットを活用することが主流になっており、集客ツールには以下があります。

グルメ情報サイト

食べログやホトペッパーグルメなどのグルメ情報サイトは、全国各地のユーザーが自分にあった飲食店を探すことが可能です。

店舗側のメリットは、独自のホームページをもつ必要がなく基本情報や写真の掲載ができることです。また、外国語対応や口コミ・レビュー機能、クーポン発行など、幅広い機能があります。利用料金は無料ですが、認知度を向上させたいときは有料会員になるといいでしょう。

Instagram、Twitter、Facebook(SNS)

SNSは拡散性があり、継続的な運用により集客に役立てることができます。

たとえば、Instagramはユーザーの多くが若者であり、写真に特化したソーシャルメディアです。ターゲット層が若者ならば、料理や店舗の写真を更新するとより多くのユーザーにアプローチすることができます。このようにSNSのユーザー層やプラットフォームの特徴を理解して集客に活かすことが大事です。

Googleマイビジネス

Googleを利用して検索したユーザーを取り込みたいときは、Googleマイビジネスも登録しましょう。

店舗の評価が高いと上位表示されて集客に効果があります。こちらも無料で利用できるツールとなるため、コストを抑えた集客につながります。

LINE公式アカウント

一見さんだけではなく、リピート客を増やしたいときはLINE公式アカウントを活用しましょう。

LINE公式アカウントでは、一般のラインユーザーにクーポンやポイントカードの発行、情報の一斉送信などができます。ほかにも、チャット機能などユーザーとのコミュニケーションが可能です。

ホームページ

グルメ情報サイトよりも詳細な情報を発信して集客したいときは、店舗ホームページを構築しましょう。

自由にコンテンツを配信できたり、リスティング広告で集客できたり、さまざまなメリットがあります。グルメ情報サイトやSNSと連携して情報発信を行うことで、集客の効果が向上します。

飲食店における即効性のある集客方法


飲食店の経営者や管理者であれば、すぐにでも集客したいと考えるでしょう。

即効性のある集客には以下が挙げられます。

SNS集客

前述のとおり、SNS集客は多くのユーザーへ手軽にリアルタイムの情報を配信することができます。また、SNSの波及効果である「バズ」を起こすと、より多くの人々にお店の存在が知れ渡ります。しかし、店舗への批判的な投稿が拡散されることもあり、発信内容には注意する必要があります。

メディア掲載

メディア掲載とはプレスリリースを打ったりテレビ取材を受けたりすることです。

ただし、それらはハードルが高いと感じることがあるため、フリーペーパーやコミュニティペーパーへの出稿などを検討しましょう。ほかにも、動画プラットフォームへの動画広告の出稿、グルメ情報サイトの活用も即効性が期待できます。

アナログ集客

飲食店ではアナログ集客も即効性があります。

アナログ集客とは、看板、のぼり、ペタストリー、チラシなどの手法です。それらの集客方法は、たまたま通りがかった人を取り込むことができて、インターネットの利用が苦手な中高年層の集客効果も見込めます。売り出しメニューや日替わりメニューなどを描いておくと、集客に有効です。ただし、看板やチラシなどは作成費用がかかるため、どれだけの予算を充当できるか吟味する必要があります。

まとめ:飲食店で効果的な集客をしよう

飲食店を取り巻く環境は変化が激しく、競合との競争も激化しています。

訪日外国人の増加、デリバリーサービスの台頭などにより、集客や売上げに影響が出ている場合もあります。そのような変化に対応するには、これまでの集客方法を見直して、店舗に最適な施策を実行することが大事です。集客に大事なことは店舗とユーザーとの間の認識にズレがないことです。

また、飲食店の集客には基本があり、現在はインターネットを活用した集客が一般的になっています。グルメ情報サイト、SNS、ホームページなどをうまく連携して集客をしてみてください。一方でアナログ集客は即効性があり、通りがかった人を取り込むことが可能です。

この記事を参考に、ぜひ、効果的な集客を行ってみましょう。