店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

業務の効率化アップ!店舗向けのシステム開発について。 アイキャッチ画像

業務の効率化アップ!店舗向けのシステム開発について。

マーケティング
  • hatena

店舗によって業務形態や職務内容は異なります。業務効率を上げるためにも新たなシステムの導入を検討している店舗やブランドも多いのではないでしょうか。
この記事では、店舗向けシステムの導入目的や注意点、費用についてご紹介します。

店舗向けにシステムを開発する

店舗システムを導入した後のグラフ
店舗を管理するためには売上、仕入、従業員の勤怠管理など多くのデータを扱わなければなりません。これらの管理をいかに効率的にできているかどうかが店舗の業績に直接影響すると言っても過言ではないでしょう。
ただ管理をするだけでは余計な労力を消費してしまう可能性もあります。そこで、業務の効率化を図るために新たなシステムの導入を検討している店舗やブランドも多いのではないでしょうか。
しかし、システムを導入したくても、いざ実行しようとすると何から手をつければいいのかわからないなんてこともあるかもしれません。また、導入してはみたものの、今ひとつ業務とマッチしなかったり、従業員が十分に使いこなすことができず逆に作業効率が低下してしまったという例も少なくありません。そのようなことを未然に防ぐためにも、システムの導入には慎重にならざるを得ないでしょう。

今回は、顧客のデータベース管理や日々の業務の効率化など、店舗をうまく管理するためのシステム開発について紹介します。本当に役に立つシステムを開発するには様々な立場からシステムを考える必要があります。今後、店舗向けにシステムを開発する際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

店舗やブランド向けに開発すべきシステム

店舗がシステム導入した後のイメージ
店舗やブランドが管理しなければいけない部分は大きく分けて「売上・仕入の管理」、「従業員の勤怠管理」、「顧客情報の管理」の3つとなります。
システム化をおこなう大きな目的として挙げられるのは、店舗の状況をリアルタイムで管理できる情報、店舗の1日の営業状況を集計できるシステムとなっています。現状店舗を営業している中で、困っていることや改善点をシステム導入によって解消していくことも重要です。店舗の弱点を克服するためにシステム導入するという考え方です。

例えば、POSシステムから吸い上げた情報を本部、店舗、従業員間でリアルタイムで閲覧、集計できる管理を導入することによって、スピーディーに売上アップの施策を打ち出したり、翌日以降の仕入れ情報を明確にすることが可能です。
ポイント制度やアプリを使ったサービスを導入している企業も多いため、システム内に顧客にメリットのあるシステムを入れていくこともシステム導入に相乗効果を生みます。

コンビニエンスストアやスーパー、ドラッグストアなど営業形態によって導入すべきシステムは求められているものが異なりますので、今の店舗に必要な最適なシステムを導入するという意識を持つこと大切です。

店舗向けのシステム開発を依頼する際の注意点

システム開発を依頼する際の注意を喚起するマーク
システム開発には多くの時間とコストがかかります。
顧客向けのアプリケーションやポイント制度導入を検討している場合には、店舗独自のシステムの開発を依頼することになるので、開発費用と時間も増えていくことを想定しなければいけません。導入するシステムはその使い方やダウンロード方法を顧客にて使ってもらうことになるので、まずは店舗のスタッフに周知をして顧客へ説明できるような環境を整えておくようにしましょう。

せっかく優秀なシステムを導入しても現場の従業員が使いこなせなければ意味がありませんので、この点は注意が必要です。
システム開発、導入が完了したあとにスムーズに運用できるように、業者に開発を依頼する前から店舗内でどのように進めていくか下準備が必要です。今後のシステム運用が成功するか大切な部分になってくるので、しっかりと時間を取って入念に進めなければいけません。
依頼する業者についてもいくつか見積もりを出してもらい、最適な業者へ依頼するということも必要となってきます。

・システム開発にかかるスケジュールとコストの試算を明確にしておく
・従業員に随時説明し、システム導入のスケジュールや使い方を周知できる体制を整える
・複数の業者へ見積もりを出してもらい、比較したうえで依頼をおこなう

店舗向けシステム開発費用相場

店舗向けシステム開発費用の支払いイメージ
店舗向けシステムとして新たにいちからシステム開発をおこなう場合、50万円~数万円単位で費用がかかることが一般的です。顧客のデータを集計できる独自のカスタマイズが必要なケースや顧客が利用できるアプリケーションとの連携などオプションをつける場合は更に費用が上乗せされる形になります。
ただ店舗向けには、既存のものとしてPOSシステムのパッケージが複数出されていますので、一般的なシステムでも良いという場合には安価でシステムの導入が可能です。

例えば従来型のPOSシステムであれば、専用機器の導入や運用費用を含め100万円前後、タブレット型のシステムであれば70万円前後で導入できます。
必ずしも専用の機器でなくても、最近はタブレット端末でクラウド上ですべての端末を同期、管理できるようになっていますので、最小限のシステムで良い場合にはオススメです。
掛かってくる費用は、依頼する会社によって大きな差が出るケースがありますので、事前に複数社への見積もりを見たうえで依頼していくことが理想です。
店舗の大小によって導入するシステムの規模も異なってきますので、その点は予算と導入するシステムの内容のバランスをうまく取ることが大切になってきます。

店舗向けのシステム開発まとめ

店舗向けの様々なシステム
店舗向けのシステム開発について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。
店舗の業態や各ケースによって求めるものは異なりますが、日々顧客を相手に営業している場合には、「売上・仕入の管理」、「従業員の勤怠管理」、「顧客情報の管理」という3つがシステム導入の目的となってきます。
スケジュールや予算の都合に加え、従業員への落とし込みを考えると、システム開発を依頼する前の段階で準備を進めておく必要があります。スムーズにシステムを導入できるよう、前もって店舗内を整えておきましょう。
システム開発を依頼する会社によって、大きく費用が異なってくるケースがありますので、複数社から出された見積もりをもとに慎重に導入を進めていきましょう。