店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

顧客満足度アップ!アプリ開発で得られるメリットを紹介。 アイキャッチ画像

顧客満足度アップ!アプリ開発で得られるメリットを紹介。

顧客エンゲージメント
  • hatena

企業が集客や販促を目的にアプリを導入する事例が増えています。

形態に合わせてアプリを開発しなければいけないというハードルもありますがアプリを導入することによって企業、顧客双方で得られるメリットは数えきれないほどあります。

今回は店舗やブランドのアプリ開発、導入について紹介していきます。

アプリを導入or開発する

導入されたアプリを使って満足する人々とお金のイメージ

近年、店舗やブランドが販売促進や集客を目的にアプリを導入するケースが増加しています。
まだ導入できていない店舗やブランドでも、今後アプリの導入を考えているところも少なくはないでしょう。しかし、実際にアプリを導入・開発をするにはどのようにすればいいかわからないなんてこともあるかもしれません。また、アプリを利用することでもたらされるメリットもたくさんありますが、それにはリスクが伴うこともまた事実です。

例えば、すべての企業が自社内でアプリを開発する技術を持っているわけでもありません。そんなときにはアプリの開発業者に開発を依頼することになるでしょう。
業者とのトラブルを回避するためには、事前にしっかりと業者の担当者とのコミュニケーションをとっておくことが大切です。最終的にどのようなアプリにしたいのか、将来的にどのような運用をしたいのか事前に話をしておくとビジョンが描きやすくなります。

このようにアプリを導入し始める企業も多いですが、その流れに身を任せて安易に手を出してしまえば思いがけないダメージを負うことになるかもしれません。
アプリの導入・開発に興味のある方は、メリットとデメリットを理解しておく必要があるでしょう。

店舗やブランドがアプリを導入or開発するメリット

店舗やブランドの知名度を上げるといった意味ではアプリの導入は最適です。

1度インストールしてもらうことでその効果を継続させることもできるので、企業側としては大きな武器になります。

アプリを導入するメリットとしては以下のものが挙げられます。

 

・プッシュ通知を使用した宣伝効果に期待できる

・クーポンの発行やポイント制度の管理ができる

・日常的に店舗やブランドとのつながりを持ってもらえる

・SNS連携やユーザー解析など、総合的な顧客管理ができる

・店舗やブランドを知ってもらうための広告費の削減を期待できる

・継続的に顧客とのコミュニケーションツールとして利用できる

 

スマートフォンやタブレットへアプリをインストールしてもらうことによって、最新情報のプッシュ通知やクーポンの発行、ポイント管理など顧客にとってメリットが大きいことから、アプリを日常的に使用してもらえる可能性が高まり、自然と顧客とのつながりを持つことができるのです。

また、日々の業務にとっても複数のメリットがあります。

アプリ内でSNS連携やユーザー解析など顧客情報の閲覧をおこなえるなど、ツールの一元管理や時間短縮など顧客管理を総合的に管理できます。継続的に店舗やブランドを知ってもらうためにかかる広告費の削減にもつながる効果を期待できます。うまくアプリを使いこなすことによって、企業と顧客の双方にとってWin-Winの関係性を作り出すことも可能となります。

アプリを開発する際の注意点

アプリ開発の注意点のイメージ
アプリ開発、導入には初期費用を含め、大きな予算が必要となってきますので慎重に進めていく必要があります。

導入してみて使い勝手が悪かったり、顧客がすぐにアンインストールしてしまうようなアプリでは導入する意味がありませんので、注意点としては開発の時点で「アプリを導入する目的を明確」にしておくことが重要です。もちろんコストやスケジュール面との兼ね合いもありますが、社内でしっかりとした話し合いを持ったうえで開発に取り掛かる必要性があります。

販促活動をメインにするのか、顧客管理に重点をおくのか、最終的な目的を明確したうえでアプリ開発、導入を進めるようにしましょう。

アプリを導入しても顧客がインストールし日常的に使ってもらわなければ導入の意味がありません。顧客の目線に立って「インストールしてメリットがある」、「日常的にチェックする意味がある」アプリを意識して開発する必要があります。使えるアプリを最終目標にして開発する意識を持っておくようにしましょう。

また、iPhoneやAndroidなど各プラットフォームへの対応や、アプリ内デザインの装飾など、アプリを組むためのプログラムの知識以外に専門的な部分が多いので、システム開発に力を入れているIT企業などを除くと、アプリ開発はハードルが高いものとなっていますので、1度計画した開発は失敗するリスクを極限まで減らしていかなければいけません。

アプリの開発業者を選定する際の注意点

アプリ開発業者選定のAプランもしくはBプランのイメージ

自社でアプリ開発のノウハウを持っている場合を除き、専門のアプリ開発業者へ依頼をするケースが大半です。

いざ、納品となってから思い描いていたものと違っていたり、システムにトラブルが発生したりということがないように、あらかじめ注意しておくべきことがあります。アプリ開発業者の選び方によってアプリの成功が決まるといっても過言ではありません。

アプリの開発業者の選び方にはいくつかポイントがありますので抑えておきましょう。

 

・コストに見合った提案をしてくれるかどうか

・スケジュール調整に見合った提案をしてくれるかどうか

・実績、知名度のある業者かどうか

・疑問点や不明点に対してしっかり説明してくれるかどうか

・定期的にメンテナンスや相談ができるかどうか

・初回の打ち合わせからコミュニケーションを取って話をしてくれるかどうか

 

特に、はじめてアプリを開発する場合は業者選びは難しいと思いますので、業者の担当がしっかりとコミュニケーションを取って話を聞いてくれるかどうかという点にも注目しましょう。

また、事前の打ち合わせで決めていた以上の費用がかかることがないか、追加費用の発生があるかどうかという点についても確認しておくと安心です。場合によっては追加の機能が必要になったり、オプション機能をつけたりと必要が出てくるケースもあると思いますので、その際にかかってくる費用についてある程度知っておくと良いでしょう。

アプリ開発で得られるメリットまとめ

アプリ開発、導入について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。

顧客管理、販促活動などアプリを導入することによって店舗やブランドの知名度を上げることだけでなく、顧客目線のアプリを作ることによって、定期的に顧客が自らアプリを開き情報を得てくれるという日常的にWin-winの関係を作ることができます。

アプリの開発業者に依頼をする際には、事前に担当の方とコミュニケーションを取り、不明点や疑問点を解消しておくことがトラブル回避のポイントとなっています。特に初回の打ち合わせは重要ですので、担当の方との話し合いの場は大切にしましょう。アプリの開発業者を選定する際には、「予算内で収まるかどうか」「仕上がりのイメージが持てるかどうか」「継続的にメンテナンスできるか」という点に注意しましょう。

アプリの導入を成功させることによって、顧客満足度のアップだけでなく、業務効率のアップにも期待できます。店舗やブランドの可能性を無限大に広げてくれる力がアプリにはあります。