店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

心を射止めるキラーフレーズでかんたんに売上がアップする! アイキャッチ画像

心を射止めるキラーフレーズでかんたんに売上がアップする!

顧客エンゲージメント
  • hatena

メールマガジンやメニュー・チラシに掲載するちょっとしたフレーズなど、集客において文章作成が必要となるシチュエーションは多々あります。
今回は、販促に使える「お客様が思わず反応してしまう、反応せざるを得ない」言葉であるキラーフレーズをご紹介したいと思います。

売上アップのキラーフレーズ;限定

お客様の心を動かすために用いるキラーフレーズですが、実際どのような言葉を使用したらよいでしょうか。
いくつか例を挙げていきたいと思います。
1つ目は、限定であることを伝えてみることです。

日本人は限定に弱いといわれています。例えば、「シーズン限定」だったり「ご当地限定」だったりするものがあります。限定商品は何となく特別感があります。誰でも一度は「限定」というフレーズに惹かれ購買をしてしまったという経験があるのではないでしょうか。
限定

例えば
・購入頂いた先着6名様限定で◯◯をプレゼント!
・購入頂いたお客様に限り、その他の商品を3割引き
・〇月〇日~〇日限定で〇割引

・期間限定商品〇〇
このようなお客様の焦燥感を煽る「限定」というフレーズは、購買意欲を促進させます。これを使わない手はありません。

また、会員限定やプレミアム会員限定のサービス・割引、プレゼントといった手法があります。会員限定の魅力を伝えることができれば、リピーターを作ることもできます。会員限定の魅力を伝えることができれば、リピーターを作ることもできます。また、その商品やサービスを手に入れたい人達が会員になろうとするので、会員数も増やす事が出来ます。「あなたたち限定」というフレーズやサービスも、購買意欲の促進や顧客化推進を図ることができます。

売上アップのキラーフレーズ;多数の支持

キラーフレーズの2つ目は、多数に支持されていることを伝えてみることです。

おすすめ商品をアピールしたい場合は、その商品が多数に支持されていることを伝えると良いかもしれません。みんなが良いといっているのであれば、本当に良い商品だろうと考える人も多いのです。また、多くの人が利用しているのであれば自分も1度使ってみようかなという心理が働きます。商品が1度流行すると、みんな使っているからとより多くのお客様がそれを求める傾向があります。
一番人気

例えば
・東京で一番人気の◯◯
・お客様の7割が支持した◯◯
 ・主婦層に圧倒的な支持を得ている〇〇
このように多数の支持を連想させるフレーズは、お客様に信頼感があり、評判の商品であることを印象づけます。

「一番人気」のような一般的に人気があることももちろんですが、買った人のほとんどが支持しているということは商品の信頼度アップするフレーズとして有効です。確かに、多くの人が使っているにも関わらず良くない商品だったら嫌ですよね。

また、主婦層、子供、〇〇層といったターゲットの中で人気である・信頼されている面を保証するフレーズも有効です。全体に伝えるのではなくターゲットを絞って伝えることで、よりターゲット層に響きやすいからです。

売上アップのキラーフレーズ;差別化

キラーフレーズの3つ目は、その他の商品との違いを伝えてみるということです。

看板商品をプッシュしたい場合などは、その他の商品との違いを強調してみるといいのではないでしょうか。この際、他の商品とどのように違うのかを明確に示す事が出来れば、相手にも伝わりやすくなります。また、他の商品やサービスにはない特徴が魅力的であればあるほど、その商品やサービスを売り出すことが出来ます。
チーズ

例えば
・店長おすすめの◯◯
・パルマ産の◯◯

・有名人〇〇絶賛の〇〇

・雑誌「 」でも紹介された〇〇
 
商品の特異性に着目したフレーズは、お客様にその商品が特別であることをより強く印象づけます。また、お店が売り出していることや味に定評があること、特産地の食材を使っていることでメニューに信頼感を与えることができます。

さらにいえば、有名人やランク、人気雑誌で取り扱われたなどのフレーズは、その他の商品との格の違いをつけることができます。違いだけでなく、ブランド化にまで押し上げることができます。ブランド化は特に重要です。ブランド化に成功すると有名になってより多くのお客様が買い求めるだけではなく、商品の価値が上昇する為、その分客単価を上げる事も出来ます。

売上アップのキラーフレーズの乱用は厳禁

お客様の購買意欲を促進したり、商品の信頼を高めたりするために、お客様に響くメッセージに欠かせないキラーフレーズですが、あまり乱用しすぎるとお客様はお店の言葉に説得力を感じなくなり、信憑性を貶めてしまいます。限定セール、限定〇〇はいつもやっていては、限定になりませんし、利益の削減行為です。逆に頻繁に限定SALEのようなことをやってしまうと、あそこはいつも安売りしているという印象を持たれてしまい、今買おうという気持ちがそがれてしまいます。食料品や衣類など、生活必需品を販売しているのであれば定期的に購入されるのであまり影響はないと考えられますが、お菓子や嗜好品などを販売しているところでは客足の減少はダイレクトに売り上げに響いてきますので、注意しましょう。

キラーフレーズは商品が「特別」であることを表現するための言葉であり、その特別がいくつもあったのではありがたみがありません。多数ある中の特別、長い期間の中の特別が「特別」だからです。

乱用は避け適切な使用個所を考えることで、効果的にキラーフレーズを使用しましょう。また、ただ特別〇〇をするだけではなく、マーケティングなどにも力を入れ、より多くの人に自身の特別商品・サービスを知ってもらうようにしましょう。

心を射止めるキラーフレーズでかんたんに売上がアップする!のまとめ

いかがでしょうか。キラーフレーズを知ることで、これまで頭を悩ませていたお客さまに「響く」メッセージのイメージが湧いてきたのではないでしょうか。乱用は禁物ですが、メールマガジンや広告、メニューなど様々なシチュエーションで「お客様が思わず反応してしまう」、「反応せざるを得ない」フレーズを作ってみましょう。マーケティングをしてより多くのお客様を取り込みたいと考えている場合、とても効果があると思います。

今回は3つのキラーフレーズをご紹介しましたが、新たなキラーフレーズを考え出してみても良いかも知れません。独特なフレーズがお客様の注目を惹かせることに繋がります。あなたもキラーフレーズを自由自在に使いこなし、より効果的な集客アップを実現してみませんか。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る