店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

【経営者必見!】CRMの機能を徹底比較|メリットあり アイキャッチ画像

【経営者必見!】CRMの機能を徹底比較|メリットあり

マーケティング
  • hatena

これからCRMを導入してビジネスを展開したいと考えている企業は多いでしょう。

しかしながら、どのようなCRMを導入すれば良いのか分かっていない企業が大半です。

そこで、おすすめのCRMを解説しました。機能の比較なども行なっているので、これからCRMを導入しようと考えている企業は是非チェックして下さい。

CRM機能比較とは

CRM機能比較とは イメージ画像
CRMとは「カスタマーリレーションシップマネージメント」の略語で、「顧客関係管理」や「顧客管理」と言われています。

簡単に説明すると、顧客目線からビジネス展開をして、利益を最大化しようとするマネジメント手法です。

現在はアナログだけでなくデジタルの普及によって、価値観やマーケティング手法が多様化されています。また市場も細分化されている為、それぞれの顧客に対して適切なアプローチをしなければ利益を作るのが難しいのが現状です。

多くの機能を持っているCRMツールを導入することで、それぞれの顧客に適切なアプローチを行うことが可能になります。

特にCRMの代表的な機能は、下記の5つです。

  • 顧客管理:それぞれの顧客の基本情報や購入・来店履歴
  • 顧客解析:顧客を解析して売れる可能性のある商品をアプローチ
  • お問い合わせ管理・お問い合わせが多い内容を把握して改善策の考案
  • メール配信:メルマガやLINE @で新規情報の自動配信
  • セミナー・来店の集客:店舗に興味を持っていると予測される顧客リスト作成

もちろんCRMを比較すると、それぞれで機能に違いがあります。しかしながら、上記の5つはほとんどのCRMツールで導入されている為、是非覚えておきましょう。

これからCRMの導入を考慮している企業は、上記5つの機能や、それ以外の付加価値を比較して選択することをおすすめします。

CRM機能比較:導入するメリット

CRM機能比較:導入するメリット イメージ画像

先ほどはCRMの機能を解説しましたが、実際に導入するメリットを3つ解説していきます。

これから紹介する3つのメリットが良いと考えられるのであれば、導入する価値があると言えるでしょう。

CRMは顧客を徹底的に管理できる

CRMは顧客の詳細な情報を徹底的に管理することができます。

  • 個人情報(住所・メールアドレス・電話番号など)
  • 来店頻度
  • 購入履歴

特に購入履歴は顧客の志向を判断できる重要なポイントで、マーケティングに大きく役立たせることが可能です。

顧客の多くの情報を管理できる点は、CRMを導入する大きなメリットになります。

これからCRMツールの導入を検討している企業は、それぞれのツールでどれだけの情報を管理できるのか比較しましょう。

マーケティングを最適化できる

CRMの導入は、マーケティングを最適化させるのに非常に良い選択肢の1つです。

看板広告やチラシ広告は配送する地域を絞ることができますが、どのようなターゲットに送るかなど、細分化した顧客にアプローチすることができません。その為、費用対効果が悪くなる可能性が高いです。

CRMを導入すれば顧客の情報を多く管理して、それぞれに最適なアプローチを行うことができます。その為、費用対効果が抜群です。

これからマーケティングの費用対効果を上げたいと考えている企業は、CRMを導入する価値があると言えるでしょう。

接客を最適化できる

顧客情報を多く持っていることで、接客を最適化させることができます。

購入履歴が靴だけの顧客に対して、接客でコートを売り込むのは無駄になる可能性が高いでしょう。

情報を多く持っていることで接客を最適化できる為、CRMは導入する価値があると言えます。

CRM機能比較:おすすめ2選

CRM機能比較:おすすめ2選 イメージ画像

それでは、おすすめのCRMツールを2つに厳選して解説していきます。これから紹介するCRMツールの機能を比較して、どれを導入するのか検討しましょう。

Kintone

Kintoneは様々なカスタマイズを行なって、オリジナルのアプリを開発できるCRMツールです。

またアプリの種類だけでなくプラグインの種類も豊富な為、必要な機能などはほとんど揃えることができます。他のCRMツールと比較してもカスタマイズ性は非常に高く、業態を問わずに利用することができると言えるでしょう。

注意点は、プラグインによっては少し複雑な設定が必要になるケースがあります。しかしながら、Kintoneはサポート体制が充実しているので、問い合わせれば解決できるでしょう。

CRMツールを初めて利用する企業でも、十分におすすめできます。

Knowledge

Knowledgeは3つのアプリを利用することができるCRMツールです。

  • 営業支援システム
  • 顧客管理システム
  • グループウェア

上記の3つの機能を利用できるのがKnowledgeの大きな強みで、他のCRMツールと比較しても機能性は非常に充実していると言えるでしょう。

また、ITリテラシーが低い人でも利用できるように、シンプルなデザイン設計になっています。事業でパソコンに触れる機会が少なかった企業でも、問題なく導入できるでしょう。

低価格でコストパフォーマンスも良いので、試しに導入してみるには非常に良いCRMツールと言えます。

CRM機能:比較する際の確認ポイント

CRM機能:比較する際の確認ポイント イメージ画像

最後にCRMツールを比較する際の確認ポイントを3つ解説していきます。

CRMの導入を検討している企業は、これから紹介するポイントを確認してから導入するようにしましょう。

機能面

やはり重要なポイントになるのは機能面です。どれだけ良いCRMツールだとしても、自社に必要な機能が備わってなければ導入する意味がありません。

CRMツールを導入する前に、どのような機能が必要なのか洗い出してから、ツールを比較していきましょう。

ちなみに、機能面をカスタマイズ・拡張できる方が、オリジナルで使いやすいアプリを開発することができます。

費用面

どれだけ良いCRMツールを導入しても、料金が高すぎると費用対効果が悪くなり、メリットを得ることができません。

まずは自社に必要な機能を持っているCRMツールを複数見つけて、最も費用対効果が良いツールと契約しましょう。

契約後に費用対効果が悪いと感じて違うCRMツールに導入をしたいと考える企業も多いですが、違約金が発生するので気を付けておく必要があります。

サポート面

初心者でも利用できる簡単なCRMツールだとしても、やはり分からない部分は出てくる可能性が高いです。

特にアナログからデジタルに移行する企業は、CRMツールの導入に苦戦をするでしょう。

何か分からない部分があった時の為に、サポートが充実しているCRMツールと契約することをおすすめします。

CRM機能比較:まとめ

本記事では、おすすめのCRMと導入するメリットや注意点を徹底解説しました。

CRMはマーケティングに非常に役立つ為、既に導入している企業が多いです。言い換えると、未だにCRMを導入していない企業は少し時代遅れと言えるでしょう。

顧客の情報を少しでも多く持っている方が、マーケティングの施策を増やすことができます。

少しでも新規顧客を継続顧客に繋げたいと考えている企業は、CRMの導入は非常におすすめです。

また本記事を読んでCRMの導入を検討しているなら、下記の3つのポイントを意識して比較・検討する必要があります。

  • 機能面
  • 費用面
  • サポート面

特に機能面は重要で、CRMを導入後に機能不足で後悔する企業は非常に多いです。

最初にどのような機能を持っているCRMが必要なのか検討して、そこから導入することをおすすめします。