店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

顧客管理でおすすめのツールは?機能やタイプごとに詳細解説! アイキャッチ画像

顧客管理でおすすめのツールは?機能やタイプごとに詳細解説!

マーケティング
  • hatena

顧客ニーズの多様化により、顧客管理の重要性は年々高まっています。如何にして顧客情報を活用するかが、ライバル会社に差を付ける大きな要因になるといって良いでしょう。

顧客管理のツールは様々な種類があります。本記事では顧客管理のおすすめツールについて、機能やタイプごとに詳細を解説していきます。

顧客管理にCRMがおすすめな理由

近年はインターネットやスマホの普及により、顧客の情報を細かく集めることが可能になりました。その分、企業に顧客の情報が大量に集まるようになったため、情報管理に時間を取られてしまうことも増えてきました。

営業やマーケティングの成果につながる顧客管理を行うためには、CRMを活用することが肝要です。CRMとはCustomer Relationship Managementの略称で、日本語で「顧客管理」と呼びます。日本でCRMと言うと顧客管理を行うためのツールを指すことが多いです。

ツールを使えば、顧客情報をオンライン上で一元管理することができます。利用したい情報を利用したいときに探すことができ、効率的に情報を把握することが可能です。

また、CRMには営業支援やマーケティング支援などの機能を搭載しているものもあります。顧客情報を営業、マーケティングに生かすことで他社に差を付けることができます。

上記のメリットに加えて、会社の他部門との情報共有もスムーズに行える点もCRMの強みです。一部の部門に情報が溜まってしまう心配もありません。よくあることとして営業部門に顧客情報が集中してしまうことが挙げられますが、CRMを利用すれば全社で顧客情報を把握することができます。

顧客管理ツールのおすすめ機能

顧客管理ツールのおすすめ機能として下記のものが挙げられます。

  • 顧客情報の管理
  • 顧客情報の分析
  • 各種プロモーションの作成・配信

それぞれ詳細を確認していきましょう。

顧客情報の管理

顧客管理ツールの肝となる機能が「顧客情報の管理」です。顧客管理ツールを使用すれば、顧客情報をまとめて管理することが可能です。日本国内で普及しているツールの多くは、画面や操作がシンプルな設計になっているので、パソコン操作が苦手な方でも無理なく使用できます。

顧客情報の分析

顧客管理ツールのおすすめ機能として、「顧客情報の分析」も挙げられます。蓄積した情報をもとにして、見込み客の抽出やセグメント分けなど各種分析を行うことが可能です。ツールの多くは自動的にデータを分析してくれるので、リソースが不足している企業でも安心です。

各種プロモーションの作成・配信

顧客管理ツールを使って各種プロモーションの作成・配信を行うことも可能です。メルマガやクーポンの作成・配信などを顧客情報にもとづいて実施することができます。

顧客とのつながりを深めるためにも、プロモーションは非常に重要です。顧客管理ツールを使えば顧客との関係性をより深めることが可能で、自社の評判アップや新規顧客の獲得にも繋がってきます。

顧客管理におすすめのツール(営業支援系)

ここからは顧客管理におすすめのツールについて紹介していきます。まずは営業支援系の顧客管理ツールです。

おすすめの顧客管理ツールとして下記のものが挙げられます。

  • ちきゅう
  • HubSpot Sales
  • Kintone

それぞれ詳細を確認していきましょう。

ちきゅう

ちきゅうは国産のCRMツールで、多くの日本企業に採用されているツールになります。定着率は99%以上で、企業からの評価も高いです。

評価が高い理由として設定や入力、分析などの操作を直感的に行える点が挙げられます。シンプルな操作画面で、パソコン操作が苦手な方でも問題なく利用することができます。

ちきゅうは月額費用もリーズナブルです。月額1,480円から利用することができ、中小企業でも無理なく導入することが可能です。

HubSpot Sales

HubSpot Salesは営業活動を効率化するために開発されたCRMツールです。Eメールのテンプレートやメール送信のスケジュールなど、各種顧客対応に必要な情報を一元的に管理することが可能です。

案件の管理も簡単に行うことができます。ダッシュボード上に表示されたスケジュールを一目で確認できるので、スケジュール管理に苦戦されている方に特におすすめです。

月額費用は下記の通り設定されています。

  • Starter:月額5,400円~
  • Professional:月額54,000円~
  • Enterprise:144,000円~

Kintone

KintoneはサイボウズがリリースしているCRMツールになります。案件管理、顧客リスト、日報の作成など営業活動で必要な業務アプリを作成することが可能です。オリジナルのCRMプラットフォームを構築することができるので、会社の業務内容に合わせてCRMを活用できます。

Excelのデータなど各種データの取り込みもドラッグ&ドロップで簡単に行えます。1ユーザーあたり月額1,500円から利用できるので、コスト面の低さもKintoneのメリットです。

顧客管理におすすめのツール(マーケティング系)

次にマーケティング系のおすすめ顧客管理ツールを見ていきましょう。

おすすめの顧客管理ツールとして下記のツールが挙げられます。

  • Kairos3
  • Marketo
  • Satori

Kairos3

Kairos3は営業とマーケティングを結びつけるために開発されたCRMツールになります。Kairos3を使用することで営業で得た顧客情報とマーケティングで創出した情報を一元管理して、営業活動・マーケティング活動のパフォーマンスを高めることが可能です。

Kairos3はマニュアルが一体化されており、直感的に操作が分かる設計になっています。専門的なトレーニングを行う必要もありません。パソコンが苦手な方にもおすすめのCRMツールです。

月額費用は6,000円からになっています。月間のメール送信数など機能の充実度によって金額が変わってくるので、事前に問い合わせて確認しておきましょう。

Marketo

Marketoは世界39ヵ国、6,000社以上で導入されているCRMツールになります。Marketoは2006年にアメリカでリリースされた後、2014年に日本に上陸しました。Marketoではメール作成やマーケティング・オートメーション、デジタル広告の配信など顧客管理に必要なアプリケーションが網羅されています。

様々な機能がMarketoに集約されているので、他のツールを使用する必要もありません。また、Marketoを利用するとコンサルティングや各種トレーニングなどのサポートを受けることもできます。

料金に関しては要問い合わせとなっているので、利用前に確認するようにしてください。

Satori

Satoriは国産のCRMツールで、累計1,000社以上に導入されています。SatoriではWebを閲覧したユーザーの行動履歴を追跡することが可能です。ユーザーのセグメント分けや見込み客の抽出も行うことができ、効率的に集客することができます。

月額費用が148,000円からとなっているため、やや料金は高めですが、その分サポートやマニュアルが充実しています。動画コンテンツ、セミナーの提供も行われている点もメリットです。

顧客管理におすすめのツールを活用しよう

顧客管理ツールを利用することで、顧客情報を効率的に管理・運用することが可能になります。スマホやインターネットによって、個人のニーズが細分化されている現代において、顧客情報を活用・分析していくことは必須といえます。

顧客情報を活用できるかで、企業間の競争に勝ち抜けるか分かれてくるといっても過言ではありません。

ツールの利用は、マーケティングや営業の成果を高めるために不可欠なツールといっても良いでしょう。これからツールの利用を検討している方は、今回紹介した顧客管理ツールの中からまずは選んでみることをおすすめします。ツールの中には無料の試用期間を設けているものもあるので、ぜひ活用してみてください。

顧客管理ツールを利用して、効率的な顧客情報管理、マーケティングを実践していきましょう。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る