店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリを作成する方法2選【相場は自社と企業で異なります】 アイキャッチ画像

アプリを作成する方法2選【相場は自社と企業で異なります】

マーケティング
  • hatena

・アプリを作成したいけど、どうやれば良いか分からない

・アプリを作成する方法を知りたい

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

アプリを作成したいけど、予算などの観点から自社開発が外部委託で悩んでいる人は多いでしょう。

この記事では、アプリ作成の方法や相場を徹底解説していきます。

アプリ作成を行う2つの方法

アプリ作成を行う2つの方法

アプリ作成を行う方法は、一般的に2つに分類されます。

「自社で開発」と「企業に委託」の2つがあるので、順に解説していきます。

自社で開発

アプリ作成を検討する際に、予算の限度が決められているでしょう。

予算が少ない企業や個人の方は、自社でアプリ作成をすれば良いです。自社での開発であれば開発費を大きく抑えることができます。

プログラミングの技術を持っている人材がいない企業は、ノーコードでアプリ作成を行えるツールやサービスを利用しましょう。

ノーコードのサービスやアプリであれば、プログラミングの技術がなくてもアプリを開発できます。予算が少ないのであれば、ノーコードでアプリ作成ができるサービスやツールの使用をおすすめします。

企業に委託

ある程度の予算を確保できるのであれば、企業への委託を検討しましょう。

自社でアプリを開発すると、プロに比べてUI/UXやセキュリティの観点から、レベルの低い成果物が完成する可能性が高いです。

プロのアプリ開発会社に委託すれば、実績や経験からセキュリティやデザインが問題ない成果物を作ることができます。

アプリ制作のノウハウや人材が確保されているなら自社開発も良いですが、ある程度の予算があるなら外部委託がおすすめです。

アプリ作成の平均的な相場

アプリ作成の平均的な相場

アプリ作成の平均的な相場は、「自社開発」と「企業に外注」で全く異なるので、順に解説していきます。

自社開発の相場

自社開発でアプリ作成を行う場合は、人件費とツール・サービス代だけなので50万円〜200万円で開発できます。

ノーコードのツールやサービスは利用料金が高くないので、ほとんどが人件費ですね。

おそらくプログラミングの技術が無い人がツールを使ってアプリを開発するのであれば、調べながら作業する為、多くの時間が奪われます。従業員がアプリ開発に回れば、他の業務にも影響が出る可能性があることは注意しておきましょう。

品質が悪くても問題ないのであれば、ノーコードの自社開発で問題ありません。アプリで広告収益などを作りたいと考えているなら、企業への委託をおすすめします。

企業に外注する場合の相場

企業にアプリ作成を外注すれば、500万円〜2000万円は覚悟しておきましょう。

アプリの内容によって費用は変わりますが、企業に委託すれば大きな金額を用意しなければいけません。

品質やセキュリティは担保されているのでアプリ作成の面では問題ありませんが、それなりに予算を準備する必要があります。

本気でアプリを使って事業を展開するのであれば、企業へ委託しましょう。

予算が準備できないのであれば、フリーランスへの外注でも問題ありません。フリーランスであれば、企業より安くアプリを作成できます。

アプリ開発を受託で請け負っているフリーランスは少ないですが、クラウドソーシングを利用すれば見つかるでしょう。

アプリ作成を自社で行うメリットとデメリット

アプリ作成を自社で行うメリットとデメリット

今までの記事を読んで、「自社開発」か「企業へ外注」するか悩んでいる人は多いでしょう。

そこで、双方のメリットとデメリットを解説していきます。

まずは、アプリ作成を自社で行うメリットとデメリットを詳しく解説するので、参考にして下さい。

メリット①開発費用を抑えることができる

自社でアプリ制作を行う大きなメリットは、開発費用を大きく抑えることができる点でしょう。

企業に委託する場合の半分以上も費用を抑えられるので、予算がない企業に非常にありがたいですね。

最近はプログラミングの知識を持っていない人でもアプリ作成を実現できるツールがあるので、それらを上手く使って予算を確保しながらアプリ作成をしましょう。

メリット②管理費用も抑えることができる

自社内でアプリ作成を実現できれば、管理費用も抑えることができます。

企業にアプリ作成を委託すれば、管理も任せる必要が出てくるので、支出が大きくなる可能性が高いです。

ツールやサービスを使えばセキュリティに大きな問題を抱える可能性は低いので、自社でアプリの運用管理をしましょう。

デメリット①他の業務に影響が出る

自社でアプリ作成をするなら、それらの業務を担当する人材を確保しなければいけません。

会社からすると、普段の業務を担当する人材が減るので、影響が出る可能性が高いです。

デメリット②アプリの品質やセキュリティに問題点が出る

アプリ作成に関する知見が少ない人材が業務を担当する場合は、セキュリティや品質に問題が起こる可能性が高いです。

自社内にアプリ作成を経験したことがある人材が存在するかで、自社開発のアプリの品質は大きく異なります。

本当に知見が無い素人ばかりであれば、自社開発の再現性は低いでしょう。

アプリ作成を企業で行うメリットとデメリット

アプリ作成を企業で行うメリットとデメリット
先ほどはアプリ作成を自社開発で行った場合のメリット・デメリットを紹介しましたが、次は企業へ委託する場合を解説していきます。

メリット①品質が担保されている

アプリ作成を企業に委託すれば、品質が担保されているので、ユーザーアビリティ向上やセキュリティ面の問題を抱える可能性が低いです。

ユーザーが使いやすいアプリであれば、利用者も増えて事業として成り立ちます。素人が作ったアプリだと、使いにくくて利用者が増えない可能性が高いです。

アプリを使って収益性を持たせる事業を展開するのであれば、企業へ委託しましょう。

メリット②自社内のリソースを当てる必要がない

企業にアプリ作成の業務を委託すれば、自社内のリソースを使う必要はありません。

自社内のリソースを使うと、他の業務などに支障をきたす可能性があります。外部に任せれば、自社の業務は問題なく進められますね。

デメリット①開発費用が高くなる

アプリ作成を企業に依頼する大きなデメリットは、開発費用が大きくなる点でしょう。

本当に簡単なアプリでなければ、少なくとも500万円は必要になります。ある程度の品質が必要なアプリにあれば、1000万円を超えることも珍しくありません。

これからアプリ作成を企業に委託する方は、大きな予算を確保しておきましょう。

デメリット②管理費用が発生する

企業にアプリ作成を委託すれば、そのまま管理も任せる形になる場合が多いです。

管理・運用も企業に委託すると、毎月のように費用が発生します。

アプリ作成に必要な初期費用だけでなく、運用・管理に掛かる費用も準備しておきましょう。

アプリ作成のまとめ

この記事では、アプリ作成について解説しました。

簡単なアプリであれば、プログラミングの技術や知識が無い人材でも作成できます。

ノーコードのツールによって作成できるアプリを事業やサービスに使うのは難しいですが、自社内の作業効率を上げる程度であれば十分に対応できるでしょう。

費用も安価に抑えられるので、検討する価値は十分にあると言えます。

アプリを使って事業やサービスを展開するのであれば、企業やフリーランスに外注しましょう。500万円〜2000万円と大きな費用が必要になりますが、自社開発より確実に良いアプリを開発できます。

予算面や目的によって「自社開発」と「外注」のどちらかを選択しましょう。