店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリ開発の費用はどれくらい?実際のアプリ開発でかかる費用を詳細解説! アイキャッチ画像

アプリ開発の費用はどれくらい?実際のアプリ開発でかかる費用を詳細解説!

CRM
  • hatena

近年、スマートフォンの普及により、アプリの開発が盛んに行われるようになりました。アプリ開発の需要は年々高まってきています。そこで気になってくるのが、アプリ開発の費用です。本記事ではアプリ開発にかかる費用について、詳細を解説していきます。

アプリ開発の費用はどれくらい?


アプリ開発の費用は、平均すると250万円ほどになります。ただし、これはあくまでも平均の費用であり、実際は開発するアプリの種類によって費用は変動してきます。単純な機能であるアプリほど費用は安く、反対に機能が高度になるにつれて費用は高くなります。下記、アプリごとにかかる費用の一例です。

 

アプリの種類 開発にかかる費用

ゲームアプリ: 300万円~1,000万円

メッセージアプリ: 100万円~500万円

ECアプリ: 100万円~300万円

ツール系アプリ: 50万円~300万円

 

ゲーム系アプリは、操作や画面移動、課金システムなど組み込む機能が多くなるため、他のアプリも費用が高くなる傾向にあります。逆に、単純機能のツール系アプリであれば、1つあたり50万円ほどで開発することも可能です。

アプリ開発の費用で多くを占めるのが、エンジニア・デザイナーの人件費です。アプリ開発の場合、エンジニア・デザイナーが構築した設計によって作られていきます。現物の自動車やパソコンのように、原材料や部品というものは存在せず、人が入力・作成したコードやデザインによって作られていきます。そのため、エンジニアとデザイナーに支払う人件費が開発費用の多くを占めていくのです。

アプリ開発の費用内訳

アプリ開発の費用には、人件費以外にも下記の費用が発生してきます。

  • サーバー開発
  • SSL証明書
  • 運営、保守

それぞれ詳細を解説していきましょう。

サーバー

アプリを開発する際には、はじめに開発環境を構築する必要があります。特に重要になってくるのが「サーバー」です。サーバーは、アプリ開発のデータを保存する場所として利用されます。サーバーを自前で保有している場合は費用は発生しませんが、多くの会社はレンタルサーバーを利用することになります。レンタルサーバーの費用は、サーバー提供会社によって様々ですが、相場は「数千円~数万円」になります。開発するアプリのデータ容量によって、サーバーのサイズは変わってきます。現実的には数千円ほどのサーバーでは容量が足りないことが多いので、数万円ほどのサーバー費用は見込んでおいた方が安全ですね。

SSL証明書

アプリとサーバーが通信する際、外部から情報を抜き取られないように暗号化して通信が行われます。このときに必要になるのが「SSL証明書」です。SSL証明書の費用は、5万円~10万円ほどになります。レンタルサーバー会社が提供するような低価格のSSL証明書もありますが、セキュリティ面を考慮すると、5万円以上のSSL証明書を利用した方が安心です。

運営・保守

アプリは開発してお終いではありません。開発後には運営・保守を行う必要があります。ゲームアプリなどを利用していると、よく「バグを修正しました」などのコメントが添えられて、更新がかけられることがあります。まさしくこれと同様にアプリ開発を行った場合は、運営・保守を適切に行わないとユーザーが離れていってしまいます。純粋な開発費用に加えて、運営・保守の費用も開発費に含めておくと採算が立てやすくなります。

アプリの開発費用を低くするポイント

アプリの開発費用は、工夫次第で低く抑えることが可能です。下記に挙げた項目がアプリの開発費用を抑えるポイントになります。

  • 搭載機能に優先順位をつける
  • デザインを自前で用意する
  • ターゲットを絞る

搭載機能に優先順位をつける

アプリに搭載する機能が多くなると、アプリの開発費用は高くなります。費用を抑えるためには搭載機能に優先順位を付けて、本当に組み込みたい機能のみ搭載するのがおすすめです。もちろん、機能を絞りすぎてしまうとアプリ自体の利便性が低くなるので、バランスをとる必要はありますが、優先度の低い機能を無理に搭載する必要はありません。必要な機能をあらかじめブラッシュアップして、開発を進めるようにしましょう。

デザインを自前で用意する

アプリ開発を外注する場合、デザインもすべて任せてしまうと費用が高くなってしまいます。アプリのデザインを自前で用意できれば、開発費用を抑えることが可能です。また、自社でデザインすればアプリのデザインイメージが食い違うこともないので安心ですね。デザイナーが在籍していない場合は、クラウドソーシングなどを利用して、フリーのデザイナーに外注するもの一つの手です。

ターゲットを絞る

開発するアプリの用途によってターゲットを絞っておくと、費用を抑えることができます。たとえば、iOSとAndroidユーザーのどちらに向けたアプリなのか絞るだけで、費用が抑えられますね。iOSとAndroidの両方に対応したアプリを作るとなると、片方のみに対応したアプリとは仕様が異なってくるので、その分費用が高くなります。

また、企業のオフィスで使うアプリであれば、位置情報サービスなどする際に利用する機能は不要になります。

このようにターゲットを絞れば、仕様を単純化できたり、余計な機能を排除することが可能になるので、費用を抑えることができます。

 

個人でのアプリ開発の費用はどれくらい?

フリーランスのエンジニアの方で、個人でアプリ開発を行う場合は、パソコンやサーバーを自前で揃えなければいけません。パソコンは極端にハイスペックである必要はなく、格安パソコンでなければ機能としては十分です。

注意点としては、WindowsのパソコンだとAndroidのアプリのみしか作成できない点が挙げられます。Macであれば、iOSとAndroidの両アプリを開発できるので、これからパソコンを買う場合はMacの購入をおすすめします。Macの価格は10万円以上になるケースが多いですが、分割払いで支払うこともできるので、初期投資と考えて購入するようにしましょう。

どうしても費用を抑えたいという場合は、中古のMacでもO.K.です。ただし、メルカリ、ヤフオクなどのフリマサービスで購入するのは避けた方が安全です。全員ではありませんが、中には液晶が割れていたり、キーボードが破損しているPCを出品しているケースもあります。中古PCを購入するにしても、店頭で状態を確認して購入することをおすすめします。

開発したアプリを公開する際には、Androidの場合はGooglePlay、iOSの場合はAppStoreに登録費用を支払う必要があります。GooglePlayの場合は「月$25」、AppStoreの場合は「年$99」に費用がかかるので、こちらもあらかじめ留意しておきましょう。

 

アプリ開発の費用を把握して開発を進めよう

アプリ開発の費用は、アプリの種類や機能によって大きく変わってきます。50万円ほどで開発できるツール系アプリもあれば、ゲームアプリのように1,000万円以上かかるアプリもあります。基本的に高機能なアプリになるほど開発費用は高くなりますので、開発費用を抑えるためには機能を絞ることが肝要です。

また、ターゲットを絞ったり、デザインを自前で用意することで費用を低くすることも可能です。サーバーのレンタル費用やSSL証明書の発行費用などもかかってくるので、トータルでどれくらいの費用がかかるか、事前に把握しておくことも大切ですね。個人でアプリ開発を行う場合は、パソコンの購入費用やアプリ公開の費用も考慮しておく必要があります。予算の範囲に収めてアプリ開発を行えるよう、費用の管理を細かく行うようにしましょう。