店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

「美味しい」のは当たり前!飲食店が集客のために実施すべき3つの+α アイキャッチ画像

「美味しい」のは当たり前!飲食店が集客のために実施すべき3つの+α

販売促進
  • hatena

飲食店の経営は想像以上に大変です。というのも、同じような規模で、同じような料理を出すお店は非常に多く、差別化を図るのが難しいためです。

そこで今回は、少々厳しい切り口から始まりますが、美味しい料理の提供にプラスして、実施すべきことを3つに絞ってご紹介します!

味だけで勝負する時代は終わった。他の飲食店が始めている集客方法とは?

お客様の「美味しい!」の一言。その光景、その何にも代えられない喜びの瞬間を想像して、飲食店をオープンするオーナーやシェフが大半なのではないでしょうか?

確かに、誰でも美味しい料理を提供してくれるお店を選びたいですし、店舗としてもまず「味」で勝負しようと考えるのが自然です。

お客様の居心地の良いような、今度は誰かを連れて来たくなるような、写真に撮って誰かにシェアしたくなるような、おしゃれな内装。味にもビジュアルにもこだわり尽くした看板メニュー。もちろんどれを取っても欠かせない要素なんです。

でも美味しいんです。何処へ入っても。
おしゃれなんです。何処へ入っても。
SNSにアップされる料理の写真も、どれも素晴らしいんです。

お店に出向く方にとっても、何を基準にして選んで良いか分からないほどに、美味しくておしゃれで素晴らしいお店が沢山あります。

そんな中で、なぜあのお店には行列が出来ているのでしょうか?

「味」以外に何をして他店との差別化を図っているのでしょうか?次のセクションからは、あまり大掛かりではなく、すぐにでも取りかかれる3つの対策に絞って、売り上げアップを目指した施策をご提案していきます!

飲食店が集客のために実施すべき+α① ポイントカード

Beer-Stamp-Card

来店する度にポイントが付与され、還元されるという優れもの「ポイントカード」を使えば、リピーターが増える確率は高くなります!

価格に直接反映されることで顧客満足度が向上するため、「お得感」を感じてもらいやすいのです。美味しい上にお得感もあれば、他店に一歩差をつけることができます!

散々引っ張ってポイントカードですかと。ですよね。

「カード」と言っても、最近ではスマホアプリ型のポイントカードもあります!アプリならではの機能で、店舗側としてはお客様の詳細な情報を把握できますし、お客様としても、お財布がかさばることもなく、手軽にお得なサービスを受けることができるのでおすすめです!

長期的な視点で常連の獲得を

もちろん、店舗側はお客様が得をした分を、一旦は負担することになりますが、それは短期的に見ればの話です。長期的に考えれば、常連のお客様を増やすことができるので、一人に対しての売上が何倍にもなるわけです。スマホアプリ型のポイントカードを導入することで得た顧客情報をもとに、ニーズに合わせたクーポン情報などを店舗側から発信することも可能になります。

まずお店を見つけてもらうだけでも、来店してもらうだけでもひと苦労ですから、一度来店して頂いたお客様は、胃袋もニーズもしっかりキャッチして、どんどんリピーターにしていきましょう!

飲食店が集客のために実施すべき+α② ホームページ

アントニオ猪木酒場

消費者行動は年々変化します。現在はインターネットの普及により、行きたいお店や気になるお店がある場合には「まず検索」という方が増えています。

スマートフォンでグルメサイトを開き、星の数や評判をチェックしてお店を選ぶということも、当たり前になりました。そこで、ここでもひとつ他店と差をつけて欲しいのです。

独自のホームページを持つサービスが近年台頭

グルメサイトのホームページや”店舗独自の”ホームページは、是非活用してほしいツールです。既に活用されている店舗も多いと思いますが、他店を差別化が図れるようなものになっているかを今一度、お客様目線でチェックしてみましょう!

競合店が一斉に表示されるグルメサイトでは、とにかく目立つことが必要です!目玉となる料理や引きのあるキャッチコピーで、お店のアピールポイントを知ってもらわなければなりません。

一方、店舗独自のホームページでは、もう少しコアなお客様向けのツールを入れ込んでも良いかもしれません。店主のブログや、InstagramやTwitterなどのSNSを活用して、もっと深くお店のことを知ってもらいましょう。ここまで連れて来ることができれば、あとは最高の料理とサービスを用意してご来店を待つだけです!

飲食店が集客のために実施すべき+α③ アンケート

アンケート

「どこをどのように改善したら良いのか分からない」「実際にお客様に改善点を聞ければ早いんだけど…」と頭を悩ませる店舗は多いです。なにせ紙のアンケートをテーブルやレジに置いておいても、実際にペンを執ってくれるお客様は少ないのが事実です。

そこでおすすめなのが、アンケートもスマホアプリで手軽に頂いてしまおう!という方法です。SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」を使えば、ポイント(スタンプ)を取得されたタイミングでスマホから簡単に回答してもらうことも可能です。

紙に書くのはなかなか億劫だというお客様にも、スマホで簡単にできるのならと、協力してもらいやすくなります!

ご要望とコンセプトのベストバランスを探りましょう

しかしお客様が望むことと、店側が考える改善点が食い違うこともしばしばです。アンケート機能を使ってお客様の要望を知ることができれば、改善策を立てる上で有益なヒントにはなりますが、要望のままに全てを改善すれば良いというわけでもありません。

あくまでお店の良さを生かしつつ、お客様のニーズを取り入れて、改善できるところはするというバランスが大切です。店舗のコンセプトや軸がブレてしまうことは、イメージの定着を阻む恐れがあるので避けたいところです。

飲食店が集客のために実施すべき3つの+α まとめ

「味だけで勝負する時代は終わった。」

と、なかなか勇気のいる書き出しで始めてしまいましたが、厳しいようでこれが今の飲食店が直面している現実です。

ただ、いくら魅力的なプロモーションで集客を図ったとしても、飲食店の一番の目玉である「料理」に魅力がなければ、当然お客様は離れていってしまいます。

今回は、”美味しい料理にプラスして”ぜひ試していただきたい施策をご提案してきました。お客様に喜んでいただくためのサービスの一環としても、ぜひ取り入れてみて下さい!

尚、SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」なら、今回ご提案した3つの施策を”ワンストップで”実施することが可能になります。皆様からの問い合わせ、お待ち申し上げております!