店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

飲食店のアプリ開発をして既存顧客の満足度UPを図ろう アイキャッチ画像

飲食店のアプリ開発をして既存顧客の満足度UPを図ろう

販売促進
  • hatena

飲食店を経営している人でお店専用のアプリ開発に興味がある人は多いでしょう。しかし具体的なイメージが湧かず、結局アプリのことは後回しになっていませんか?本記事では飲食店のアプリ開発をすることで、どのような結果がもたらされるのかを解説します。飲食店のアプリ開発に興味がある人はぜひ参考にしてください。

飲食店のアプリ開発は必要?一般的なサイトとの違いは?

飲食店の専用アプリ開発は本当に必要なの?と疑問に思う人もいるのではないでしょうか?また、中にはサイトで十分では?と考える人もいるかもしれません。まず、サイトとアプリの目的・違いをそれぞれ解説していきます。

サイトのターゲットは新規顧客

まず、サイトはお店を検索したときにウェブ上に表示されるものです。検索すれば誰でも閲覧可能です。飲食店のサイトであればメニューや店舗検索などのコンテンツがあります。そもそもこのようなサイトは新規顧客をターゲットとして作られていて、新規顧客を増やすことが目的です。お店の認知度を上げたり、お店に行こうか迷っている人に後押ししたりするような形です。

アプリのターゲットは既存顧客

一方アプリはインストールして使うもので、インストールをしたユーザーだけが利用できます。アプリのターゲットは既存顧客で、一度来店したことのあるお客さんにリピートしてきてもらうことを目的としています。最近では飲食店のアプリをダウンロードすると、クーポンがもらえたり、ポイントカードが利用できたりとお得な情報を得られます。これらは常連客を増やし、何度も来店してもらうことが狙いです。お店に行くと専用アプリのQRコードがテーブルや壁に貼ってあるのをよく見るのではないでしょうか?このように飲食店のアプリ開発は既存顧客の満足度アップを図りたい人にぴったりです。

飲食店のアプリ開発をするメリットは?

飲食店の専用アプリ開発をすると、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか?ここでは飲食店のアプリ開発をするメリットを4つ紹介します。

通知で最新情報をお知らせ

お店の専用アプリを開発すると、顧客に最新情報をリアルタイムで通知できます。逆に言ってしまえば、アプリを使わなければ最新情報を手軽にお知らせすることは簡単ではありません。テレビやウェブ上に広告を掲載するのはコストがかかりますし、お店にポスターを貼っても来店したお客さんしか情報を知ることができません。アプリは一度開発してしまえば低コストかつ高確率でユーザーに情報を提供できます。

スタンプカード・ポイントカードの役割に

専用アプリは情報を知らせるだけでなく、スタンプカードやポイントカードの役割を担うことができます。現在ではキャッシュレス決済も進み、財布を持たずに外出する人も珍しくありません。これからもよりキャッシュレス決済が進む時代に紙のポイントカードを利用したいと思う人は少なくなる一方でしょう。アプリはスマホ一つで管理でき、しかもなくす心配もないのでユーザーにとって利便性の高いツールです。

ユーザーが積極的に行動しやすい

アプリを使えばお店の最新情報に加え、クーポンやキャンペーンの情報を受け取れます。お得なクーポンをゲットした顧客はクーポンを使いたいと思い、来店することもあるでしょう。お得な情報を通知で定期的に知らせることで、ユーザーの積極的な行動につながります。

クーポンの集計がしやすい

アプリであればクーポンの配布だけでなく、集計も簡単です。ユーザーがどれくらいクーポンを閲覧して使用したのか、どのクーポンの使用率が高いのかをデータとして閲覧しやすくなります。紙のクーポンでは配布も集計も大変です。

飲食店のアプリ開発をするデメリットは?

飲食店のアプリ開発はメリットばかりではありません。中にはデメリットな部分もあります。飲食店のアプリ開発を決定する前に確認しておきましょう。

アンインストールの可能性も

アプリを開発して多くのお客さんにインストールしてもらったからと言って、安心はできません。アプリはアンインストールされる可能性もあります。例えば、アプリの通知が多すぎるとユーザーは煩わしく感じてしまいます。逆にお得情報が全く得られなければ、アプリの意味がありません。ユーザーは少しの不便さでも感じると簡単にアンインストールできてしまうので、ほどよい頻度でユーザーにお得な情報を提供することがとても大切です。アンインストールされてしまうとユーザーに一切情報が届かなくなってしまうので、できるだけ継続して利用されるような工夫が必要です。

費用がかかる

飲食店のアプリ開発にはどうしてもコストがかかります。機能の多さやデザインによってかかるコストは変わりますが、アプリの開発は業者に頼むことが多いのでそれなりの費用はかかってしまいます。しかも維持費も必要で、バージョンアップの際にはその都度費用がかかります。しかも配信やクーポンの内容を考えるコストもかかり、容易には開発を決定できません。

飲食店のアプリ開発の費用相場は?

飲食店のアプリ開発には一般的にどれくらいの費用がかかるのでしょうか?ここでは飲食店を含む、店舗アプリの開発費用の相場を見ていきます。

相場は300万円~500万円

店舗アプリの開発費用相場は300万円~500万円です。企画から開発までを全面的に外部委託すると、500万円以上かかることもあります。店舗アプリでは会員登録や店舗検索など多数の機能が必要となるため、安い金額にはなりません。またアプリの開発費用はエンジニアのレベルによっても大きく変動し、レベルの高いエンジニアに依頼すると金額が高くなる傾向にあります。

開発費用を安く済ませる方法

決して安くはないアプリ開発の費用をできるだけ抑える方法がいくつかあります。代表的なのは次の3つの方法です。

・複数の開発業者を比較する
・デザインや設計を自社で考える
・レベニューシェアを活用

まず必ずやっておきたいのは、複数の開発業者に見積もりを出してもらうことです。1つの開発業者だけでは異常に高い金額を提案されている可能性もあるので、複数の業者に見積もりをしてもらい比較することが大切です。反対に安すぎる金額も、別途費用が多くかかる可能性があるので注意が必要です。

また全面的に委託するのではなく、自社で対応できる部分は対応することで費用を抑えることもできます。加えてレベニューシェアというものもあり、アプリのリリース後に出た利益を開発会社と発注会社で分配するという方法です。レベニューシェアを活用すればある程度開発費用を抑えることができます。

飲食店のアプリ開発をするなら欲しいコンテンツ例

最後に店舗アプリの中でも特に飲食店のアプリ開発をするなら便利なコンテンツを紹介します。飲食店のアプリ開発・設計をする際の参考にしてください。

最新情報の通知

最新情報をユーザーのスマホに通知できるのは店舗アプリ特有のメリットです。サイトでは通知はできずユーザーの検索を待つばかりですが、アプリであれば店舗側からユーザーへ積極的に情報を提供できます。さらに位置情報を使って近くの店舗のお得情報を、ユーザーごとのグループに分けて送るとより効果的です。

ポイントカード・スタンプカード

飲食店のアプリを開発するなら必ず欲しい機能がポイントカード機能です。紙のポイントカードよりも配布・集計が簡単で、お客さんも財布の中でなくす心配がありません。アプリでいつでもポイントやスタンプが貯まっていくのを見るのが楽しく、再び来店するお客さんを増やす効果もあります。

予約機能

予約機能もユーザーにとってうれしい機能です。「お店に行きたいけれど混んでいそうだからやめよう」「電話での予約は面倒」と考える人も少なくありません。そんな時にアプリで予約ができれば手軽で待ち時間もなく、ユーザーの積極的な来店を促します。

店舗検索・マップ

予約機能と併用したいのが近くの店舗検索とマップを表示する機能です。ユーザーが現在いる場所からどれくらいの距離にお店があるのかわかると便利ですよね。

クーポン

クーポンの定期的な配信も非常に重要なコンテンツです。アプリをインストールしている人はお得な情報が得られ、インストールしていない人にもクーポンをアプリで得られるというアピールになります。クーポンやキャンペーンのお得情報がアプリのインストール数を増やす鍵となります。

飲食店のアプリ開発まとめ

本記事では飲食店のアプリ開発の必要性から、アプリのメリット・デメリット、飲食店アプリに必要なコンテンツまで紹介しました。飲食店のアプリ開発は決して安い買い物ではありませんが、それに見合うだけのメリットがあります。現在ではキャッシュレス決済の浸透が進み、スマホは人々の生活により欠かせないものとなっています。アプリはスマホにインストールすることで、常にユーザーの目に入るという広告効果も少なからずあります。

このスマホが主の時代にアプリを開発してリリースすることは必ず集客効果をもたらし、お店の収益アップにつながるでしょう。飲食店のアプリ開発が気になる人は、まず複数の業者に見積もりを出してもらうところから始めてみてはいかがでしょうか?

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る