店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリ制作でおすすめの制作ツール!初心者でも利用できるツールをご紹介! アイキャッチ画像

アプリ制作でおすすめの制作ツール!初心者でも利用できるツールをご紹介!

マーケティング
  • hatena

アプリ制作と聞くと高度なプログラミング技術が必要と思われがちですが、実は「制作ツール」を利用することで簡単にアプリを作ることが可能です。制作ツールを活用すれば、エンジニアのリソースが足りなくてもアプリ制作を行えます。制作ツールの情報について、本記事で詳細を解説していきます。

アプリ制作でおすすめの制作ツールとは?

アプリ制作を行うためには、SwiftやKotlin、Javaといったプログラミング言語の知識が必須だと思われがちですが、実は制作ツールを利用してアプリを作ることもできます。アプリ制作の需要が高まっていく中、専門知識がない人でもアプリを作れるよう、制作ツールの提供が進んでいます。

プログラミングを一から習得してアプリ制作を行うには、時間とコストがかかってしまいます。自身の趣味レベルでアプリを開発するのであれば時間をかけても問題ありませんが、ビジネスとしてアプリ制作を行っていくのであれば最短距離でアプリ制作を行っていく必要があります。

アプリ制作ツールを使えば、直感的な操作でアプリ制作を行うことが可能です。どの機能を搭載したいのか、どのようなレイアウトにしたいかなどを選択して配置していく形になります。時間をかけずにアプリを作りたい人にも、ツールの利用はおすすめです。

ツールを使えば、最低限のプログラミング人材でアプリ制作を行えます。リリース前の最終的な微調整はプログラマーが行った方が安心ですが、チェック要因の人材として雇えばよいので、人員をそこまで多くかける必要はありません。プログラマーを雇う余裕がない中小企業、ベンチャー企業にもおすすめですね。

アプリ制作でおすすめの制作ツール

アプリ制作でおすすめの制作ツールとして、下記のツールが挙げられます。

  • Monaca(モナカ)
  • Yappli(ヤプリ)
  • Game Salad

それぞれ詳細を見ていきましょう。

Monaca(モナカ)

MonacaではiOSやAndroidアプリ、Windows、macOSなどのデスクトップアプリなど多彩なアプリを開発することが可能です。AngularやVue.jsなど各種ライブラリにも対応しています。

Monacaを利用する際に特別な環境構築は一切必要ありません。エディタやビルド環境はすべてクラウド上に用意されているので、Monacaを申し込んでからすぐにアプリ制作に取り組むことができます。

また、ローカル環境でファイルを編集することもできるので、ネット環境の良し悪しに左右されずにアプリ制作を行えます。

Yappli(ヤプリ)

Yappliはアプリ開発・運用・分析をワンストップで行えるプラットフォームです。これまでに450社以上の企業で導入されてきています。

Yappliに登録されているデザインの種類も豊富で、顧客属性に合ったアプリを制作できます。

操作方法も複雑でなく、直感的な操作でアプリ制作が可能です。更新内容も管理画面でリアルタイムでチェックできるので、余計な作業時間を減らすことができます。

Game Salad

Game Saladはプログラミングの知識を使わずにゲーム関連のアプリを作れるツールです。機能やデザインなどをドラック、ドロップするだけでゲームアプリを作ることが可能です。

Game SaladはiOS、Androidの両OSに対応しています。また、Game Saladで作成したゲームをそのまま画面上にアップロードしてプレイすることもできます。

環境構築をせずにゲームアプリを制作できる点もGame Saladの強みです。

アプリ制作でおすすめの会社

アプリ制作を完全に外注して制作したい場合は、アプリ制作の専門会社へ依頼することがおすすめです。アプリ制作会社の数は年々増えているので、初めて依頼する場合はどの会社を利用すれば良いか迷ってしまうかもしれません。

これから初めてアプリ制作を外注する際は、下記のアプリ制作会社がおすすめです。

  • 株式会社ジークス
  • フェンリル株式会社
  • 株式会社ブレイブソフト

株式会社ジークス

株式会社ジークスは、スマホ・タブレット向けアプリ、Webコンテンツの制作・運用を手掛ける会社です。ジークス内にクリエイティブチームを設置しており、自社開発100%の体制でアプリ制作を行ってくれます。

エンジニア、デザイナーが同じ場所に滞在しているので、プロジェクトの上流・下流の工程まで一貫してサービスを受けることが可能です。

依頼費用については別途問い合わせが必要になります。ジークスのホームページから問い合わせを行えるので、問い合わせの際にどのようなアプリを制作したいか伝えるようにしましょう。

フェンリル株式会社

フェンリル株式会社は大阪に本社を置くソフトウェア・アプリ制作企業です。日本においてソフトウェアやアプリのデザイン性が重視されていなかった時代から一貫して「デザイン重視」の設計・制作を進めています。

これまでの累計開発実績は400社、600アプリ以上です。トヨタ自動車や東海旅客鉄道など大手企業に対してアプリ制作を行った実績もあります。

アプリを公開した後も追加機能の開発やデザインの再検討、販売戦略の構築などのサポートを受けることができます。初めてアプリ制作を依頼する中で、充実したサポートも受けたい場合におすすめの開発会社です。

株式会社ブレイブソフト

株式会社ブレイブソフトは、老舗のアプリ開発会社として知名度が高い会社です。これまで開発してきたアプリの数は500本以上で、有名アプリの制作も多く手掛けてきています。

通信教育で有名な「進研ゼミ」、大手アイスクリーム販売企業の「31アイスクリーム」など、有名サービス、企業のアプリ開発実績も豊富です。

ビジネス、エンタメ問わず広いジャンルのアプリ制作に強みをもっています。実生活に役立つアプリ開発も得意としており、要望に沿ったアプリを制作してくれます。

アプリ制作でおすすめのツール・会社を利用する際に注意すべき点

アプリ制作でおすすめのツール・会社を利用する際に注意すべき点として、下記の点が挙げられます。

  • どのようなアプリを作りたいか
  • 料金プランが適正か
  • ツールの使い勝手が良いか

それぞれ詳細を確認していきましょう。

どのようなアプリを作りたいか

まずはどのような機能をもったアプリを作りたいか、検討する必要があります。アプリ制作において、アプリの機能を決めることはその後の売上を左右するといっても過言ではありません。

ツールによっては、導入できる機能が限られてしまう場合があります。作りたいアプリによっては対応できないこともあるので要注意です。

アプリ制作ツールで搭載できる機能が十分であるか、利用する前に確認するようにしましょう。

料金プランが適正か

アプリ制作ツール、アプリ制作会社を利用する際、料金プランが適正であるか必ず確認するようにしましょう。アプリ制作ツールの場合は、法外な料金プランのツールは淘汰されやすいので適正価格を判断しやすいですが、アプリ制作会社の場合だと料金相場にバラツキがあります。

料金が高いからといってサービスの品質が高いとは限りません。制作会社の実績や評判を確認してから、制作依頼を行うようにしましょう。

ツールの使い勝手が良いか

アプリ制作ツールを利用する際は、ツールの使い勝手が良いかどうかもチェックするようにしましょう。操作感は実際に使用してみないと分からない部分もあるので、確認必須です。

アプリ制作ツールの中には無料トライアルを実施しているものもあります。複数のツールをトライアルで使用してみて、一番使いやすいものを導入するようにしましょう。

アプリ制作でおすすめのツール・会社を利用しよう

アプリ制作を行う際は、制作ツールや制作会社を利用することがおすすめです。直感的に操作できるツールが多いので、プログラミングの知識がなくても安心して利用できます。エンジニアのリソースが十分でなくても、制作ツールを活用すれば無理なくアプリ制作を進められます。

自社でアプリ制作を行うのがどうしても不安という場合は、アプリ制作会社の利用がおすすめです。アプリ制作会社に依頼すれば、高品質なアプリを短期間で制作してくれます。アプリ制作に回せる予算に余裕がある場合は、アプリ制作会社を利用してアプリ制作を行っても良いかもしれません。

アプリ制作ツール、アプリ開発会社を上手く使って、アプリ制作事業を始めていきましょう。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る