店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

おすすめのアプリ開発会社3選【メリットとデメリットあり】 アイキャッチ画像

おすすめのアプリ開発会社3選【メリットとデメリットあり】

マーケティング
  • hatena

「どうやってアプリ開発会社を選定すれば良いか分からない」

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

アプリを製作したいと考えているにも関わらず、どのアプリ開発会社に依頼すれば良いか悩んでいる企業は多いでしょう。

この記事では、アプリ開発会社の選定方法や、おすすめの企業を紹介します。

アプリ開発会社に依頼する3つのメリット

アプリ開発会社に依頼する3つのメリット イメージ画像

まずは、アプリ開発会社に依頼するメリットを解説していきます。

今ではプログラミングの素人でもアプリ製作ができるノーコードのツールを利用する人も多いですが、アプリ開発会社に依頼するメリットは多いです。

品質が担保されている

アプリ開発会社は、プロのデザイナーとエンジニアでチームが組まれているので、成果物の品質が高いです。

全ての企業が良いとは断言できませんが、素人がノーコードツールのテンプレートを使用して作成したアプリよりは必ず良い成果物が完成します。

品質が悪くても問題が無い自社内で利用するアプリであればノーコードツールを利用するのも良いですが、サービスや事業を展開するなら品質には力を入れましょう。

様々なノウハウを得られる

アプリ開発会社は、今までに多くのアプリ製作を担当している為、そこで得た知見やノウハウを習得できます。

自社がビジネスアプリの製作を希望しているのであれば、それと同じジャンルで成功したアプリ開発会社に依頼することで成功確率は上がるでしょう。

これまでにアプリの事業で成功したことが無い企業は、アプリ開発会社に依頼してサポートを受けるべきですね。

アプリだけで事業を展開できる

品質の良いアプリを開発して利用者が増えれば、それだけで事業を展開できます。

「パズドラ」や「シャドウバース」は、利用者が扱いやすい品質の高いアプリなので、多く方に愛されました。その結果、アプリからグッズ販売などの事業展開に成功しています。

スマホアプリだけでなく、個人事業主向け会計ソフト「freee」もWEBアプリで大きな収益を上げているので、アプリだけで事業を展開することは十分に可能です。

アプリ開発会社の費用を抑えるポイント2選

アプリ開発会社の費用を抑えるポイント2選 イメージ画像

アプリ開発会社に委託すると、費用が大きく必要になります。平均的には、500万円〜2000万円が相場です。

そこで、アプリ開発会社の費用を抑える為に重要なポイントを解説していきます。

多くの企業から見積もりを提出してもらう

アプリ開発に掛かる費用は、会社によって大きく異なります。

その為、多くの企業から見積もりを貰うことで、適切な価格でアプリ製作を行うことが可能です。

複数の企業に見積もりを提出すれば、必ず費用が異なっています。

見積もりを確認して、技術面と費用面でコスパが良い企業を選定しましょう。最低でも、5社の見積もりは確認するべきです。

納品された成果物は問題無かったですが、相場より高く依頼してしまったという失敗ケースは多いですね。

プラットフォームの開発を受けている企業を探す

アプリ開発会社の費用を抑えるのであれば、開発方法を変える必要があります。

多くの企業はコードを書いてのアプリ開発を希望する為、数多くのエンジニアとデザイナーを用意しなければいけません。それだと、開発費が大きくなりますね。

開発費を抑えてアプリを製作したいと考える企業は多いでしょう。そこで最近のアプリ開発会社は、既存のプラットフォームを利用してアプリ製作を請け負っています。

既存のプラットフォームを使えば、エンジニアやデザイナーの数を減らして案件に対応できるので、開発費を大きく抑えることが可能です。

アプリ開発会社を選定する際の3つの確認ポイント

アプリ開発会社を選定する際の3つの確認ポイント イメージ画像

アプリ開発会社に依頼するメリットと注意点を把握して頂いたので、次に会社を選定する際に確認するべきポイントを解説していきます。

運用までサポートできるのか

アプリはリリースするだけで完成ではありません。

利用者が増えてくると、改善点や不具合は出てくるでしょう。またアプリのマーケティングも必須です。

アプリ開発会社によって異なりますが、アプリ製作から運用までサポートできる企業を選定しましょう。

アプリ製作と運用を別会社に依頼すると、費用が高くなる傾向があります。

アプリ製作の実績はあるのか

アプリ開発会社の中には、ホームページは綺麗でも評判が悪い企業は普通にあります。

依頼する企業を選定する際は、過去の実績を確認しておきましょう。

実績を見る際は、成果物のデザインとマーケティングを確認した方が良いです。

どれだけ良いアプリをリリースしても、利用者が増えなければ意味がありません。

アプリ開発会社が担当したアプリが多くの人に利用されているのであれば、マーケティングに強いと言えます。

アプリの中でも得意な分野はどれか

アプリ開発会社によって得意な分野が異なるので、自社が製作しようと考えているアプリの分野に強い企業を選定しましょう。

企業の得意な分野は、実績を確認すれば判断できます。

ゲームアプリの開発が得意な企業にビジネスアプリを依頼するのは、あまりおすすめしません。UI/UXの視点などが全く異なるので、良い成果物は期待できないでしょう。

おすすめのアプリ開発会社3選

おすすめのアプリ開発会社3選 イメージ画像

今までの記事を読んで、アプリ開発会社に依頼を考えている企業は多いでしょう。

そこで、おすすめのアプリ開発会社を紹介していきます。

マルチ編:株式会社ジークス

株式会社ジークスは、ゲームやビジネスアプリなど特的のジャンルではなく、幅広く取り扱っているのが特徴です。

デザインから開発まで多くの業務を担当していて、1000社以上の取引実績があります。

どのようなアプリを製作するか悩んでいる企業の方は、マルチに対応できる株式会社ジークスに相談をしてみましょう。

実績も豊富なので、依頼すれば良いアプリを開発できる可能性が高いです。

ゲーム編:株式会社クロスゲームズ

株式会社クロスゲームは、ゲームアプリの製作に力を入れているアプリ開発会社です。

今までに多くの大企業のゲームアプリの開発を担当していて、実績は申し分ありません。

「戦国大戦S」などの開発は、株式会社クロスゲームズが担当しています。

開発費は大きくなる可能性が高いですが、アプリを使って本気で事業を展開するのであれば依頼する価値は十分にあると言えるでしょう。

ゲーム開発を依頼するのであれば、株式会社クロスゲームズがおすすめです。

ビジネス編:CyberCats

ビジネス分野のアプリを製作するのであれば、CyberCatsがおすすめです。

多くのビジネスアプリを開発していて、実績が豊富にあります。自社内で利用するアプリや、リリースして利益を上げるのも良いでしょう。

安価でアプリ製作を請け負っているのも特徴で、コストパフォーマンスに期待できます。

これからビジネスアプリを開発するのであれば、CyberCatsは選択肢の一つですね。

アプリ開発会社まとめ

この記事では、アプリ開発会社について徹底解説しました。

アプリを使ってサービスや事業を展開する為に、アプリ開発会社を探している人は多いでしょう。

マルチ編:株式会社ジークス

ゲーム編:株式会社クロスゲームズ

ビジネス編:CyberCats

上記のアプリ開発会社は実績も豊富なので、依頼しても間違いは起きないでしょう。

アプリ開発会社に依頼する際は、大きな費用を準備しなければいけません。予算が少ないのであれば、フリーランスや自社開発も視野に入れましょう。

ただ、事業としてアプリを利用するなら、初期費用が大きくても挑戦する価値は十分あります。複数のアプリ開発会社に見積もりを依頼すれば、相場から大きく外れた費用で依頼する可能性が低くなるのでおすすめです。