店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

集客アプリランキング|集客ツールとしておすすめのアプリを紹介 アイキャッチ画像

集客アプリランキング|集客ツールとしておすすめのアプリを紹介

販売促進
  • hatena

現代では、集客アプリを使ったマーケティングが注目を集めています。
従来はWebサイトを使った集客が主流でしたが、スマートフォンの普及やアプリの利便性の高さなどの理由により集客アプリの勢いが増して来ました。

今回は、集客アプリの中でも特におすすめのものをランキング形式で紹介していきます。

集客アプリランキング第1位:LINE公式アカウント

集客アプリランキング第1位は「LINE公式アカウント」です。

LINEは月間8400万人以上の国民が利用するコミュニケーションアプリです。
LINE公式アカウントとは、企業や店舗のビジネスに活用するために作成するアカウントのことを指します。無料プラン、5000円のライトプラン、15000円のスタンダートプランの3種類が用意されています。
プランごとの違いは送信できるメッセージ数です。無料プランは月1000通、ライトプランは月15000通、スタンダードプランは月45000通まで送信することが可能です。

LINEはそのユーザー数の多さと情報伝達のしやすさから、特に新規顧客の獲得にはかなり効果的です。
また、導入コストが低く、インフラ設備を整える必要がないためすぐに始められるという点もメリットとして挙げられます。
一度追加されれば「友だち」としてリストに入るLINEでは定期的な情報発信を直接通知で行えるため、リピーターの獲得にもつなげることができるでしょう。

現代において大多数の人が活用するLINEにおいて直接通知を入れて顧客とコミュニケーションが取れるLINE公式アカウントは集客に大いに役立つため、集客アプリランキング堂々の第1位に輝きました。

集客アプリランキング第2位:GMOおみせアプリ

集客アプリランキング第2位は「GMOおみせアプリ」です。

GMOおみせアプリとは、GMOデジタルラボ株式会社が運営する国内最大級の店舗向けアプリ作成サービスです。

GMOおみせアプリで店舗アプリを作成し、顧客に提供した場合のメリットは以下の通りです。

  • クーポンやキャンペーンの告知で休眠顧客を復活させることができる
  • ポイントや特典の付与、ランクアップシステムなどによってロイヤルカスタマーの育成ができる
  • タイムセールの通知などのリアルタイムの情報発信によって即アクションができるようにし、購入のハードルを下げて購入機会を増やす

アプリの制作からストアの申請までの発信に置いて必要な作業をGMOデジタルラボ株式会社がすべて代行してくれるため、制作リソースは必要なく、必要事項を提出するだけで利用することができます。

GMOおみせアプリの支払い方法には、月額の費用を利用する期間の分だけ支払う「1年更新型」と、アプリ自体を購入し、支払いが終わった後も利用し続けられる「買取型」の2種類があります。

制作リソースがなくてもアップセル商品の販売やO2Oアプリの導入、顧客満足度の向上が行える店舗アプリを開発し、集客につなげることができるという点が企業に役立つため集客アプリランキング第2位に選ばれました。

集客アプリランキング第3位:みせめぐ

集客アプリランキング第3位は「みせめぐ」です。

みせめぐとは、株式会社ビジコムが運営する店舗集客アプリです。約3500店舗に導入されていて、会員数は60000人ほどいます。

みせめぐは、ビジコムのPOSレジの普及が目的で開発された店舗アプリであるため、利益を得るためのサービスとして提供されていません。そのため、完全無料で利用することが可能です。

みせめぐの大きな特徴として、「みんなで共有・発信」という点が挙げられます。
みせめぐはオリジナルの店舗アプリとは違い、様々な業種のチェーン店・個人店と共有して利用できます。開発・維持にかかるコストが削減できるのはそのためです。

他店舗との共有であれば、アプリのダウンロードやユーザー登録などの顧客が費やす労力を削減でき、顧客満足度の向上につながりますし、アプリをアンインストールされることも少なくなります。

企業や店舗がみせめぐを導入するメリットは以下の通りです。

  • お店の位置情報の検索やプッシュ通知、ポイントシステム、会員証の付与、購入履歴などの機能によって集客や販売を促進する
  • 購入履歴や顧客の情報から分析し、マーケティングに活用することが可能になる
  • POSレジやクラウドサービスと連動することでより詳細な情報の収集・管理が可能になる

コストを大幅に抑えられること、オリジナル店舗アプリのデメリットをカバーしていること、詳細な情報を収集・管理できるサービスと連動できるということの3点が企業や店舗にとって大きな利点になるため集客アプリランキング第3位に選ばれました。

集客アプリランキング第4位:店舗アプリ

集客アプリランキング第4位は「店舗アプリ」です。

店舗アプリは株式会社トラスメディアGPが運営するアプリ開発・運用サービスです。850社以上、7000店舗以上の導入実績があり、店舗数・業種は国内トップシェアを誇ります。

業種に応じておすすめのデザインや機能を提示してくれるため、企業や店舗ごとに最適なアプリを開発することができます。
店舗アプリがデザインや機能を分けている具体的な業種は、飲食店・カフェ、美容・サロン、アパレル、EC/実店舗、BAR・クラブなどが挙げられます。

店舗アプリは、

  • DMやチラシ、メルマガなどの情報が顧客に届いていない
  • 多くの広告媒体費を払い続けている
  • メルマガの登録を促すことでブランドイメージを低下させている
  • リピーターが作れない
  • WebサイトやSNSが活用できずWeb集客が上手くいってない
  • ツールを1つに集約したい

などの企業や店舗がかかえる悩みを解決してくれます。

店舗アプリの月額費は店舗数によって異なります。1店舗のみの場合月額15000円以下、2~9店舗までは月額12600円以下、10~30店舗までの場合は月額6000円以下といった料金設定です。
ディスク容量、プッシュ通知、OSアップデート、アプリ保守、サーバー利用、ダウンロード数に応じた課金という内訳の料金だと考えるとかなりお得であると言えるでしょう。

企業や店舗の視点で見た場合、業種に応じた機能やデザインが設定できることや高い集客効果があること、低コストなことは集客ツールとして活用する理由としては十分です。

以上が集客アプリランキング第4位の「店舗アプリ」についてでした。

集客アプリランキングまとめ

第1位から第4位までの集客アプリランキングを紹介しました。
ランキングは以下の通りです。

  1. LINE公式アプリ
  2. GMOおみせアプリ
  3. みせめぐ
  4. 店舗アプリ

これらの集客アプリはそれぞれ特徴や適した状況を持っており、集客に大変効果的な質の高い集客アプリであることは分かっていただけたと思います。

集客アプリの活用が一般的となった現代では、多くの集客アプリが提供されています。
膨大な集客アプリから企業や店舗の業種やプロモーションに適していない集客アプリを選んでしまうと上手く集客に活かせずにただコストをかけただけになってしまうでしょう。集客アプリを選ぶ際は、本記事を参考に、集客や販売を促進してくれるような集客アプリを見極め、慎重に選びましょう。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る