お知らせ

『SHOP FORCE』UNDEFEATEDアプリでOMO時代のCXを具現化

2020年11月11日

プレスリリース

22Inc.(東京都目黒区 代表取締役 網永 穣)は、TSIホールディングスグループのスタージョイナス社が運営するスニーカーブティック「UNDEFEATED(アンディフィーテッド)」のオリジナルアプリを開発しリリースしたことをお知らせ致します。


SHOP FORCE について

SHOP FORCE(ショップフォース)はリアルとデジタルを統合活用し、お客様とのつながりを築くCRMソリューションです。実店舗に加えて、ECなどオンラインの利用情報も統合した上で顧客体験を最適化、店舗・ブランドのロイヤリティ向上&再来店を促進します。飲食店、アパレルなどの小売店をはじめ、様々な業種・業態に幅広く導入されています。
サービスサイト:https://shopforce.jp/

UNDEFEATED について

「何事にも屈しない、決して打ち負かされない」という強い意を込めて2002年9月11日にLAで設立。UNDEFEATEDオリジナルアパレル、人気ブランドスニーカーなど数多く取り扱うスニーカーブティック。
オンラインショップ:https://undefeated.jp/shop/default.aspx

取り組み内容

アプリ開発の背景

withコロナ下でEC利用が一般化、お客様の行動がEC・実店舗を行き来する中、従来以上に”オンライン×オフラインを横断管理できる”システムが必要不可欠でした。そんな中、スタージョイナス社では、利用状況に合わせたCX(顧客体験:カスタマーエクスペリエンス)の実現に向け、最良最速の手段として、SHOP FORCEオリジナルアプリ開発を採用しました。

購入情報を元にオリジナルアプリで高度なCRMを実現

SHOP FORCEでは、オンライン(ECサイト)・オフライン(POSシステム)の購入情報は、お客様の情報に紐付いて統合管理されています。

 

アプリでは、ECのログイン情報の保持からのスムーズな購買体験、実店舗での購買時の会員カード表示でのポイント付与、EC・実店舗合わせた購買履歴の表示まで、オンライン・オフラインの垣根を全く意識しないシームレスな顧客体験が実現されています。

 

お客様の情報や購買情報(購入商品や金額及び頻度等)に基づき、新製品や抽選情報等のお知らせを自動でターゲティング配信し、顧客接点を高度にコントロールすることで、一斉告知のみのアプリと比較し一線を画すCXを提供しています。

ブランド世界観とユーザビリティの両立


スニーカーブティック「UNDEFEATED」の世界観を表現するためHOMEタブのUIには特に拘りながら一つ一つのアイコン形状や色味に至るまで作り込みを実施。また作り込みによって失なわれがちな実利用での便利さを軽視することなく、ECサイトや店舗での購買行動を入念に想定しブランド世界観と実用性をバランスしました。

プラットフォーム型アプリ「スタンプス」との連携

お客様の特性として、UNDEFEATEDだけでは無く他ブランドのポイント収集をされている方もいらっしゃることから、SHOP FORCEの展開する200万DL突破のプラットフォームアプリ「スタンプス」でもUNDEFEATEDポイントやお知らせの確認が可能です。(ポイントの獲得はできません)
スタンプス:https://stamp.sc/app

 

会社概要

22Inc.(22株式会社)

代表取締役:網永 穣

URL:https://22inc.jp

本社:東京都目黒区

設立:2012年5月

事業内容:アプリ、ウェブサービスの企画・開発

 

SHOP FORCEに関するお問い合わせ先

22Inc.(ニーニーインク)

TEL:050-5846-9005

Email: press@22inc.jp

担当:神(ジン)

 

※本リリースに記載されている会社名、製品名、サービス名は各社の商標または登録商標です。

ニュース一覧へ戻る

リアルとデジタルを統合活用して
お客さまとのつながりを築く
CRMソリューション

導入を検討されている方、機能の詳細をご覧になりたい方は
こちらからお問い合わせください

電話でのお問い合わせはこちら 電話番号0120-979-030 受付時間 | 平日10:00 - 19:00