店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

SFA

SFAとは、Salse Force Automation「営業支援システム」の略である。つまり営業部員のためのあらゆる支援を自動的に行うことで、営業コストを抑えると同時に利益アップにつなげることを目的としている。
営業活動は活動状況や進捗度合いなど目に見えない部分が多いため、細かな管理が難しく売上アップに結び付けるのが難しいという問題があった。これを解消し、出来る限り営業活動の状況を迅速に「見える化」するようにしたものがSFAである。営業活動は人員の能力差などがあり売上成績にどうしても個人差が出るが、こうした問題もSFAを導入することにより各営業部員の活動内容などを把握し、情報共有などをうまく行うことによって、営業部門全体として限られた人員をうまく動かして利益向上につなげることが可能となる。営業活動を個人ではなくチーム全体としての活動とすることで最大の利益を上げることができるようにしたものである。
具体的には、顧客管理、案件管理、スケジュール管理、案件管理など営業活動におけるあらゆる情報の管理を自動化し、これらの情報をもとに営業部員が営業活動に効率良く集中して行えるようにしているのが特長である。
SFAは単に営業部門の支援を行うだけのものではない。店舗経営やブランド運営などにおいて、SFAを導入することによって営業活動と在庫管理など他部門との連携をスムーズに行うこともできるため、営業部門だけでなく店舗経営全体における業務の効率化や利益向上、ブランドイメージのアップなどに役立てることができる。