店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

オンラインショップ(EC)

インターネットビジネスの1つで、オンライン上で電子商取引法に沿って仮想商店街を開くことを指す。サイト内には、複数の企業や個人の商店が並び、欲しい商品を家にいながら購入できるのがメリット。売れ筋商品に絞り込んで販売するだけでなく、多品目の販売(ロングテール)もできるのが、店舗の魅力的だ。
現代では、ECサイトの利用者数が圧倒的に多く、実店舗がなくてもサイトのみで活動している会社も存在している。
ECサイトを運営して行く上で利用者にとって重要なポイントは決済手段と配送速度といえる。

①決済手段
ECサイトを運用するにあたり、瞬時に決済できる以下の3つは今後、必須である。

・pay系統:よく使用される決済システムとして有名。あらかじめ顧客側がチャージすることができるため、残高を気にしなくても気軽に購入することから人気が出ている。

・CAT(信用照会端末):クレジットカードの利用に際して不安がある場合、オンラインカードの無効や信託限度額の確認などを行うことができる。

・ファームバンキング:企業のコンピューターやパソコンを金融関係の機関に接続し、金融機関の各種サービスをオンラインで利用することができる。

②運送システム
都市部では顧客が注文してから翌日〜翌々日に届くのが通常の感覚になっている。そのため、ECサイトでは配達に日数がかかるだけで、顧客離れが起きる傾向が見受けられる。
配達に関する重要性は各企業が、研究しているほど重要視されている。
例えとして、アマゾンジャパンや日本郵便ではドローンを使った配送を検討しているほどだ。2019年にはテスト飛行も終えたばかりである。しかし、ドローンの弱点として風に弱いことがあり、さらなる工夫が必要とのこと。
トヨタでは、配送の発展形を目指し、都市の地下に走行型の流通機構を組み込む構想も出ている。
以上のように、配達に関しのスピード感は今後もますます求められていくであろう。