店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

顧客の再来店を促進する方法4選【リピートしない原因は?】 アイキャッチ画像

顧客の再来店を促進する方法4選【リピートしない原因は?】

販売促進
  • hatena

広告や口コミによって新規顧客を獲得したにも関わらず、再来店されずに悩んでいる企業は多いのではないでしょうか。

この記事を読めば、新規顧客に再来店を促進する方法や、メリットを知ることができます。

顧客に再来店して欲しいと考えている企業や個人の方は、是非ご覧ください。

顧客に再来店を促進するべき理由

まずは、顧客に再来店を促進するべき理由を解説していきます。

理由を把握しておくことで、顧客に再来店を促進するべき理由が明確になるので、確認しておきましょう。

安定した収入を確立できるから

顧客が再来店してくれるようになれば、来客数が増加して収入が上がる可能性が高くなります。

来客数が増加すれば収入も安定するので、新規顧客が再来店するように戦略を練らなければいけませんね。

新規顧客を獲得するには費用も時間も必要ですが、一度来店されたお客さんをリピートで獲得するのはサービスや接客などで問題ありません。どんなお客様でも来たいと思えるサービスや商品を提供すれば簡単にリピートされるので、ぜひ試して下さい。

安定した収入を得たいと考えているのであれば、新規顧客が再来店するように促進する必要があります。

新規顧客を集めるより簡単

新規顧客を集めるには口コミやチラシ、広告を使って認知を広げなければいけません。

その為、新規顧客を集めるより、既存顧客を再来店させて収入を上げる方が簡単です。新規顧客でもリピーターの顧客でも、売上は変わりません。それなら、簡単に収入を作れる既存の顧客をリピートさせた方がコスパが良いですね。

既存顧客に再来店を促した方が、新規顧客を来店させるより簡単に売上を作ることができます。

顧客の再来店を促進する前に、再来店しない原因を探ろう

多くの企業が顧客の再来店を望んでいますが、上手くできていない場合が多いです。

そこで、顧客が再来店しない原因を紹介します。これから紹介する原因に当てはまった企業は、すぐに改善を行いましょう。

サービスや商品が悪かった

どれだけチラシや広告を使って新規顧客を集客しても、サービスや商品が悪ければ再来店する可能性はありません。

顧客を再来店させるには、サービスや商品が満足できる内容であることが大前提です。

新規顧客がリピートしないと感じたら、サービスや商品に目を向けて改善策を検討しましょう。

来店された顧客がリピートしない理由は、サービスや商品に問題があるケースが多いですね。言い換えると、顧客に再来店を促進しても効果がないと感じたら、サービスと商品を変えるだけで他の顧客からも満足度が上がるかもしれません。

再来店を促進していない

そもそも、顧客に対して再来店されるような促進を行っていない企業が多いです。

再来店を促進するかしないかで、顧客の行動は大きく変わります。

顧客を再来店させたと考えているのであれば、リピートされるように促進しましょう。少し顧客にアプローチするだけで、効果が出る可能性は十分にあります。

ただ、どのように再来店を促進させれば良いか分からない方も多いと思うので、具体的な方法を紹介していきます。

顧客に再来店を促進する方法:来店時


再来店を促進する方法はたくさんありますが、来店時に行う方法を紹介していきます。

ポイントカードや会員制度

ポイントカードや会員制度は、多くの企業が行っている施策です。

ポイントを貯めれば顧客にメリットがあるサービスを提供することで、再来店になる可能性が高くなります。

ポイントカードの注意点としては、期限の有無ですね。期限が無ければ、顧客がポイントを期間内に貯めようという思惑になりません。ポイントカードの期限は、決めておくことをおすすめします。

会員制度であれば、会員限定のクーポンや情報を提供することで、再来店に繋がりますね。

注意点としては、会員に対して価値を付けるために、定期的な情報の発信やクーポンの選定などに時間を取られる点ですね。会員に送る文書なども作成する必要があるので、時間が必要な施策であると認識しておきましょう。

クーポン券の発行

お会計の際に、次回来店で利用できるクーポンを渡す企業も多いですね。

この施策も大きな効果を期待できます。会員制度だと毎週のように情報発信をする手間などが必要ですが、クーポン券はデザインを作ってコピーするだけなので簡単です。

次回は会計が安くなるということで、顧客にもメリットしかありませんね。

クーポン券の発行は、顧客に再来店を促進できる簡単な施策なので、ぜひ検討して下さい。

顧客に再来店を促進する方法:来店後

再来店を促進する方法はたくさんありますが、来店後に行う方法を紹介していきます。

メールやラインなどで訴求

顧客にメールやラインを利用して訴求するのも選択肢の一つですね。

新規顧客が来店した際に、メールやラインを登録することで商品を一つサービスするなどの施策をしている飲食店は多いです。

顧客のメールやラインの情報を習得できれば、ダイレクトで再来店の訴求を行えます。新商品の情報などを掲載すれば興味が出て再来店する顧客も出てくるので、おすすめの促進方法でしょう。

注意点としては、ダイレクトでのメッセージなので、頻繁に送るとウザイと感じてブロックされる可能性がある点ですね。適度に販促のメッセージを送ることで、ウザイと感じられることなく顧客に再来店を訴求できます。

SNSをフォローさせる

新規顧客が来店された際に、ツイッターやインスタグラムのフォローを促しておくと、店舗の最新情報を伝えることができます。

メールやラインは敷居が高いけど、SNSであればフォローボタンを押すだけで簡単なので、行動する顧客は多いです。

SNSのフォローを顧客に促して、店舗の情報を定期的に見て頂くことで、再来店を促進させることができますね。

顧客の再来店の促進で困った時の対処法


顧客が再来店しない為、施策を検討しているが、なかなか上手くいかないと悩む企業は多いですよね。

先ほど紹介した方法を全て行うのは現実的に難しいですし、顧客もメールからSNSまで全て登録するのは面倒でしょう。

そこで困った時の対処方法を2つ紹介します。顧客の再来店の促進で困っている企業は、是非チェックして下さい。

近場の同業者の成功例を真似る

近場の同業の経営をして成功している企業を真似てみましょう。

業種によって再来店させる為に必要な施策は大きく異なるので、すでに成功している企業を真似すれば成功確率は一気に上がります。

多くの同業店に足を運んで、再現性があって成果が出る施策を真似ましょう。近くに成功している企業が無ければ、ネットなどで調べるのも良いですね。

専門業者に依頼する

クーポンなどは簡単にできますが、SNSやメール・LINEを使った施策は専門業者に依頼するのも選択肢の一つです。

SNSやメール・LINEはコツがあって、初心者だと成果の出る運用を行うのが難しいですね。実際に専門業者に依頼している企業も多いので、予算があるのであれば検討してみましょう。

専門業者は実績や経験から、顧客に対して適切な手法で再来店を促進することができますよ。

再来店の促進まとめ

この記事では、顧客の再来店を促進する為の方法を紹介しました。

リピートを増やすことで収入が安定するなどのメリットが出てくるので、積極的に再来店の促進を行いましょう。

再来店を促進するかしないかで、顧客のリピート率は圧倒的に異なります。顧客がリピートする業態であれば、必ず再来店を促進しましょう。

最近だとクーポン券より、SNSやLINEなどの方が効果が出やすいですね。特にSNSは、定期的に顧客の目に入るので、常にアピールすることができます。

最後に、本記事でおすすめした顧客に再来店を促進する手法を4つまとめておきます。

誰でも簡単に今すぐ始められる再現性がある手法なので、ぜひチェックして下さい。

・ポイントカードや会員制度

・クーポン券の発行

・メールやラインなどで訴求

・SNSをフォローさせる