店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」体験レポート 〜スピンズ様 店舗横断スタンプラリー アイキャッチ画像

SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」体験レポート 〜スピンズ様 店舗横断スタンプラリー

インタビュー
  • hatena

9月29日〜10月4日と、10月5日・6日の期間、カジュアルアイテムを中心に全国に展開するアパレルショップ「スピンズ」様にて、SHOPFORCE連携のアプリケーション「スタンプス」を使ったスタンプラリーイベントが開催されました!

 

「スピンズ」について

「スピンズ」は、京都発の古着MIXのファッションショップです。

「ATTITUDE MAKES STYLE!」(主張がスタイルをつくる!)をコンセプトに、常に時代のトレンドに沿いながらも、自分達の主張を大切にした“スタイル提案”をし続けるスタイルマーケットです。1993年に京都にオープンして以来、ユースカルチャーを代表する雑誌などと積極的にタイアップし、人気読者モデルのスタイリングなどがそろっています。

またファッションだけでなく、きゃりーぱみゅぱみゅやでんぱ組.incといった個性的なアーティストとコラボし、音楽、アートなど様々な“ユースカルチャー”をスピンズ風にミックスし「ライフスタイル」として提案し続けています。

まさに、ファッション、音楽、アート、人などの様々なユースカルチャーがスピン(渦巻く)お店が「スピンズ」なのです!

スピンズ

スピンズ公式HP:http://www.spinns.com/

 

 店舗間の回遊促進にSHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」を利用

2013年9月に原宿竹下通りに新店舗をオープン、原宿で3店舗(原宿竹下通り店、原宿2号店、原宿古着屋本舗店)を展開される中、新店舗を含む3店舗間の回遊促進を目的として、SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」の利用が実施されました。

スピンズスタンプラリー

各店舗にて配布されるチラシ、掲載されたポスターに記載されたスタンプスのQRコードを読み込むとスタンプを1個付与されます。 スタンプを2個集めると、もれなくスピンズオリジナルグッズがもらえるといった内容で、多くの参加者の中、盛況に終わりました。

 

スピンズ店舗

 

こういった店舗間の回遊促進のためのスタンプラリーイベントは、真新しいものではありません。 しかし、今回、スタンプスをご利用いただいたことで、店舗様にはスタンプスならではの新しいメリットを感じていただくことができました。では、スタンプスならではの新しいメリットとは何なのでしょうか。コスト面と運営面の2つに分けてご紹介します。

 

店舗にとってのメリット1;コスト

店舗様にとって、「スタンプス」を利用したスタンプラリーを行うことの新しいメリットの一つ目はコスト面です。

従来、スタンプリーを実施する場合は、紙媒体を使っていました。そのため、スタンプラリー用の台紙の印刷費用から判子の費用など、様々な費用がかかってしまっていました。さらには、費用をかけて作ったにもかかわらず、イベントの終了とともにせっかく印刷した台紙も全て廃棄しなければならないというのが一般的でした。こうして無駄になってしまっていたのです。

一方で、今回スタンプスをご利用いただいたことにより、デジタル媒体なので、上記の費用を一切かけずにイベントを実施していただくことができました。特に、短期間のイベントにおいては、紙の印刷部数も予測が難しく、誤差が生じやすいことから、スタンプスをご利用いただくことによるコスト面のメリットは大きくなります。

今回に限らず、単発イベントのスタンプラリーに共通するメリットです。

 

店舗にとってのメリット2;運営

2つ目のメリットは運営面です。

従来の紙を使ったスタンプラリーでは、台紙を配った後の結果については、満杯になった台紙を何枚回収できたかだけを計測するということが多かったと思います。すべてのデータがわからないので、成果が不明瞭でした。

PDCA(プラン:計画、ドゥー:実行、チェック:評価、アクト:改善)は、運営の基本ですが、今までの台紙の方法では評価ができず、改善につながりませんでした。

しかしながら今回、スタンプスをご利用いただいたことで、スタンプが満杯になった人数はもとより、1つだけ集められた人数や、それぞれのスタンプを集めた日時・場所などを精緻に計測することができました。アプリケーション登録時に顧客データも取れているので、どのような人が参加したか、ポイントが集められたか(集められなかったか)分析できるのです。このデータによって、次回以降のイベントや店舗への集客に繋がるプッシュ通知ができることも大きな利点になります。

 

まとめ

今回、非常に期間の短いイベントでの利用ということで、正直どこまで利用していただけるかかなり不安でしたが、多くの方にご参加いただくことができ運営側としては正直ほっと胸を撫で下ろしました(笑)

店員の方々の対応も素晴らしく素敵な笑顔で受け答えされる姿に我々スタッフも癒されるとともに接客のプロフェッショナルの本質を垣間みた気がしました。

スピンズの皆様、ご利用いただきありがとうございました。

今後ともよろしくお願いいたします!

そして企業の皆様!コスト面でも、運営面でもメリットがあるスタンプスを利用してみませんか?

申し込みお待ちしております。

スピンズ女性店員

 

スピンズ屋台

 

スピンズ男性店員

 

追伸)スタッフの皆さんが揃いも揃って美男美女で、写真撮影の際、思わず照れてしまいました^^;