店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

集客効果と売上をアップさせるポイントは女性!?女性の集客について考えてみる アイキャッチ画像

集客効果と売上をアップさせるポイントは女性!?女性の集客について考えてみる

マーケティング
  • hatena

女性の意見・行動が周囲の消費行動に大きく影響を与えるということをご存知でしょうか?

本記事では、女性への集客を考えることが、全体の集客率アップに繋がるのではないかという可能性について考えてみます。

 

女性を集客すべき理由1;消費意欲

では、なぜ女性に向けた集客が重要なのか、いくつかその理由をご紹介します。

1つ目は、女性は男性より消費意欲が高いということです。

女性は男性より消費意欲が旺盛で、特にファッションや美容など自信の魅力を高めることに積極的に投資をする傾向が強い様です。

例えば、20~30代前半の独身女性は自由に使えるお金がたくさんあり昔からビジネスターゲットとされていました。

また、30~50代の女性についても、夫の小遣いが削っても自分のファッション代は削らない傾向にあります。このように、女性は消費意欲が高く、特にファッション・美容への消費が多いのです。どの年齢についても、同じ収入の男性と女性を比べると、女性が消費量の面で上回っています。女性の活躍が期待される現代では、より消費が伸びると考えられているのです。

参考:女性の消費は日本経済を活性化させる?

女性を集客すべき理由2;消費活動の影響力

2つ目の理由は女性が消費活動に与える影響力の大きさです。

家族の健康や快適な暮らしを維持・管理をしているのは女性というケースは傾向として多いと思います。生活用品や家具、食材などがこれに当たります。家計消費のほとんどはこのような暮らしのための消費です。

家族の生活を管理するということは、当然管理対象である夫や子供・親といった他者の消費にも影響を与えます。生活用品は家族分をまとめて買うケースが多いですし、少なくとも女性の意見を踏まえて買うことが多いでしょう。家計を全体的に管理していることが多いためにおこる事象です。

このため数字として、家庭の消費財の8割は女性が購買決定権を持っているといいます。いかに、多くの割合を占めているか一目瞭然です。

男性からすれば奥さんの決定に対し下手に意見を出して波風を立てるよりは、意見を尊重することで奥さんがご機嫌になるのなら、その通りにしてあげようと考える人が多いようです。

まとめるならば、家庭消費財の8割を決定する女性に集客アプローチをかけるべきというのは、「当然」というべきでしょう。

女性を集客すべき理由;口コミ

3つ目の理由は、購買決定に至る過程です。

女性の方が男性より周囲とのコミュニケーションを大切にし、自分の個人的な情報を共有する傾向が強いため、友人知人のオススメを聞いてから購買の最終決定を行うことが多いようです。

女性が女性から得て購買を決定することが多いのです。つまり、女性が他人に薦めたくなるような商品を作ったり話題にしたくなるような広告をうつことが大切になります。これは会員カードなどの顧客化についても同様です。女性が喜びそうなポイントカードデザイン、インセンティブをつけてみることもよいでしょう。

以上3つの理由をまとめれば女性の特徴は、消費意欲が高く、他者の消費に影響を与え、また自身も他者の影響で消費活動を行う。そのような傾向の強い女性にうまくアプローチを行えれば、それが全体の集客に繋がる可能性も高いのではないでしょうか。

知っておくべき男女の消費志向の違い

女性に向けた集客施策を行うことの重要性はわかったものの、実際どのように施策を考えればよいのでしょうか。

男女

例えば男女の消費活動を行う際の考え方の違いに着目してみると、そのヒントが得られるかもしれません。

男性は価格・品質、女性は雰囲気・サービス

そもそも男性と女性では消費に対する考え方そのものが異なると言われています。

男性は基本的に消費行動を行う際に物の価格やクオリティを重視し購買行動に移る人が多いといわれています。一方で、女性は店舗・サービスの雰囲気・サービスの質を重視する傾向が強いようです。

つまり雰囲気やサービスなど体験を重視する女性には、そのお店に来店するメリットをうまくイメージしてもらえるかが重要と考えます。広告についても、店や商品のイメージ、サービスの高い質が想起されるものが良いでしょう。さらに言えば、友人を誘って、お店に生きた悪なるようなものが好ましいでしょう。

店内についても、女性に対し、お店で幸せ・快適な時間を過ごしている自分を具体的にイメージさせるという視点で施策を考えてみるといいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?本記事で述べたことはあくまで一般論であって、個々のケースには当てはまらないこともあるかと思います。しかしながら、女性のための集客を考えることは、女性だけではなくその家族や恋人・友人などの囲い込みにも大きく影響します。

ひいては女性に好かれるお店を目指すことが、全体の集客率アップに繋がると考えられるのではないでしょうか。

この記事通し少しでも女性に向けた集客を行ってみたい、また集客手段の一つとして検討する価値があると感じて頂けたなら幸いです。

SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ「スタンプス」なら女性限定の施策も簡単

弊社サービス「スタンプス」では女性のお客様限定というようにターゲットを絞り込んだ施策も可能です。

さらに年齡や誕生日、来店条件などでの絞込もできるので、例えば【26〜30歳】かつ【2週間後に誕生日を迎える】かつ【30日以上来店がない】女性のお客様だけにクーポンを配信するといった集客施策を実現できます。

あなたも「スタンプス」で女性のお客様に喜ばれる施策を行ってみませんか?お問い合わせお待ちしています!