店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

スタンプカード・ポイントカードの歴史とそのメリットや課題 アイキャッチ画像

スタンプカード・ポイントカードの歴史とそのメリットや課題

CRM
  • hatena

今では誰もがお財布に入れているスタンプカードやポイントカードの歴史を紐解いていきたいと思います。
スタンプカード・ポイントカードのメリット、簡単に活用できる情報にもふれています。

クーポンの歴史についての記事もございますので、よろしければご覧ください。

スタンプカード・ポイントカードの原点

まずはポイントサービスの発祥についてお話ししましょう。

ポイントサービスの発祥地は米国でした。1850年頃、仕入れの手違いで洗濯石鹸を大量に抱え込んだ小売業者が、包装紙にクーポン券を張り付け、何枚か貯めると絵画と交換できるサービスを提供したことが始まりとされています。

日本では1916年、北九州市の久我呉服店が「ポイント発行システム」を始めたという説が有力ですが、詳細についてはわかっていません。その後、1928年には、江崎グリコがスタンプ式ポイントカードを導入し、その後現在までその歴史が続いています。

以下、年代順に主な出来事をまとめています。

[1916年]久我呉服店がポイント発行を始める。

[1928年]江崎グリコがお菓子に入っている引換証20枚と明治天皇の和歌集の交換という広告活動を行う。この間、捺印式・スタンプ式ポイントカードが導入され、現在まで続く。

[1958年]グリーンスタンプがスタンプ事業を創業。

[1962年]ブルーチップがスタンプ事業を創業。

[1984年]ANAマイレージカード誕生。ワシントンホテルが日本初のカード式ポイントカードを導入。

[1985年]ヨドバシカメラがポイントカードを発行、急速に普及する。

[1990年代初頭]クレジットカードのポイント制の普及が進む。ポイント還元対象商品の拡充が進む。

[1990年代前半]商店街、ショッピングセンター、専門店でポイントカードの導入相次ぐ。

[1996年]景品表示法の改正により百貨店でのポイントカードの普及が進む。都ホテルがポイントサービスを発足させる。第一勧業銀行が給与振込み、公共料金の自動振り替え、住宅ローンに対するポイント制を導入。

[1999年]ダイエーが総合スーパーでポイント制を始めて導入。以後スーパーで導入進む。

[2000年以降]インターネット・携帯電話のポイント提供サービスが進む。ポイント交換事業も拡大。

 

(資料)新聞等の各種資料を参考に筆者作成

参照元:進化するポイントカードとその将来性

スタンプカード・ポイントカードの歴史

P1030498

出典:GIGAZINE

上記年表にも記載していますが、1980年代に入るとコンピューターで管理できるポイントカードが誕生します。1989年、ヨドバシカメラが、値引き作業の負担を軽減するため、日本で初めてバーコードを用いたポイントカードを導入したのです。

ヨドバシカメラのゴールドポイントカードには大きく「ポイントカードは、ヨドバシカメラが初めに考案したシステムです」と書かれています。

今のポイントカードの歴史を作ったのは、日本の、しかもヨドバシカメラだったのです。これがスタンプカードの歴史において転機になったのは間違いありません。

このゴールドポイントカードは、お客様に「新しい、うれしいサービス」として喜ばれ、ヨドバシカメラは、ポイントカードを発行した翌年に「第一回流通システム大賞奨励賞」を受賞しました。

現在では、4大共通ポイントカードと呼ばれている「Tカード」「Pontaカード」「楽天ポイントカード」「dポイントカード」が主要なカードとして知られています。

矢野経済研究所の調査によると、国内ポイントサービス市場規模は2017年度時点で、1兆7974億円(ポイント発行額ベース)。1つの店舗で複数のポイントサービスに対応する「マルチポイント化」の広まりなどにより、発行額は今後も増加していくと見ています。

 

参照元:Twitterヨドバシ【公式】
参照元:矢野経済研究所

スタンプカード・ポイントカードのメリット

企業側・顧客側からみたスタンプカード・ポイントカードの主なメリットは何でしょうか。

企業側のメリット

・優良顧客への還元

優良顧客は、企業へ利益をもたらしてくれる重要な存在です。ポイントカードによって、安易な値引きではなく、貯めたポイントを金券や割引券と交換できること、すなわち還元機会を提供することができます。それによって付加価値を感じてもらえば、より長く優良顧客として居続けてもらうことが期待できます。

・顧客データの取得

顧客データは、顧客へのサービス向上に役立てることのできる貴重な情報です。また、データを活用してこちらから効率的に販促を行うことも可能です。

・来店促進

直接的な販促プロモーションなしに、顧客自身に「ポイントを貯めたいから、あのお店で買おう」と思わせることができます。

顧客側のメリット

・割引やクーポンの取得

ポイントを貯めると割引券がもらえたり、貯めたポイントで商品が購入できるサービスが一般的になっています。

・顧客ニーズに合ったサービスの享受

企業がポイントカードから得た情報を通して、顧客の購買履歴など好みを知る機会ができることで、より顧客ニーズに合ったアプローチをしてくれる可能性が高くなります。

例えば、ポイント提携店舗で何かを購入したときに、レシートと一緒にクーポンが渡されます。このクーポンは、ランダムに発行されるものではなく、実は今までの購買履歴などから見て、購入者の好みや傾向を鑑みて発行された「意図されたクーポン」なのです。それゆえ、顧客側としてはいわゆる「使いやすい」と感じるクーポンになります。

・キャンペーン情報の取得

ポイントシステムによって会員になった顧客向けの、お得なキャンペーン情報や新作キャンペーン情報などを受け取ることができます。

 

参照元:プロが教えるポイントカードの仕組みやメリット、導入する際の注意点

スタンプカード・ポイントカードの課題- 紙・磁気カードの限界

100年近くの歴史があり、すっかり私達の生活に根付いているスタンプカードやポイントカードですが、様々な課題も存在しています。

財布の中でかさばる

ポイントカードを所有している人のうち、「10枚以上持ち歩いている」人は、男性20代で18%、女性では10代以下~40代までのどの世代も3割を超えています。複数のカードを所有することにより「いろいろなお店のポイントカードが増えてかさばる」と答えた人が67.5%にも上りました。

紛失

紙や磁気カードの場合、カードの枚数が増えると財布以外の場所に保管することも増え、結果どこにしまったのかわからなくなることもあります。せっかく途中までスタンプやポイントを貯めていても、失くしてしまっては役に立ちません。

保管場所は覚えていても、実際にお店へ行く時、カードを持って行くのを忘れてしまったという話もよく聞きます。

難易度が高い

たとえば、ラーメン屋などでスタンプ20個ためると一杯無料などのカードを渡されたことはないでしょうか。こうしたスタンプカードがきっかけとなり、頻繁にお店に足を運ぶようになった人もいるかも知れませんが、一方で、スタンプカードが貯まるまでに店に通う回数を考慮すると、その行為に辟易してしまう人も存在しているようです。

その他にも、数万円分使わないと貯まらないものや、有効期限が短いものなども同様です。

 

参照元:そんな通えないですから! 飲食店のスタンプカード難易度に女性の73.5%が不満
参照元:ポイントカード 68%は「かさばる」と不満 インターワイヤード

スタンプカード・ポイントカードをスマートフォンアプリに

上記のような課題を解決するためのサービスは、もちろん存在します。

SHOPFORCE(ショップフォース)連携のアプリ『スタンプス』はこのようなスタンプカード・ポイントカードの課題を解決すべく開発されたスマートフォンアプリです。

『スタンプス』は店舗への再来店促進のための仕組みが多数あり、集客アップに活用することができます。

その機能の一つとしてスタンプカード機能がありますが、以下、メリットをご紹介します。

① お店のカードをスマートフォン内に常に携帯してもらえる
② スタンプカード・ポイントカードの印刷費用がかからない
③ ランクアップや絵合わせカードなど、デジタルならではの工夫ができる

その他、システムで管理しているため従業員が友達にスタンプを一度に沢山押すといったような内部犯行も把握・防止できます。ご興味をお持ちの方は、是非この機会に導入をご検討ください!

SHOPFORCE(ショップフォース)ホームページ