店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリはどのように制作するの?流れや費用などを詳細解説! アイキャッチ画像

アプリはどのように制作するの?流れや費用などを詳細解説!

CRM
  • hatena

現代社会ではスマホが普及したことに伴って、アプリに対する需要も高くなってきています。アプリ制作を行う企業も増えてきており、開発会社以外の人もアプリ制作について知っておくとビジネス場面で活用できます。本記事ではアプリ制作について、流れや費用などを詳細に解説していきます。

アプリ制作に必要なもの

アプリ制作に必要なもの イメージ画像

アプリ制作に必要なものは、iOSアプリかAndroidアプリでそれぞれ異なってきます。

iOSアプリの場合

iOSアプリの制作に必要なものは、下記のものになります。

  • Mac
  • Xcode
  • Apple Developer Program

Mac

iOSアプリの制作では、Macが必須となります。AndroidアプリであればWindows・Mac問わず制作が可能ですが、iOSアプリの場合はMacでしか開発できません。Macのスペックに関しては、高機能に越したことはありませんが、初期の段階では無理にハイスペックのMacを選ばなくても大丈夫です。本格的に多機能なアプリを開発するとなったら、スペックの充実したMacを選ぶようにしましょう。

Xcode

XcodeとはAppleが提供しているiOSアプリ開発ソフトになります。iOSアプリの開発から検証まで、Xcodeを使って行っていくことになります。XcodeはMac専用のソフトであるため、Windowsではインストールすることができませんので注意してください。

Apple Developer Program

Apple Developer Programとは、App StoreでiOSアプリを公開するために必要な登録証になります。費用は年間で11,800円(ドル円の為替変動により変更あり)です。Apple Developer Programに登録しておかないと、iOSアプリの公開ができないので、忘れずに登録しておきましょう。

Androidアプリの場合

Androidアプリの制作で必要なものは、下記のものになります。

  • Android Studio
  • Google Play デベロッパーアカウント

Android Studio

Androidアプリの制作には、Android Studioと呼ばれる開発ソフトを使用します。Android StudioはMac・WindowsのどちらのPCでも使用可能です。無料でダウンロードすることが可能なので、Androidアプリを開発する際はまず最初にダウンロードしておきましょう。

Google Play デベロッパーアカウント

Androidアプリを公開するには、Google Playのデベロッパーアカウントに登録しておく必要があります。登録料は$25です(ドル円の為替変動により変更あり)。Apple Developer Programと異なり、一度登録料を支払えば年数に関係なく登録が維持されます。

アプリ制作の費用

アプリ制作の費用

アプリ制作の費用は、制作するアプリの種類によって変わってきます。一般的には機能が複雑なアプリほど制作費用は高くなりますね。下記、アプリの種類ごとにかかる費用の相場です。

  • ゲームアプリ:300万円~1,000万円
  • ショッピングアプリ:100万円~300万円
  • ツールアプリ:50万円~300万円
  • メッセージアプリ:100万円~500万円
  • カタログアプリ:50万円~100万円

アプリ制作でかかる費用の大半は、エンジニアの人件費で構成されます。稼働するエンジニアの人件費と作業期間を掛け合わせて、アプリ制作費用のベースを計算していく形です。エンジニアの人件費は、開発会社によって様々です。技術レベルが高い、対応できるプログラミング言語数が多いエンジニアは、人件費が高い傾向にあります。目安ではありますが、初級レベルのエンジニアで60万円~100万円、中級レベルで80万円~120万円、上級レベルになると100万円以上の人件費がかかってくると考えましょう。

またアプリ制作では、制作後に「運用・保守」の費用がかかってくる点、留意しておかねばなりません。アプリのリリース後に不具合やバグが発生した場合は、修正を行う必要があります。製作段階では見つからなかったバグが発生することは、アプリ制作では日常差万事です。バグや不具合の規模によっては、数百万円以上の費用が発生することもあるので、あらかじめ予算を組んでおくと安心です。

アプリ制作で利用するプログラミング言語

アプリ制作で利用するプログラミング言語 イメージ画像

アプリ制作で利用するプログラミング言語は、iOSアプリかAndroidアプリかで異なってきます。

iOSアプリ制作で利用するプログラミング言語

iOSアプリ制作で利用するプログラミング言語は下記のものになります。

  • Swift
  • Objective-C

Swiftは、2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。iOSアプリ制作で使われる主流の言語となっています。Objective-CはSwiftが登場するまでにiOSアプリ制作で利用されていたプログラミング言語です。C言語をベースに作られた言語であるため、習得難易度はSwiftよりも少々高めになります。Swiftがメインで使われてはいますが、過去に開発されたiOSアプリはObjective-Cで書かれているため、現在も一定の需要はありますね。

Androidアプリ制作で利用するプログラミング言語

Androidアプリを制作する際は、下記のプログラミング言語を利用します。

  • Java
  • Kotlin

Javaとは、Androidアプリをはじめとして様々なシステムを開発できる凡庸性の高いプログラミング言語です。「Javaが消えたら世界が終わる」と言われるぐらい、多方面のシステムで利用されています。Javaは1995年から利用されているということもあり、現在も多くの開発会社で採用されていますね。ただ、プログラミング初心者にとっては習得難易度が高い言語でもある点がネックです。

Kotlinは2011年に開発されたAndroid制作用のプログラミング言語です。Javaよりもコードが簡潔であり、プログラミング経験が乏しい場合でも学習しやすいのが特徴です。その使いやすさから、近年はAndroidアプリ制作でKotlinを採用する開発会社も増えてきています。

アプリ制作におすすめの学習方法

アプリ制作におすすめの学習方法 イメージ画像

アプリ制作を行うためには、まずは上述したプログラミング言語を習得する必要があります。プログラミング言語を習得するのに最もおすすめの方法は「プログラミングスクール」を利用した学習です。プログラミングスクールでは、プログラミング初心者に向けて基礎から指導を行ってもらえます。初めてプログラミング言語を学ぶとなると、どうしても躓いてしまう点が出てきてしまうのですが、プログラミングスクールを利用すれば疑問点を質問してすぐに解消することが可能です。

プログラミングスクールの中には、簡単なアプリの制作をカリキュラムに組んでいるところもあるので、より実践的なスキルを身に着けることもできます。制作したアプリは自身のポートフォリオとして利用可能で、就職活動やフリーランスで仕事を受注する際にアピールポイントとして活用できますね。

プログラミングスクールは、「通学型」と「オンライン受講型」の2つに大別されています。比較的時間にゆとりのある場合は通学型、仕事で通学するのが難しい場合はオンライン受講型を利用すると良いでしょう。費用に関しては、オンライン受講型の方が安い傾向にあるので、なるべく費用を抑えたいという場合もオンライン受講型のプログラミングスクールがおすすめです。

アプリ制作で仕事の幅を広げていこう

アプリの制作は、今後も継続して需要が高まっていくことが予想されます。アプリを制作する企業でなくても、アプリ制作に関連した案件を扱うことが増えてくるかもしれません。本記事で解説したアプリ制作の概要や流れ、費用などは頭に入れておいて損はありません。今後、本格的にアプリ制作に携わっていきたい場合は、まずはSwiftやKotlinなどのプログラミング言語を学ぶ必要があります。プログラミング初学者の場合は、書籍や動画でプログラミング言語を学ぶよりも、プログラミングスクールを利用した方が効率よく学ぶことができます。分からない点をすぐに質問できるので、途中で挫折する可能性を最小限に抑えてプログラミング学習を進められます。アプリ制作を学んで、仕事の幅を広げていきましょう。