店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アプリ製作を素人が実現する2つの方法【4つのメリットあり】 アイキャッチ画像

アプリ製作を素人が実現する2つの方法【4つのメリットあり】

マーケティング
  • hatena

・アプリ製作をしたいけど、プログラミングが分からない

・アプリ製作を簡単に早く完成させる方法が知りたい

上記のような悩みや疑問を解決します。

最近はプログラミングの技術を持っていなくても、簡単にアプリが開発できるようです。

この記事では、プログラミングを知らない人でもアプリ製作ができる方法を解説します。

アプリ製作を素人が実現する2つの方法

アプリ製作を素人が実現する2つの方法

まずは、アプリ製作を素人でも実現する方法を解説していきます。方法は2つあるので、確認していきましょう。

プログラミングを学ぶ

時間は掛かりますが、アプリ製作ができるようになるまでプログラミングを学べば、確実に良いアプリを開発できます。自分でコードを触れれば、ツールに頼る必要がありません。

スキルも身に付くので、学生などでアプリ開発を考えているならプログラミングを学びましょう。

プログラミングの学習方法は、ネットに多くの情報が載っているので、自分に合う方法を選べば良いです。最近の学習サービスだと、「Progate」や「ドットインストール」を使えば、基礎の知識は身に付きます。

独学でのプログラミング学習に不安を覚えているのであれば、プログラミングスクールも選択肢の一つです。

プログラミングの知識や技術は持っていないけど、今すぐにアプリを開発して事業やサービスを展開したいと考えている方は、次に紹介する「ノーコードツール」をおすすめします。

ノーコードツールを利用する

今までのアプリ製作には、多くのプログラミング言語が使われていました。プログラミングでアプリ製作をしようと考えると、数年の学習が必要です。

しかしながら、今すぐアプリをリリースしたいと考えている人も多いでしょう。

そこで利用するべきサービスが、プログラムを書かないでアプリ製作を実現できる「ノーコードツール」です。

ノーコードツールであれば、プログラミングを全く知らない素人の人でも、直感的な操作でアプリを開発できるようになります。

簡単なアプリを製作するのであれば、ノーコードツールを利用しましょう。

アプリ製作でノーコードのツールを利用する4つのメリット

アプリ製作でノーコードのツールを利用する4つのメリット
ノーコードのツールを紹介する前に、利用するメリットを解説していきます。

これから紹介するメリットを良いと思えば、ノーコードのツールでアプリを製作しましょう。

簡単に始められる

ノーコードのツールは、複雑な設定などの必要が無いので、簡単に始められます。

プログラミングの学習から始めると、環境構築や学習で多くの時間が必要です。それだけでなく習得の難易度も高いので、必ずアプリ製作ができるとは断言できません。

ノーコードであれば、始めるのも簡単で、仮にアプリが完成しなくても無駄になる時間は少ないです。

料金が安いから開発費を抑えられる

ノーコードツールは利用料金が安いので、開発費を大きく抑えることができます。

アプリ製作を専門にしている企業に依頼すれば、少なく見積もっても500万円は必要になるでしょう。

料金を抑えて低リスクでアプリを開発したいのであれば、自社内で完結するノーコードツールの利用がおすすめです。

プログラミングの技術が無くても問題ない

ノーコードのツールは、プログラミングの知識や技術が必要ありません。コードを書く必要がなく、直感的な操作でアプリ製作を実現できます。

自社内でアプリを開発したいけど、プログラミングの知見がある人材が存在しなくて悩んでいる企業は多いでしょう。

そのような場合は、ノーコードのツールを利用して下さい。

ネットに情報が多く載っている

ノーコードのツールを利用する際に、分からない部分があっても、ネットで調べれば解決策が出てくる可能性が高いです。

既にノーコードのツールを利用している企業や個人は多く、たくさんの情報がネットに載っています。

ネットに情報が載っていれば、初めて利用するツールでも問題ないですね。

アプリ製作でノーコードのツールを利用するデメリット

アプリ製作でノーコードのツールを利用するデメリット

先ほどはアプリ製作をノーコードのツールで行うメリットを紹介しましたが、デメリットもあるので解説していきます。

品質・性能に限界がある

ノーコードのツールでアプリを開発するのであれば、品質・性能に限界があると把握しておきましょう。

プログラミングの技術や知見が無い人でも利用できるようにツールは開発されているので、製作できるアプリの品質は必然的に制限されています。

自分で好きなようにプログラムを書けないので、アプリに与えられる性能にも限界があると認識しておきましょう。

品質や性能に拘りたいのであれば、アプリ製作の会社への委託をおすすめします。

差別化を図れない

ノーコードのツールでアプリ製作を行うと、性能や品質がテンプレート化しているので、他社アプリと差別化ができません。

差別化が無ければ、ユーザーが利用する可能性は限りなく低いです。

自社内で利用するアプリであれば良いですが、サービスや事業としてユーザーに利用して頂くと考えているのであれば、競合と差別化する為にアプリ開発会社などに委託することをおすすめします。

セキュリティに問題が起きたら対処できない

アプリ製作は、セキュリティに問題が起きたら対処できません。

完全にツールに依存している状態なので、問題が解決するまではアプリを利用できないです。

プログラムを書いてアプリ製作すれば、問題が起きてもコードを書き換えれば解決できます。セキュリティ面を考慮すると、コードでアプリ製作した方が良いと言えるでしょう。

 

アプリ製作ができるノーコードのツール4選

アプリ製作ができるノーコードのツール4選
今までの記事を読んで、アプリ製作をノーコードで行いたいと考えている方は多いでしょう。そこで、おすすめのツールを紹介していきます。

これから紹介するツールを利用すれば、プログラミングの知識や技術が無い人でもアプリ製作ができますよ。

Yappli

Yappiは、AndroidとiOSのアプリをノーコードで開発できるツールです。

多くの企業も導入していて、プログラミングの知識や技術を持っていない企業がアプリ製作をする場合は、利用するべきツールになります。直感的に操作できるので、非常におすすめです。

Voiceflow

Voiceflowは音声アプリに特化した、ノーコードのアプリ製作ツールになります。

文字だけで伝えるのは難しく、最近は音声アプリを導入している企業も多いですね。

音声を使ったアプリを開発しようと考えている方は、Voiceflowをおすすめします。操作はドロップだけなので、誰でも簡単に利用することが可能です。

Zapier

Zapierは、会社の業務を効率化する為に利用できるノーコードの開発ツールです。

自社の業務を効率化する為に、アプリを導入したいと考えている人は多いでしょう。そのような場合は、業務効率の改善を目的にしたZapierを利用して下さい。

企業が業務で利用しているアプリを自動化させることが可能です。

Adalo

Adaloは、プログラミングの技術や知識が無い人でもアプリ製作できるツールです。

ノーコードでユーザーが利用しやすいUI/UXの優れたアプリを開発できます。

SHOP FORCE

SHOP FORCEは、アプリ開発から顧客管理、マーケティングオートメーションまでノーコードで実現できるツールです。

顧客情報や曜日・天気など様々な条件に合わせて、プッシュ通知やクーポン配信を自動運用できます。また、柔軟なUIでブランドイメージに合わせて開発できるので、おすすめです。

 

アプリ製作まとめ

この記事は、アプリ製作について解説しました。

将来的にアプリを製作したいと考えているのであれば、プログラミングを学んでからアプリ製作を始めましょう。スキルが身について就職などの選択肢も広がるので、プログラミング学習はおすすめです。

今すぐにアプリを製作したいのであれば、ノーコードのツールを利用しましょう。ノーコードのツールであれば、プログラミングの知識やスキルを持っていなくても、安価でアプリを製作できます。性能などカスタマイズできる範囲は限られていますが、ある程度のアプリであれば製作することが可能です。

性能や機能を十分に求めるのであれば、企業やフリーランスに委託しましょう。素人が開発するより、性能やデザイン面でも良い品質の成果物を完成させられます。