店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

スマホアプリを開発するべき2つの理由【方法も解説】 アイキャッチ画像

スマホアプリを開発するべき2つの理由【方法も解説】

マーケティング
  • hatena

「スマホアプリを開発したいけど、何をすれば良いか分からない」

上記のような悩みや疑問を解決していきます。

スマホアプリを開発できるようになりたいと考えているけど、何をすれば良いか分からないで悩んでいる人は多いでしょう。

この記事では、誰でも分かるようにスマホアプリを開発するべき理由を紹介します。

スマホアプリを開発するべき2つの理由

スマホアプリを開発するべき2つの理由 イメージ画像

そもそも、スマホアプリを開発するべき理由を把握していない人は多いでしょう。

スマホアプリを開発すれば、様々なメリットがあります。その中でも、この記事では2つのメリットに厳選して解説していきます。

事業やサービスを展開できる

スマホアプリを開発できれば、事業やサービスを展開できます。

これから事業を展開していくなら、アプリは必須になってくるでしょう。アプリを使って、最新情報やクーポンを提供している企業は多いです。

これからもアプリの需要が消える可能性は低く、アプリ開発ができるようになると重宝される人材になれます。

起業の選択肢も入れられるので、スマホアプリを開発できるようになっておくのは大きなメリットと言えるでしょう。

対面だけでなくオンラインでも事業やサービスに力を入れたいと考えているのであれば、スマホアプリを開発する価値は十分にあります。

自社内の作業を効率化できる

スマホアプリは多くの人に利用される為に製作されるという印象を持たれますが、自社内の作業を効率化する為に開発を依頼する企業も多いです。

自社内の仕事の中で、プログラムで構築すれば簡単に終わる業務も多いでしょう。

プログラムを構築して自社内の作業を効率化できれば、他の業務に時間を使えます。それによって会社の利益にも繋がるので、アプリ開発は学んでおいて損はないでしょう。

スマホアプリを開発する方法

スマホアプリを開発する方法 イメージ画像

スマホアプリを開発するメリットを知って頂けたので、具体的に何を準備しなければいけないのか解説していきます。

スマホアプリを製作するなら、下記を準備しなければいけません。

・パソコン

・開発に必要なプログラミング言語の技術

・アプリの開発に必要なツールや環境構築

パソコンですが、開発するスマホアプリをAndroidに限定しないのであれば、MacBookをおすすめします。

MacBookであれば、iOSとAndroidの両方を開発することが可能です。Windowsだと、Androidアプリしか開発できません。

とりあえずパソコンで迷っているのであれば、Macを購入しておきましょう。

Androidのアプリ限定で開発しようと考えているのであれば、Windowsのパソコンをおすすめします。MacでもAndroidアプリは開発できますが、Windowsの方や環境構築などが簡単です。

パソコンのスペックは、できるだけ高くしておきましょう。アプリ開発は重たい作業になるので、スペックが低いと開発段階でパソコンが動かなくなります。

必要なツールや環境構築はプログラミング言語によって異なるので、自分で選んだ言語を開発できるようにツールや環境構築をすれば問題ありません。

環境構築やツールは、ネットや書籍で学びましょう。そこまで難しい作業は必要ないので、調べた情報通りにやれば問題ありません。

スマホアプリの開発に必要なプログラミング言語は、次に解説していきます。

スマホアプリを開発する際に必要になる言語

スマホアプリを開発する際に必要になる言語 イメージ画像

それでは、スマホアプリを開発する際に必要になるプログラミング言語を解説していきます。

iOSとAndroidで使用するアプリは全く異なるので、確認しておきましょう。

iOSの場合

iOSのスマホアプリを開発するのであれば、下記の言語から選びましょう。

・Swift

・Python

・JavaScript

・C言語(Objective-C)

おすすめはAppleが開発したプログラミング言語のSwiftです。

iOSはAppleが開発しているMacやiPhoneでしか利用できません。開発元がAppleだという点を考慮すると、iOSのアプリを開発したいのであればSwiftをおすすめします。

ただ、他の言語に比べて情報量が少なくて汎用性も低いので、iOS以外の開発も視野に入れているならPythonやJavaScriptをおすすめします。

Androidの場合

Androidのスマホアプリを開発するのであれば、下記の言語から選びましょう。

・C#

・Java

・Kotlin

・JavaScript

上記の言語は全てアプリ開発できますが、おすすめはJavaです。

JavaはAndroidのアプリを開発している企業の多くが採用している言語で、需要があります。習得するのは難しいですが、Androidのアプリ開発には必ず必要な言語になるので、勉強する価値はあるでしょう。

Javaが難しくて挫折する可能性が高いと感じた人は、Kotlinをおすすめします。他の言語に比べると難易度は高いですが、Javaよりは簡単にコードを書くことが可能です。

iOSとAndroidの両方で開発する場合

iOSアプリとAndroidアプリの両方を開発するのであれば、下記の言語を利用しましょう。

  • React Native
  • Visual Studio
  • Kotlin/Native

上記の言語は、全てiOSアプリとAndroidアプリの両方を開発できます。

この中から選ぶのであれば、Kotlin/Nativeがおすすめです。Kotlinが扱えるようになれば習得の難易度は高くないので、ぜひ検討して下さい。

ただ、先ほど紹介した言語は、全て難易度が高いです。独学で習得するのは非常に難しので、プログラミングスクールや実務経験をおすすめします。

スマホアプリをプログラミング無しで開発する方法2選

スマホアプリをプログラミング無しで開発する方法2選 イメージ画像

スマホアプリを開発する為にプログラミングを学んでいたら時間が足りない、と悩んでいる人は多いでしょう。

そこで、プログラミングの技術が無くてもアプリを開発できる方法を解説していきます。

外注する

自分でアプリを開発できないのであれば、外注も選択肢の一つです。

初期費用は大きくなりますが、素人が習得した浅いプログラミングのスキルで開発するアプリより、良い成果物が完成するでしょう。

趣味や少し作業効率改善を目的としたアプリ開発であれば問題ありませんが、事業目的で収益を期待しているなら外注をおすすめします。

企業へ外注すると費用が大きくなるので、フリーランスの選択肢も良いですね。

フリーランスへ外注すれば、企業に依頼する半分程度の額でアプリを開発できる場合もあります。企業に比べて信頼性の部分では不安がありますが、実績が豊富なフリーランスに依頼すれば問題ありません。

ノーコードのツールを利用する

ノーコードのツールを利用すれば、プログラミングの技術や知識を持っていない素人でも、簡単にアプリを開発できます。

企業やフリーランスに委託すると初期費用が大きくなるので、自社でアプリ開発をしている企業は多いです。

ノーコードのツールは、アプリに付けられる性能やセキュリティ面で問題を抱えるケースがありますが、費用を抑えて手軽にアプリ製作したいと考えているなら非常におすすめできます。

とりあえず簡単にスマホアプリを開発したいのであれば、ノーコードのツールがおすすめです。

スマホアプリの開発まとめ

この記事では、スマホアプリの開発について徹底解説しました。

スマホアプリの需要は上がっている為、これから参入を考えている企業も多いでしょう。企業にスマホアプリの開発を依頼すれば、少なく見積もっても500万円以上は必要です。スマホアプリの内容によっては、2000万円を超える可能性もありますね。

開発費の予算が少ないのであれば、ノーコードで開発する選択肢も持つべきでしょう。簡単なアプリケーションであれば、テンプレートを使用することで素人でも開発できる可能性があります。

どうしても安くスマホアプリを開発したいのであれば、フリーランスにお願いするのも選択肢です。フリーランスであれば、企業より安価でアプリ開発を行ってくれます。

自社の予算などを考慮して、最適な選択からスマホアプリを開発しましょう。

SHOP DX
店舗のDXに関する最新情報をお届けします!
拒否
詳細を見る