店舗経営のDX(デジタルトランスフォーメーション)を科学するウェブマガジン

アパレルのマーケティングとは?ポイントや仕事内容について解説! アイキャッチ画像

アパレルのマーケティングとは?ポイントや仕事内容について解説!

マーケティング
  • hatena

アパレル業界は、トレンドの変化が激しかったり、年代層によってニーズが大きく異なるなど、商品販売をしていく上で流動的な情報が多い傾向にあります。これらの情報を正確に把握するために、マーケティングが必須です。今回は、このアパレルのマーケティングについて、詳細を解説していきます。

アパレルのマーケティングとは?

アパレルのマーケティングとは? イメージ画像

「マーケティング」はアパレル業界のみならず、すべての業界で重要なものです。そもそもマーケティングとは、自社の商品やサービスを提供する前に、市場でどのようなニーズがあるのか調査することを主に指します。調査後の販売まで含めてマーケティングと呼ぶこともありますね。マーケティングによって、商品・サービスをより洗練することができるので、現代企業においてはマーケティングは一般的なものになりました。

アパレルにおけるマーケティングでは、流行のファッションや機能のニーズを調べることがメインになります。特にアパレル業界に置ける流行は変化が激しいので、数か月単位での調査が必要になってきます。シーズンごとにも需要が変わってくるので、ニーズの変化を把握しておかないと売上に大きな影響出てきます。

アパレルにおいてマーケティングが重要になった背景には、通販事業の拡大が挙げられます。ひと昔前は、洋服を購入するとなると実際に店舗に足を運ぶことが大半でした。ただ、近年はスマホを通して通販で洋服を購入するケースが増えてきています。以前は一部のアパレル企業が行っていた通販事業も、現在は大半のところが自社で通販を行っているほどです。通販で売上を伸ばすには、「どのような顧客層がサイトを利用するのか、どういったニーズで通販を利用するのか」把握しておくことが必須です。店頭販売のように、通りすがりの人や近くに住んでいる人が購入してくれることは少ないので、徹底したマーケティングを行わないと、販売が空振りに終わる可能性もあります。

アパレルのマーケティングのポイント

アパレルのマーケティングのポイント イメージ画像

アパレルのマーケティングでは、下記の点がポイントになってきます。

  • ターゲットの明確化
  • 商圏の明確化
  • SNS、アプリからの流入

ターゲットの明確化

アパレルのマーケティングにおいて、ターゲットの明確化は非常に重要です。他の業界の商品と比べて、アパレルで取り扱う商品は年齢や性別、地域によってニーズに差が生まれやすいため、どのターゲット層に向かって売るかを決めないと、思うように売上が伸びない可能性があります。たとえば、20代後半、女性OL向けの商品を作るとなったとき、10代女性向けのかわいらしい洋服を制作してもなかな売れづらいのは明白ですね。マーケティングによってターゲット層を明確にして、商品やサービスの内容を洗練していかねばなりません。

商圏の明確化

店頭販売の事業をメインに展開しているアパレル企業の場合は、商圏を明確にすることも重要です。1つの店舗がどこまでを商圏として販売をしていくのか決めておけば、店舗拡大の際に商圏が被ることを防げます。また、商圏の中にどれほど競合がいるのか、確認することもできます。商圏に多い年代層を把握できれば、どの商品にウェイトをかけて販売するかも把握できますね。

SNS、アプリからの流入

多くのアパレル企業は、SASのアカウントたアプリを通じてクーポン、チラシの配信を行っています。特にクーポンの配信に力を入れる企業が増えていますね。クーポンを配信することで、クーポンを使いたい消費者の来店を促進することができます。位置情報から、住居の近くにある店舗のクーポンを配信すれば、来店促進をより強められます。SNSのフォロワー情報を分析して、どの年代層が多く利用しているのかも確認できますね。

アパレル業界のWebマーケティング

アパレル業界のWebマーケティング イメージ画像

企業サイトによって通販事業を強化しているアパレル企業の場合は、Webマーケティングも重要になってきます。Webマーケティングとは、Web上で集客を行うために行われる施策の総称です。通販でアパレルの売上を伸ばすためには、兎にも角にもサイトへの訪問者数を増やす必要があります。サイト自体が「お店」であるイメージです。サイト(お店)に来てもらうために宣伝をしていくことになります。宣伝の方法としては、バナー広告やリスティング広告の設置、SNS・メルマガの配信などが挙げられます。

Webサイトを訪問すると、サイトの上部や下部に長方形型のバナー広告が表示されますが、そこに自社のセール情報などを掲載して、集客を図ります。アパレルの場合は、有名モデルや芸能人に洋服を着てもらい、それをTwitterやInstagramなどのSNSで宣伝する手法もあります。特に20代~30代の女性層はInstagramで最新のファッション情報を入手する人も多いため、実際の洋服写真を掲載できるInstagramは非常に強力なwebマーケティングツールです。

また、サイトでファッションに関する記事を投稿すれば、キーワード検索をかけてファッション情報を集めているユーザーをサイトに誘導することもできます。数記事ほどでは効果は薄いですが、数百記事単位になればGoogleの検索エンジンから評価を受けやすくなり、検索結果の上位にサイトを表示させることが可能です。

アパレル業界のマーケティング職

アパレル業界のマーケティング職 イメージ画像

アパレル業界のマーケティング職では、一般的な企業のマーケティング職よりも「トレンド」に敏感である必要があります。前述した通り、アパレル業界は変化の激しい業界です。数か月単位でトレンドが変化していくので、常に最新のトレンドを把握しておく必要があります。そのためには、常日頃からInstagramやTwitterをリサーチしたり、ファッション雑誌や芸能人の発言も把握しておかないといけません。また、女性向けの洋服を扱う場合は、メイクのトレンドも同時に知っておく必要があります。洋服だけがファッションではないため、メイクや髪型などトータルでトレンドを掴んでおくことが肝要です。

上記に加えて、アパレル業界のマーケティング職では「商品の見せ方」も大事になってきます。「広告にどの商品を強調して掲載するのか」「洋服の色使いや組み合わせが流行と合致しているか」など、商品の見せ方にこだわらないといけません。洋服自体がいくら流行・ニーズに合致していても、組み合わせが悪いと購入促進につながらない可能性があります。スタイリストほどとは言いませんが、ある程度のコーディネート力も、アパレルのマーケティング職では求められるといって良いでしょう。

アパレルのマーケティングはますます重要になる

アパレルのマーケティングは、通販事業の拡大やSNS・スマホアプリの利用者増加に伴い、今後まずます重要になってきます。アパレル業界では特に、ターゲット層を明確にして販売しないと、売上に大きな影響が出てくるので、マーケティングを徹底して行わないといけません。店頭販売か通販メインかでマーケティングの施策は少々異なってきますが、目的は「店舗(サイト)への訪問者を増やす」ことですので、洋服の見せ方や広告の内容には共通してこだわる必要があります。

流行に合った服の組み合わせなど、トレンドにも常に注意を払うことも、アパレルのマーケティングで求められてきます。アパレル業界でマーケティング職に就きたいと考えている場合は、上記の内容を踏まえてスキルを磨くことをおすすめします。

▶アプリを活用したマーケティング手法のメリット・デメリットとは? についてはこちら